ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の用語集 > 池塘

池塘(ちとう)

最終更新:2016-10-19 21:07 - gutenmrgen
基本情報
湿原の泥炭層にできる池や沼のこと

山の解説 - [出典:Wikipedia]

池塘地塘池溏(ちとう)は、湿原の泥炭層にできる池沼である。
高層湿原が形成される過程において、堆積した泥炭層の隙間が水で涵養された部分ができる。これが池塘であり、周囲とは隔絶された環境であるため、独特の生物相ができる。池塘と池塘の間は地上、地下の水路でつながり、時に泥炭層の一部が浮島として浮遊することもある。
「池塘」は池沼の堤を、「池溏」は池沼の水をそれぞれ指すという説もある。なお、中国語の「池塘」は日本語における一般的な池を表し、湿原の泥炭層にできるものに限定されない。
また、弥陀ヶ原などでは餓鬼が飢えをしのぐ為に作られた田に見立てて「餓鬼田」と呼ばれることもある。

「池塘」 に関連する記録(最新3件)

奥多摩・高尾
  41    29  2 
2017年02月12日(日帰り)
甲信越
  13     19 
2017年01月29日(日帰り)
甲斐駒・北岳
  23   3 
2017年01月08日(日帰り)
ページの先頭へ