ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1000169 全員に公開 ハイキング奥武蔵

やっぱりあなどれない!? 初秋の奥武蔵縦走 伊豆ヶ岳〜前川岳〜二子山

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー awaya-daizen
天候秋晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
38分
合計
7時間28分
S正丸駅08:4909:11伊豆ヶ岳登山口09:57五輪山10:19伊豆ヶ岳10:2210:50山伏峠10:5811:58前武川岳11:5912:48武川岳12:5213:12蔦岩山13:51焼山13:5814:36二子山 雄岳14:5114:59二子山雌岳15:42浅間神社16:16芦ヶ久保第2駐車場16:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

正丸駅からスタート。まずは伊豆ヶ岳に向います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正丸駅からスタート。まずは伊豆ヶ岳に向います
2
例によって変な角度の階段(^◇^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例によって変な角度の階段(^◇^)
2
沢沿いにのんびりと歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いにのんびりと歩きます
正丸峠との分岐ポイント。馬頭観音さまにご挨拶
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正丸峠との分岐ポイント。馬頭観音さまにご挨拶
1
広くフラットなトレイル。っーか車道ですなこれは
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広くフラットなトレイル。っーか車道ですなこれは
1
長岩橋を通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長岩橋を通過
亀岩方面との分岐。今回は「泣き坂」方面に進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀岩方面との分岐。今回は「泣き坂」方面に進みます
道が険しくなって参りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が険しくなって参りました
服岩を通過。以前は「胸突き八丁休んでけ岩」だったような…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
服岩を通過。以前は「胸突き八丁休んでけ岩」だったような…
泣き坂は記憶よりもかなり急坂でしたΣ(゜д゜lll)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泣き坂は記憶よりもかなり急坂でしたΣ(゜д゜lll)
1
尾根に出る手前も急傾斜。路面がむき出しの土のため、滑りやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出る手前も急傾斜。路面がむき出しの土のため、滑りやすい
尾根に乗りました。ヤレヤレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗りました。ヤレヤレ
1
ちょっと視界が開けるところもあります。コレは正丸峠の辺りかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと視界が開けるところもあります。コレは正丸峠の辺りかな
1
こんな感じでゴツゴツした路面もあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じでゴツゴツした路面もあり
二子山と甲仁田山かな。甲仁田山は妙に存在感のある山ですな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二子山と甲仁田山かな。甲仁田山は妙に存在感のある山ですな
1
男坂の下までやって来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂の下までやって来ました
2
いつもなら避ける男坂ですが、どういう訳か登ってしまいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもなら避ける男坂ですが、どういう訳か登ってしまいました
2
中ほどまで到達。改めて見るとかなりツルツルのスラブなんですな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ほどまで到達。改めて見るとかなりツルツルのスラブなんですな
2
男坂を登り切っても、この岩が立ちはだかります(||゜Д゜)ヒィィィ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂を登り切っても、この岩が立ちはだかります(||゜Д゜)ヒィィィ
2
登り切った先にはビューポイントがあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切った先にはビューポイントがあります
2
武川岳とその奥のとんがった姿は武甲山ですな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武川岳とその奥のとんがった姿は武甲山ですな
2
鳥首峠から大持山辺りの稜線かな。その奥は、多分蕎麦粒山〜三ツドッケ〜酉谷山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥首峠から大持山辺りの稜線かな。その奥は、多分蕎麦粒山〜三ツドッケ〜酉谷山
2
伊豆ヶ岳山頂に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳山頂に到着
1
山頂はそんなに眺望がありませんが、飯能アルプス方面が見えますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はそんなに眺望がありませんが、飯能アルプス方面が見えますね
2
山頂標識はこっちの方が好き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識はこっちの方が好き
2
山頂から少し下りまして、山伏峠方面へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から少し下りまして、山伏峠方面へ
1
うへえ。これはかなり急な下り坂ですよ(ー ー;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うへえ。これはかなり急な下り坂ですよ(ー ー;)
いつもならイヤな階段も、この時ばかりは助かりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもならイヤな階段も、この時ばかりは助かりました
高度感がないからいいけど、この痩せ尾根もなかなかシビレますよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度感がないからいいけど、この痩せ尾根もなかなかシビレますよ
1
車道まで下ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道まで下ってきました
1
車道を横断してまたトレイルを進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道を横断してまたトレイルを進みます
1
いかにも低山の植林帯って感じの道を進んで行きますが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いかにも低山の植林帯って感じの道を進んで行きますが
これがやがてまたけっこうな急傾斜になります…ほぼ直登です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これがやがてまたけっこうな急傾斜になります…ほぼ直登です
1
途中で伐採地に出ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で伐採地に出ます
1
振り返ると伊豆ヶ岳。この方角がら見ることってあまりないので新鮮です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると伊豆ヶ岳。この方角がら見ることってあまりないので新鮮です
