ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > クレバス

クレバス(くればす) / クレヴァス

最終更新:2015-12-02 22:16 - gutenmrgen
基本情報
氷河や雪渓などに形成された深い割れ目
当然のことながら落ちればただでは済まない。

語源は英語:crevasse

関連する写真リスト

クレバス
クレバス
クレバス
クレバス
クレバス

山の解説 - [出典:Wikipedia]

クレバス(英語:crevasse)は、氷河や雪渓などに形成された深い割れ目。クレヴァスとも書かれる。
壁面は垂直で1〜2メートル程度の隙間が形成されたもの。壁面下部は雪が圧縮され固結した氷状となっている。
底部までの距離は主に10メートル前後で、時に数十メートルにも達し、氷の融解した水が流れている場合もある。
場所によっては表面が雪に覆い隠されている(特にヒドゥンクレバスと呼ぶ)こともあり、落ちると非常に危険。1981年に天山山脈のボゴタ峰の氷河上で、京都山岳会登山隊所属の白水ミツ子隊員が下山中にクレバスへ落下し、声は聞こえても数十メートル下の狭い隙間へ滑落した隊員に救出の手は届かず、自ら生還を断念せざるを得なかった例もある(隊員の遺体は14年後の1995年に発見された)。
綱か梯子を渡して越える。落下対策には岩壁登山と同等の装備を要する。極地方の気象研究など調査目的で下りる部隊がある。
隠語で女性器を示す表現も見られる。

「クレバス」 に関連する記録(最新3件)

道南
  30    25  5 
2016年11月11日(日帰り)
赤城・榛名・荒船
  86     27  2 
2016年11月06日(日帰り)
白馬・鹿島槍・五竜
  50   27 
2016年10月15日(日帰り)
ページの先頭へ