ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > 奇岩

奇岩(きがん)

最終更新:2015-10-17 11:36 - gutenmrgen
基本情報
人の目に珍しく奇怪に見える造形の岩石

山の解説 - [出典:Wikipedia]

奇岩(きがん)は、珍しい形状・奇怪な形状をした岩石である。
岩石を構成する母岩の種類や地殻変動、長い年月による侵食などにより、人の目に非常に珍しく奇怪に見える形が造形されることがある。人はこれを奇岩と呼び、昔から珍重し、そこに様々な伝説を付与したり、神として祀り信仰の対象とし、あるいは観光の対象にしたりしてきた歴史がある。鍾乳洞の鍾乳石も奇岩の一種である。多くの奇岩には、それにふさわしい名前が付与されている。

「奇岩」 に関連する記録(最新3件)

赤城・榛名・荒船
  87    16  1 
2017年04月24日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  130    15  1 
2017年04月24日(日帰り)
房総・三浦
  37    24  16 
mumcharlie, その他1人
2017年04月23日(日帰り)
ページの先頭へ