ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > クマバチ

クマバチ(くまばち)

最終更新:2016-10-01 12:50 - gutenmrgen
基本情報
ミツバチ科クマバチ属に属する蜂の総称

概して大型の蜂であり、「ブ〜ン」という大きな羽音を立てて飛ぶ。
体が大きく、羽音の印象が強烈なために、獰猛な種類として扱われることが多いが、性質はきわめて温厚である。

関連する写真リスト

クマバチ
クマバチ、デッカイ
アザミとクマバチ?
クマバチのおしり。
イヌショウマとクマバチ

山の解説 - [出典:Wikipedia]

クマバチ(熊蜂、学名: )は、ミツバチ科クマバチ属に属する昆虫の総称。概して大型のハナバチであり、これまで、約500種が記載されている。方言によっては、連濁に伴う入り渡り鼻音を挟んでクマンバチとも呼ばれる。
北海道から九州にかけて広く分布するクマバチ(別名キムネクマバチ、 ()) を指すことが多い。

「クマバチ」 に関連する記録(最新3件)

奥多摩・高尾
  84     124 
2016年09月17日(日帰り)
ページの先頭へ