2
暑いと思ったら、こんなに気温が高い(;^_^A
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑いと思ったら、こんなに気温が高い(;^_^A
2
オロロ? 前方になにやら人工物の気配が…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オロロ? 前方になにやら人工物の気配が…
真新しい道でした。地図には載ってませんな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真新しい道でした。地図には載ってませんな
ふたたびトレイルを進み、845ポイントを通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふたたびトレイルを進み、845ポイントを通過
前武川岳直下もかなりの急登でした。さすがにシンドイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前武川岳直下もかなりの急登でした。さすがにシンドイ
登り切るとちょっと植生が変わりまして、明るさが増します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切るとちょっと植生が変わりまして、明るさが増します
前武川岳に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前武川岳に到着
2
緑の回廊の中、武川岳へ向います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑の回廊の中、武川岳へ向います
武川岳直下もまたまた急登でした。やっぱり甘くはないぜ奥武蔵
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武川岳直下もまたまた急登でした。やっぱり甘くはないぜ奥武蔵
ヒーヒーいいながら、武川岳の山頂に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒーヒーいいながら、武川岳の山頂に到着
2
眺望は南側のみ。蕨山とその奥は大岳山かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望は南側のみ。蕨山とその奥は大岳山かな
金比羅尾根の辺りでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金比羅尾根の辺りでしょうか?
1
焼山方面に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山方面に向かいます
1
武川岳〜焼山間の稜線歩きは気持ちがいいです。もっと枯れた季節ならより解放感もあるのですが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武川岳〜焼山間の稜線歩きは気持ちがいいです。もっと枯れた季節ならより解放感もあるのですが…
1
振り返ると武川岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると武川岳
1
蔦岩山を通過すると…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蔦岩山を通過すると…
1
急勾配の激下りが待ってました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急勾配の激下りが待ってました
1
いったん林道を歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん林道を歩きます
焼山直下はまたもまたも急登。ここに来てコレはコタエるorz
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山直下はまたもまたも急登。ここに来てコレはコタエるorz
1
焼山からは、奥武蔵のジ・アンダーテイカーこと武甲山の眺めがいいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山からは、奥武蔵のジ・アンダーテイカーこと武甲山の眺めがいいです
巨神兵がうずくまったようなシルエットは両神山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨神兵がうずくまったようなシルエットは両神山
2
これから向かう二子山。うーむ、登り返しがイヤだなぁ(−_−#)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう二子山。うーむ、登り返しがイヤだなぁ(−_−#)
1
またも激下り( ゜д゜)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またも激下り( ゜д゜)
1
下ったもんだから、二子山までは激登り。なんちゅー非効率な(´・ω・`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ったもんだから、二子山までは激登り。なんちゅー非効率な(´・ω・`)
二子山雄岳山頂近くビューポイントからは奥武蔵の北東エリアを一望できます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二子山雄岳山頂近くビューポイントからは奥武蔵の北東エリアを一望できます
本日歩いてきた峰々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日歩いてきた峰々
2
武川岳と伊豆ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武川岳と伊豆ヶ岳
1
伊豆ヶ岳から正丸峠方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳から正丸峠方面
2
二子山雄岳に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二子山雄岳に到着
浅間尾根ルートで下山します。とたんに激下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間尾根ルートで下山します。とたんに激下り
岩屋を通過します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋を通過します
1
こういう穏やかな道もありますが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういう穏やかな道もありますが…
また激下りorz 写真じゃわかりづらいかもですがかなりの急傾斜です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また激下りorz 写真じゃわかりづらいかもですがかなりの急傾斜です
浅間神社に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間神社に到着
浅間神社の社殿裏手は視界が開けますのでひと息つきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間神社の社殿裏手は視界が開けますのでひと息つきます
そしてまだ激下り…膝が悲鳴をあげ出しましたよ(T_T)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてまだ激下り…膝が悲鳴をあげ出しましたよ(T_T)
2
しばらく下るとようやく穏やかな感じになります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく下るとようやく穏やかな感じになります
どうやらトレイルは終わったもよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうやらトレイルは終わったもよう
2
一面のソーラーパネルだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一面のソーラーパネルだ
1
芦ヶ久保駅へのショートカットができている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦ヶ久保駅へのショートカットができている
1
道の駅芦ヶ久保。ゴールです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅芦ヶ久保。ゴールです
3

