ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > 雷鳴

雷鳴(らいめい)

最終更新:2016-03-15 23:11 - gutenmrgen
基本情報
稲妻(雷)が発生したときに生じる音のこと

稲妻は光速で伝わるため、ほぼ瞬間に到達するが、雷鳴は音速で伝わるため、音が伝わってくる時間の分だけ、稲妻より遅れて到達する。よって、その時間を計ればおおよその距離も分かる。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

(かみなり、いかずち)とは、雲と雲との間、あるいは雲と地上との間の放電によって,光と音を発生する自然現象のこと。
なお、ここでは「気象現象あるいは神話としての雷」を中心に述べる。雷の被害とその対策・回避方法については「落雷」を参照のこと。

「雷鳴」 に関連する記録(最新3件)

霧島・開聞岳
  155     19 
-TIROL-, その他1人
2016年11月19日(3日間)
阿蘇・九重
  17  
2016年11月19日(日帰り)
九州・沖縄
  36    26  6 
2016年09月27日(日帰り)
ページの先頭へ