ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1000817 全員に公開 ハイキング葛城高原・二上山

大和葛城山(北尾根-自然研究路-大和葛城山-葛城山麓公園-新庄駅)

日程 2016年11月06日(日) [日帰り]
メンバー KENPEI
天候曇り、一時小雨。山頂付近、一時ガス。
(11:04葛城高原ロッジ 7℃)
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:奈良交通バス・葛城ロープウェイ前(近鉄御所駅より乗車)
復路:近鉄・新庄駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
54分
合計
6時間25分
S葛城登山口駅09:0110:06自然観察路分岐10:46自然研究路(入口/出口)10:56大和葛城山10:5711:06(休憩)11:2411:35白樺食堂11:5612:02大和葛城山12:0412:24ダイトレ弘川道合流点12:35ダイトレ弘川道合流点12:47ダイトレ・北尾根分岐12:58中ノ道分岐13:11山麓公園分岐14:00葛城山麓公園登山口14:05(休憩)14:1715:26新庄駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
北尾根コースは前半(下の方)が急坂。道の段差が大きいところや、水食でV字型になったところがあります。

ダイトレから葛城山麓公園へ下る道は、あまり歩かれていないようでやや荒れた感じ。水食でV字型になったところがあります。しかし、要所に道標や現在地を示す地図があり、初めてでも安心して歩けます。

なお、「忍海駅 5.4km」のところで、忍海駅の方へ行くと、「中ノ道」という荒れた道に出てしまいます。葛城山麓公園へ下る場合、「葛城山麓公園→」の道標を確認してください。葛城山麓公園への道と思って「中ノ道」を下り、倒木で苦労したことあります↓。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-519817.html

装備

個人装備 ストック(1) ヘッドライト(1) コンパス(1) 地図(1) デジカメ(1) GPSロガー(1) ペットボトル(1L)(2) 単三充電池(1) 非常食(カロリーメイト)(2) 折りたたみ傘(1) 単四乾電池(3) ザック(1) サングラス(1) 食事(1) ファーストエイドキット(1) ホイッスル(1) スパッツ(1) SDカード(予備)(2) タオル(1) 手袋(1) レスキューシート(1) ミニ三脚(1) 健康保険証(1) 雨具(1) レジャーマット(1) 虫除けスプレー(1)

