ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > 稲光

稲光(いなびかり) / 稲妻

最終更新:2016-10-26 21:45 - gutenmrgen
基本情報
雲と雲との間、あるいは雲と地上との間の放電(いわゆる雷)を原因とする発光現象

稲光(光速)と雷鳴(音速)の時間差を測ることで、自分と雷とのおおよその距離を把握することができる。

山行中に稲妻に遭遇した場合は、とんがった岩山や鎖場(金属)に落雷が起きやすいため、稲妻が遠ざかるまで近寄らないのが、無難である。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

(かみなり、いかずち)とは、雲と雲との間、あるいは雲と地上との間の放電によって,光と音を発生する自然現象のこと。
なお、ここでは「気象現象あるいは神話としての雷」を中心に述べる。雷の被害とその対策・回避方法については「落雷」を参照のこと。

「稲光」 に関連する記録(最新3件)

六甲・摩耶・有馬
  85     23  4 
2016年10月23日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  14    5 
2016年10月23日(日帰り)
六甲・摩耶・有馬
  120    18  2 
2016年10月22日(日帰り)
ページの先頭へ