ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > 高度計

高度計(こうどけい)

最終更新:2016-05-21 16:24 - gutenmrgen
基本情報
高度を計測できる機器

高度計によって得られる高度(標高/海抜)の情報は、地図上の等高線と照らし合わせることで、地図読みにおける現在地把握において有用な情報となる。

山時計などに組み込まれている高度計は、通常気圧センサーで周囲の気圧を測定して、高度に換算する仕組みになっており、気圧に影響を与える”天気の変化”により誤差が生じるため、登山口や山頂など 高度(標高)が明確な場所での調整(合わせ込み)が必要となる。

関連する写真リスト

高度計
高度計
高度計修正
新旧高度計
高度計を確認

山の解説 - [出典:Wikipedia]

高度計(こうどけい、)は、高度を知るための機器であり、主に航空機や登山で用いられる。大きく分けて、気圧高度計と電波高度計がある。

「高度計」 に関連する記録(最新3件)

日光・那須・筑波
  37     13 
altsax, その他1人
2016年12月06日(日帰り)
奥多摩・高尾
  60    18  4 
2016年12月03日(日帰り)
大台ケ原・大杉谷・高見山
  89     158  14 
2016年12月02日(日帰り)
ページの先頭へ