ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1001057 全員に公開 ハイキング奥武蔵

秋の名郷〜浦山口(ウノタワ、大持山、小持山、武甲山)

日程 2016年11月06日(日) [日帰り]
メンバー psyom
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行:7:53 西武池袋線 飯能駅(池袋駅 7:05発 ¥470)ー 9:00 名郷バス停(国際興業バス 8:00発 ¥810)
帰:19:18 秩父鉄道 御花畑駅(浦山口駅 19:11発 ¥240) ー 20:42 西武池袋線 飯能駅(西武秩父駅 19:55発) ー 21:32 西武池袋線 池袋駅(飯能駅 20:43発 ¥780)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間16分
休憩
1時間8分
合計
9時間24分
S蕨山登山口09:0909:49白岩登山口09:5210:59鳥首峠11:0611:54ウノタワ12:2412:50横倉山12:5413:09大持山の肩13:1013:19大持山13:2014:09小持山14:1014:50シラジクボ14:5115:23シラジクボとの分岐15:2415:27武甲山15:4015:42シラジクボとの分岐15:4716:22長者屋敷の頭16:2317:32橋立林道終点18:19札所28番 橋立堂/橋立鍾乳洞18:33浦山口駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鳥首峠の登山口から武甲山山頂まで比較的急な登りが続きます
特にウノタワ〜子持山は尾根伝いに岩場が続くアップダウンの連続です。
とりわけ危険と思われる個所はありませんが注意して進みましょう