写真

北尾根コース入口。いきなり急坂です。
2016年11月06日 09:07撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北尾根コース入口。いきなり急坂です。
1
振り返るとこんな感じ
2016年11月06日 09:26撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな感じ
2
わ〜、山頂付近ガスってる!
2016年11月06日 09:33撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わ〜、山頂付近ガスってる!
水食でV字型になった登山道
2016年11月06日 09:51撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水食でV字型になった登山道
1
左を取りました。距離は長いが楽な道なので、左の方が早く山頂につきそう。
2016年11月06日 10:06撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左を取りました。距離は長いが楽な道なので、左の方が早く山頂につきそう。
1
マムシグサ(細かい種類不明)
2016年11月06日 10:19撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシグサ(細かい種類不明)
2
何か売ってそうなキノコ(食用かどうか知りませんが)
2016年11月06日 10:21撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何か売ってそうなキノコ(食用かどうか知りませんが)
1
色づいた木
2016年11月06日 10:26撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づいた木
1
落ち葉が心地よい道。
2016年11月06日 10:34撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉が心地よい道。
色づき始め。
2016年11月06日 10:46撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づき始め。
1
山頂目前
2016年11月06日 10:54撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂目前
ウルシ?、ハゼ?
ともかく触ってはいかん木です。
2016年11月06日 10:55撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウルシ?、ハゼ?
ともかく触ってはいかん木です。
1
山頂付近は少しガスってます。
2016年11月06日 10:57撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近は少しガスってます。
1
ススキは終盤のようです。
2016年11月06日 11:08撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキは終盤のようです。
2
ツツジ園。ツツジの季節になると真っ赤になります。
2016年11月06日 11:15撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジ園。ツツジの季節になると真っ赤になります。
金剛山はガスの中。
2016年11月06日 11:24撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛山はガスの中。
4
鴨蕎麦 \850-
2016年11月06日 11:47撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鴨蕎麦 \850-
2
少しガスが薄くなって下界が見えてきました。
2016年11月06日 11:54撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しガスが薄くなって下界が見えてきました。
1
ほんの少し雨が降ってます。道はちょっと暗いです。
2016年11月06日 12:54撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんの少し雨が降ってます。道はちょっと暗いです。
ここを「忍海駅」へ進むと、荒れた道(中ノ道)で苦労します。
2016年11月06日 12:58撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを「忍海駅」へ進むと、荒れた道(中ノ道)で苦労します。
ここを「忍海駅」へ進むと、葛城山麓公園へ出ます。
2016年11月06日 13:11撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを「忍海駅」へ進むと、葛城山麓公園へ出ます。
前写真の道標のところに、この道標もあります。
2016年11月06日 13:11撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前写真の道標のところに、この道標もあります。
V字に抉れた道。
2016年11月06日 13:24撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
V字に抉れた道。
1
振り返ると、黄色テープに「葛城山」の文字
2016年11月06日 13:56撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、黄色テープに「葛城山」の文字
1
このゲートの中が葛城山麓公園のはず。ゲートを針金でひっかけて閉じてるだけなので、針金を外して入りました。写真の手前側には道路があり、ゲートの中に入らなくても、葛城山麓公園周辺に出ると思います。
2016年11月06日 14:00撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このゲートの中が葛城山麓公園のはず。ゲートを針金でひっかけて閉じてるだけなので、針金を外して入りました。写真の手前側には道路があり、ゲートの中に入らなくても、葛城山麓公園周辺に出ると思います。
1
入ったところ。手前が葛城山麓公園内で、向う側が葛城山麓公園の外。
要するに「葛城山麓公園からこのゲートを使って外に出るな!」ということのようです。
2016年11月06日 14:01撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入ったところ。手前が葛城山麓公園内で、向う側が葛城山麓公園の外。
要するに「葛城山麓公園からこのゲートを使って外に出るな!」ということのようです。
葛城山麓公園の上は墓地。
2016年11月06日 14:02撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛城山麓公園の上は墓地。
1
今年初めて見たサザンカ
2016年11月06日 14:25撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年初めて見たサザンカ
2
爲志神社
2016年11月06日 14:57撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爲志神社
1

感想/記録
by KENPEI

久しぶり(3年半くらい)に北尾根から大和葛城山に登りました。

いきなりの急坂で結構大変でした。また、水による浸食で、以前より登山道のV字が深くなったような気が……

やがて自然研究路との分岐へ。ダイトレに合流するのが短距離ですが、丸太階段がつらいですね。自然研究路経由の方が距離はあるものの楽な感じで、早く山頂へ行けそうな気がしました。「急がば回れ」ですね。

自然研究路の黄葉・紅葉を見たり、落ち葉を踏みしめた後、山頂へ。

山頂はガスで眺望が悪く少々残念でした。ススキの方は見頃を過ぎ、枯れ尾花と化しつつありました。

下山は、前から歩こうと思っていた葛城山麓公園への道からです。途中、ボ〜と歩いていて、弘川寺方面へ行きかけてしまいました。ダイトレ名物(?)丸太階段でなく、コンクリ舗装の林道なのと、方向的に変なのですぐ気づいて引き返しました。何故間違えたのか自分でもよくわかりません。

正しい道(ダイトレを北へ)を歩きます。やがて忍海駅への道標がありました。以前、ここを葛城山麓公園方面への道と勘違いして下ってしまい、「中の道」という荒れた道へ行ってしまったことがあります。そのときは、倒木で苦戦してしまいました。

今回は、最初の忍海駅への道標を見送り、次の忍海駅への道標へ。そこに「葛城山麓公園」の道標も確認し、その道を下りました。

葛城山麓公園への道は初めてですが、現在地を記入した地図が何箇所にも設置されており、安心して歩けました。道はあまり歩かれていない様子(今回は、葛城山麓公園への道標から葛城山麓公園のゲートまで誰にも会わず)で、荒れた感じがしました。

その後、葛城山麓公園で休憩してから新庄駅へ向かいました。

今回は、久しぶりの北尾根と、初めての葛城山麓公園への道を歩いたので、ちょっと新鮮でした(普段は、天狗谷を登りダイトレで水越峠へ下るというルートが大半です)。
訪問者数:131人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