感想/記録

えーと、奥武蔵の低山を縦走してきました。
アタクシは奥武蔵には幾度となく訪れており、ホームグラウンドと思ってるくらいですが、それでもまだまだ歩いていないトコロがたくさんあります。
今回はそんな未踏箇所のひとつ、伊豆ヶ岳〜山伏峠〜前武川岳を含むコースを歩きました。

<正丸駅〜伊豆ヶ岳>
まずは伊豆ヶ岳に向かいます。今回はあまり使わないルートから行こうということで、まずは正丸峠経由でも亀岩経由でもなく泣き坂経由で進みます。
泣き坂は以前も登ったことがありますが、その時の記憶以上の急坂っぷり! 危険ってわけではないですが、とにかく急傾斜で、土がむき出しの路面とかは滑りやすく、なかなかにシビれました。

さらには珍しく男坂にも挑みました。
以前に男坂を登った後に、両神山の八丁尾根や穂高の岩稜地帯を経験しましたので、どういう気持ちの変化があったかな〜と思ったのですが、結構ツルツルなスラブなんですね、やっぱりシンドイことはシンドカッタです(^^;) でもビビる気持ちは減ったかな?

<伊豆ヶ岳〜山伏峠〜前武川岳>
初めて歩くルートです。
まず古御岳方面との分岐から先が急勾配の下り。ザレれているわけじゃないですが、滑りやすい路面で下りが苦手なアタシはバランスをとるのに往生しました。

いったん車道に出て、今度は前武川岳の登りとなります。最初は穏やかな感じですが、やがて急登に次ぐ急登になりまして、かなりヒィヒィ言わされましたorz

<武川岳〜焼山〜二子山>
ここは奥武蔵でも指折りの縦走路だと思っているのですが…もっと枯れている季節ならば、見通しもよくなるのでしょうが、まだまだ木々が茂ってましたね。
おおむね歩きやすい道でなのですが、蔦岩山からの下りや焼山ピーク前後、また二子山のピーク前後が、へたれハイカーのアタイには気が遠くなるような激下り&急登でした…何度か歩いてますがこんなに大変だったっけ? と思ったくらいです。
まぁ疲れがたまっていたからかもしれませんが、かなりシンドカッタ。特に下りの苦手なアタシは二子山からの下りはもう涙目でしたね…そのため、ゴールしたときにはかなりホッとしましたね。

今回最高標高が武川岳の1052mってことで、なめているつもりはないハズが、やはり内心油断していたんでしょうかね…泣き坂、男坂を始めとする急登と激下りの連続で、やはり低山とはいえ奥武蔵はあなどれないっス。
だからこそきっと好きなんですけどね(^_^;)

遅筆につきレポートはいずれブログにて
http://awaya-daizen.cocolog-nifty.com/zatsubun/
訪問者数:163人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 林道 ザレ 直登 馬頭観音
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