ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > 爆弾低気圧

爆弾低気圧(ばくだんていきあつ)

最終更新:2016-03-15 23:20 - gutenmrgen
基本情報
急速に発達し、熱帯低気圧(台風)並みの暴風雨をもたらす温帯低気圧を指す俗語である。

関連する写真リスト

作品名: シベリア高気圧 fu) え〜(;'∀')爆弾低気圧に見えるんだけど…
ここにあった看板が爆弾低気圧で倒れたそうです。
爆弾低気圧の中を進んでいます。 雨はないが風が凄いです。
510メートルの中間地点に倒木あり先日の爆弾低気圧の影響でしょう
えっ、ここはどこ? 先日の爆弾低気圧で回数板 が倒壊した広場(ka)

山の解説 - [出典:Wikipedia]

低気圧(ていきあつ、)とは、周囲より気圧の低い部分をいう。周囲より気圧が低いと定義されるので、中心気圧が1気圧 (1013hPa) より高い低気圧も珍しくない。冬季にシベリア高気圧の圏内に発生する低気圧の中には1030hPa以上のものもしばしば見られる。
一般に、低気圧は雲を伴い、雨や風をもたらす。

「爆弾低気圧」 に関連する記録(最新3件)

奥武蔵
  41    13 
2017年01月08日(日帰り)
八ヶ岳・蓼科
  24    23  2 
mogu, その他1人
2016年12月13日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  122    10  2 
rannmaru, その他1人
2016年10月12日(3日間)
ページの先頭へ