ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > 縞枯れ

縞枯れ(しまがれ)

最終更新:2016-03-15 22:23 - gutenmrgen
基本情報
木々が立ち枯れたり、倒れたりすることにより、遠くから見ると縞状の模様が見られる現象

山の解説 - [出典:Wikipedia]

縞枯れ現象(しまがれげんしょう)は、亜高山帯の針葉樹である、シラビソ、オオシラビソの優占林に限って見られる現象。木々が立ち枯れたり、倒れたりすることにより、遠くから見ると縞状の模様が見られる。
山の自浄作用とも木々の世代交代や天然更新とも考えられている。大規模な縞枯れは蓼科山や縞枯山などで見られる。wave-regenerationと呼ばれる。
縞枯れ現象は日本において、シラビソ、オオシラビソ優占林に限って出現する。これらの樹林帯の一部分が帯状に枯れると、白い縞模様ができる。その枯れた樹木の下では、すでに幼樹が育ってきているのだが、それと同時にまたその山林の上部で縞枯れがおこるため、縞模様が上昇していく。古くから研究者や登山者の興味を引いてきた。林学、植物生態学、地理学など様々な分野の研究者が研究をしてきた。

「縞枯れ」 に関連する記録(最新3件)

八ヶ岳・蓼科
  62     90  14 
2016年12月02日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  35    51 
2016年11月30日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  96     171  32 
2016年11月29日(日帰り)
ページの先頭へ