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

いつもの名郷バス停です。今日は快晴
2016年11月06日 09:00撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの名郷バス停です。今日は快晴
1
で長い舗装道を登って、いい加減飽きかけたところでJFE鉱山跡兼登山口が見えてきました
2016年11月06日 09:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で長い舗装道を登って、いい加減飽きかけたところでJFE鉱山跡兼登山口が見えてきました
登山口と名郷方面を見下ろす。ホントに快晴
2016年11月06日 09:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口と名郷方面を見下ろす。ホントに快晴
1
緑が目立つ中、秋なので
2016年11月06日 10:11撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑が目立つ中、秋なので
白岩の廃集落へはわりとすぐに着きます。
2016年11月06日 10:13撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白岩の廃集落へはわりとすぐに着きます。
採石を生業としていたらしいですね。これはその跡ですかね。
2016年11月06日 10:13撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
採石を生業としていたらしいですね。これはその跡ですかね。
いつもの廃屋を、今回は表から撮ってみました。
2016年11月06日 10:14撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの廃屋を、今回は表から撮ってみました。
ここのはまだまだ緑です。
2016年11月06日 10:16撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここのはまだまだ緑です。
三つめの沢を越えてからはやや厳しい登りが続いの鳥首峠着、強い風のなか小休止、峠には他に3〜4名のハイカーがいました。
割と少ない?
2016年11月06日 11:00撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つめの沢を越えてからはやや厳しい登りが続いの鳥首峠着、強い風のなか小休止、峠には他に3〜4名のハイカーがいました。
割と少ない?
峠直後の急坂を登りきったところで見返して一枚
2016年11月06日 11:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠直後の急坂を登りきったところで見返して一枚
途中見開けたところから奥多摩方面を
2016年11月06日 11:28撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中見開けたところから奥多摩方面を
2
結構熟しきっている感じのマムシグサ
2016年11月06日 11:31撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構熟しきっている感じのマムシグサ
色づいているところもあります
2016年11月06日 11:43撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づいているところもあります
危険岩場注意
2016年11月06日 11:50撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険岩場注意
1
その岩場
2016年11月06日 11:50撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その岩場
この岩場を下るとすぐウノタワにつきます。
2016年11月06日 11:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩場を下るとすぐウノタワにつきます。
着きました。結構色づいてますねぇー。
昼食前に何枚か
2016年11月06日 11:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きました。結構色づいてますねぇー。
昼食前に何枚か
4
全景も。人手は5、6組ほど。
お昼時にしてはそれほどでもなかったです
2016年11月06日 11:58撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全景も。人手は5、6組ほど。
お昼時にしてはそれほどでもなかったです
1
名残は惜しいですがこの後の行程が長いので
手早く昼食をすましてウノタワを後にします。
2016年11月06日 12:23撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残は惜しいですがこの後の行程が長いので
手早く昼食をすましてウノタワを後にします。
7
大持山に向かいます。
2016年11月06日 12:28撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大持山に向かいます。
その大持山方面(多分妻坂峠)から下りてきた人たち
2016年11月06日 12:28撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その大持山方面(多分妻坂峠)から下りてきた人たち
先ほどの道標の後の急坂を登り切った展望ポイントから。
多分秩父市街方面
2016年11月06日 13:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの道標の後の急坂を登り切った展望ポイントから。
多分秩父市街方面
2
険しい岩場の尾根を越えて着いた大持山山頂
途中の写真はないですが
2016年11月06日 13:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
険しい岩場の尾根を越えて着いた大持山山頂
途中の写真はないですが
2
山頂はあまり広くありません。
2016年11月06日 13:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はあまり広くありません。
尾根道を塞ぐ岩この割れ目の間を通り抜けなければいけません
2016年11月06日 13:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道を塞ぐ岩この割れ目の間を通り抜けなければいけません
方向だけの道標は初めて
2016年11月06日 14:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
方向だけの道標は初めて
はい2峰目の小持山です。
2016年11月06日 14:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい2峰目の小持山です。
2
小持山を過ぎるといくらか穏やかな道が続きます。
2016年11月06日 14:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小持山を過ぎるといくらか穏やかな道が続きます。
正面に武甲山が見えてきましたよ
2016年11月06日 14:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に武甲山が見えてきましたよ
シラジクボ着です。最後の急登がまっている。
2016年11月06日 14:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラジクボ着です。最後の急登がまっている。
で登り切って山頂入り口浦山への分岐点です。
ベンチでちょっと一休み
2016年11月06日 15:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で登り切って山頂入り口浦山への分岐点です。
ベンチでちょっと一休み
御嶽神社にお参いりして
2016年11月06日 15:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽神社にお参いりして
展望台です。秩父を一望できます。
2016年11月06日 15:32撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台です。秩父を一望できます。
5
比企三山を見下ろして
2016年11月06日 15:32撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比企三山を見下ろして
1
秩父市街と奥秩父方面
2016年11月06日 15:32撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父市街と奥秩父方面
1
下ります。まずは長者屋敷の頭へ。もう16:00前です。
2016年11月06日 15:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ります。まずは長者屋敷の頭へ。もう16:00前です。
ここでシカ2頭とすれ違いました。
2016年11月06日 15:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでシカ2頭とすれ違いました。
長者屋敷の頭です。そろそろ薄暗いですね
2016年11月06日 16:23撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長者屋敷の頭です。そろそろ薄暗いですね
で、登山口についたらこんな状態。初めて山道でライトを使用しました。
2016年11月06日 17:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、登山口についたらこんな状態。初めて山道でライトを使用しました。
闇の中を抜けて浦山口駅着
なんとかゴールです。
2016年11月06日 18:39撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
闇の中を抜けて浦山口駅着
なんとかゴールです。
1

感想/記録
by psyom

3回目の名郷からの山行は初めての快晴となりました。

最初は雪、2回目は雨に見舞われいずれも途中で引き返していたのですが、
三度目の何とやらでやっとのハイキング日和です。
自分の足では多少無理目ではりますが名郷〜浦山の縦走に挑んでまいりました。

■紅葉
折角の紅葉のウノタワもゆっくりと楽しむとはいきませんでしたが
鈍足が幸いして丁度お昼休憩をここでとることができました。
枯葉と紅葉と苔絨毯のウノタワ良かったです。

■縦走
でその後は大持、子持、シラジクボの間の岩場尾根でスリリングな思いと
急登で足の痛みを楽しみ(?)、長者屋敷の頭を過ぎたあたりからは
初めてナイトハイクも体験して何とか浦山口の駅に到着、20キロ近い
日帰り縦走を無事終えることができました。
(まぁ日没は計画立てた時点で半分覚悟はしてたんですが、それでも当初は
それまでに林道に到着できている予定だったのです)

晩秋の今の時期の日帰りハイクとしてはやや強行な点は反省すべきかもですが、
天気も良くフルに一日遊び切った感じでした。

では
訪問者数:232人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