ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > オオスカシバ

オオスカシバ(おおすかしば)

最終更新:2016-10-01 12:41 - gutenmrgen
基本情報
スズメガ科の蛾(ガ)の一種

名前の通りに透明な翅を持ち、翅音を立ててホバリングを行うので、アブなどの大型のハチと間違えやすいが、蛾なのでハイカーを襲う針は持っていない。

関連する写真リスト

オオスカシバの幼虫。(多分)

山の解説 - [出典:Wikipedia]

オオスカシバ(大透翅、学名:)は、チョウ目スズメガ科の昆虫。ガの一種。和名のとおり、翅が透明なガで、夏の日中によく活動する。スカシバという名がついているが、スカシバガの仲間ではない。

「オオスカシバ」 に関連する記録(最新3件)

奥武蔵
  57    112  16 
Coo-san, その他1人
2015年09月27日(日帰り)
赤城・榛名・荒船
  44    102  20 
ELK66, その他1人
2014年07月27日(日帰り)
東海
  36     13 
2013年05月12日(日帰り)
ページの先頭へ