ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > しぶり腹

しぶり腹(しぶりばら) / tenesmus、他

最終更新:2015-11-30 22:03 - pipiy
基本情報
ある種の腹具合の不調を指す症状の俗称。医学用語ではtenesmusと言う。

大便が小出しになり、何度トイレに行っても便意が消えない症状。

通常、登山中は思うようにトイレに行けない(身近に公衆トイレがない)のが普通なので、雉撃ちをも思うようにできないような人目の多いルートでこれに罹ると、結構辛いものがある。

いわゆる"下痢"とは異なり、必ずしも軟便や水様便とは限らない。
腹痛や便意は何度も襲ってくるが便が出ないということもある。

暴飲暴食や二日酔いが原因の他、汗冷えや疲労が原因で発症することもある。
一時的なものであることが多いが、直腸炎や赤痢が原因の場合もあるので、症状がひどかったり長引くような場合には医療機関を受診すべきである。

予防策としては、生ものや生水は口にしない、暴飲食や過度の疲労など、胃腸の不調を招くようなことを避けること、汗冷えなどの、いわゆる「カゼをひきそうな」ことを防ぐことがまず重要である。

尚、小便で同様の症状がみられるものを、"膀胱しぶり"と言う。

関連する写真リスト

< 不消ヶ池分岐 > 〜のそばまで戻ってきました。途中、私は「肩の小屋」で、再び襲って来た「しぶり腹」を退治してから、畳平に向っています。
< 「乗鞍岳」登山マップ > 私は、二日酔い気味でしたが、この時点では体調に異常はありませんでしたが、途中「蚕玉岳(こだまだけ)」の手前で「しぶり腹」になり、一度「肩の小屋」に引き返し、腹痛を鎮めてから再登山しました。
< 「朝日岳−蚕玉岳」間の鞍部 > 〜に上がってきました。実は、私が『しぶり腹』になり、仲間達にも下山するように勧められましたが、一旦「肩の小屋」に戻り、腹痛を止めてからまたここに上がって来ました(通常、体調不良時は登山厳禁です)。
< 通り抜けの出来る > 〜「お休み所」です。南面には広場があります。私は、この後、お腹を壊した(昨夜の飲み過ぎのため)ため、ここのトイレに2度もお世話になりました。「肩の小屋」から500m位登った所で催してきて(しぶり腹)、小屋まで引き返しました。お腹の怒りを静めてから、再び登りました。
< 「蚕玉岳」山頂です > 私達は4名のグループですが、2名はすでに乗鞍岳頂上(乗鞍本宮)に到着しています。私は、自ら招いた「しぶり腹」のため、「肩の小屋」に逆往復しました。仲間のうち一人が、私に付き添ってくれました。ありがとうございました。ところで、昨夜いただいた岩魚のあらい(刺身)は、すでに私の体内から出てしまいました?

その他の用語

アイスキャンディ 赤テープ 東屋 アプローチ 行って来い イワイワ 浮き石 UL エスケープルート 枝道 堰堤 往還 奥の院 カーボン 下降点 滑落 カモシカ山行 カレーメシ ガスガス がっかり山頂 ガッツリ キャンプ指定地 キャンプ場 鎖場 クロモリ グロナス ケーブルカー けもの道 ケルン コーラ コール 高山病 行動食 コンビニ ゴア 御朱印 ご来光バス 砂防ダム 三角点 山岳保険 山行 山座同定盤 ザイル祭 しぶり腹 車中泊 シャトルバス シャリバテ 秀麗富嶽十二景 狩猟期間 食害 神木 森林セラピーロード 直火 自生 地蔵 磁北 ジュラルミン 水準点 ステンレス ストレッチ スリーシーズン 前泊 遭難 足底筋膜炎 杣道 タバスキー 近道 チタン ツイキー 低体温症 鉄塔巡視路 てんくら デニール 凍死 時計回り 登山計画書 登山ポスト トラロープ 道祖神 道標 ナイトハイク 日本武尊 ヌタ場 熱中症 法面 廃道 ハシゴ場 ハセツネ 花畑 反時計回り 馬蹄形 バディー 馬頭観音 パッカブル 避難小屋 火の用心 ヒュッテ ビジターセンター 踏跡 踏み抜き フリース ヘリポート ペミカン 防火帯 マイクロファイバー 巻き道 纏リス 水場 みちびき 道迷い メリノウール 木道 モノレール 山あるある 山ガール 山ごはん 山の日 山バッチ 山屋 リフト リングワンダリング 林道 累積標高 ロープウェイ ロープ場 ロッヂ ロング

「しぶり腹」 に関連する記録(最新3件)

槍・穂高・乗鞍
  185    7 
g-okabe, その他3人
2016年08月10日(2日間)
金剛山・岩湧山
  40    38 
2014年12月07日(日帰り)
ページの先頭へ