ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > 雷警報機

雷警報機(かみなりけいほうき) / 雷アラート、雷アラーム、雷探知機

最終更新:2015-12-06 22:14 - pipiy
基本情報
雷(落雷危険域)が接近していることを感知し警報する装置。

タバコの箱程度の大きさのポケットサイズのものから、車両や船舶に積んで運用する大掛かりなものまで、様々な種類の機器がある。

製品により精度や性能は千差万別だが、原理的には概ね、雷雲が発する電磁波の乱れ(電波ノイズとして発散される)を感知し、その強さからおおよその距離を判別し、接近しつつあるときには警報を発するようになっている。

雷鳴が聞こえるよりも更に遠くの雷を探知できることから、落雷を警戒せねばならない登山やアウトドア活動、ゴルフなど屋外スポーツなどでは有用であるが、これ単独では必ずしも完璧ではないので、天気図や気象情報なども併用することで、より有意な対策となる。

「雷警報機」 に関連する記録(最新3件)

日光・那須・筑波
  72     49  6 
2016年06月12日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  57     38  7 
2012年09月03日(日帰り)
ページの先頭へ