ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > 道標

道標(どうひょう) / 指道標

最終更新:2015-10-11 23:54 - gutenmrgen
基本情報
「現在位置または目的地の方向を通行者(登山者)に伝えること」を目的に山中の要所に設けられた標識

目的地までの距離や時間が表記されている場合も有るが、表記されていない場合も多い。また、雪の多い場所では積雪に埋もれてしまい 表記を確認できない場合がある。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

道標(どうひょう、みちしるべ)は、道路の辻、街道の分岐点に立てられた交通標識である。道路に目的地(主として大きな町)までの距離や方向を示すために設置された。自動車交通が発展する以前に造られたものが多く、日本においては江戸時代のころに設置されたものが多い。設置される場所としては街道の分岐点(追分)などの路傍が多い。町中の表通りの交叉路や山中、峠に設置されることもある。
形状としては、無垢の石を四角柱状に削りだして造られたものが多いが、原型の石塊に近いものや積み石状のもの、地蔵の台座、常夜灯や灯籠に案内表示を刻んだものもある。古くは木製のものが多かったとされるが、耐久性に劣るため、現在多く残っているものは石造となっている。石材としては花崗岩が多い。
近代以前の道標の多くは公に設置されたものは少なく、大抵はその土地の有力者によって寄進されたものが多く、裏面に寄進者の名や設置年月が刻まれていることが多い。明治以降のものの多くは自治体(都道府県)によって設置された。

その他の用語

アイスキャンディ 赤テープ 東屋 アプローチ 行って来い イワイワ 浮き石 UL エスケープルート 枝道 堰堤 往還 奥の院 カーボン 下降点 滑落 カモシカ山行 カレーメシ ガスガス がっかり山頂 ガッツリ キャンプ指定地 キャンプ場 鎖場 クロモリ グロナス ケーブルカー けもの道 ケルン コーラ コール 高山病 行動食 コンビニ ゴア 御朱印 ご来光バス 砂防ダム 三角点 山岳保険 山行 山座同定盤 ザイル祭 しぶり腹 車中泊 シャトルバス シャリバテ 秀麗富嶽十二景 狩猟期間 食害 神木 森林セラピーロード 直火 自生 地蔵 磁北 ジュラルミン 水準点 ステンレス ストレッチ スリーシーズン 前泊 遭難 足底筋膜炎 杣道 タバスキー 近道 チタン ツイキー 低体温症 鉄塔巡視路 てんくら デニール 凍死 時計回り 登山計画書 登山ポスト トラロープ 道祖神 道標 ナイトハイク 日本武尊 ヌタ場 熱中症 法面 廃道 ハシゴ場 ハセツネ 花畑 反時計回り 馬蹄形 バディー 馬頭観音 パッカブル 避難小屋 火の用心 ヒュッテ ビジターセンター 踏跡 踏み抜き フリース ヘリポート ペミカン 防火帯 マイクロファイバー 巻き道 纏リス 水場 みちびき 道迷い メリノウール 木道 モノレール 山あるある 山ガール 山ごはん 山の日 山バッチ 山屋 リフト リングワンダリング 林道 累積標高 ロープウェイ ロープ場 ロッヂ ロング

「道標」 に関連する記録(最新3件)

金剛山・岩湧山
  74    27  2 
2016年12月08日(日帰り)
近畿
  23    6 
takazamurai, その他1人
2016年12月08日(日帰り)
ページの先頭へ