ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > 休火山

休火山(きゅうかざん)

最終更新:2015-08-23 19:28 - gutenmrgen
基本情報
「死火山」とともに現在は使われなくなった火山の種類(状態)を指し示す用語

関連する写真リスト

赤茶けた富士山は、いかにも休火山
絶壁に近づくと危険ですねー 完璧休火山です
 こんな岩ばかりです。休火山とはいえ、火山だと改めて実感
笠ケ岳山頂に数字の9が?! 休火山(9)疑惑? \(^o^)/
反対側は、基隆高台って言ったかな・・・ すべて、休火山だそうです。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

NOTOC
休火山(きゅうかざん、英語:dormant volcano)とは、有史以来、火山活動の記録があるが、現在は噴気などの目立った活動のない火山を指す、旧来の呼び方である。
現在は使用されない用語となっている。
年代測定法の発達により過去の火山活動が明らかになるにつれ、数万年周期の噴火活動があることなどが解明されたことにより、有史時代の活動記録のみをもとに火山活動を判断することができないことが解かってきたため、現在では休火山という言葉は死火山とともに廃用となっている。活火山以外の火山については、現在では「活火山ではない」「活火山以外の火山」等という。

「休火山」 に関連する記録(最新3件)

伊豆・愛鷹
  28    98 
2016年10月24日(2日間)
箱根・湯河原
  24    38 
2016年09月01日(日帰り)
ページの先頭へ