ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1001093 全員に公開 ハイキング京都・北摂

大文字山界隈を迷走しつつ歩く P358ってどんな所?熊山の今は?

日程 2016年11月06日(日) [日帰り]
メンバー yjin
天候曇り
アクセス
利用交通機関
バス
行き 京阪バス比叡平行き 三条京阪から岩坂
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間12分
休憩
5分
合計
7時間17分
Sスタート地点08:3909:25P35811:40小熊山12:06熊山12:24大文字山12:2614:51七福思案処14:5214:57神明山14:5815:20インクライン15:2115:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所は無かったが初めての所で高圧線や目印となる山が無く現在地を確認する術が無かった。
P358を過ぎて熊山のある東側の尾根まで迷走に次ぐ迷走だった。

写真

今日の目的の場所を調べた結果、このバス停の近くから尾根に乗れば近道らしい。京阪バスに乗りここに着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の目的の場所を調べた結果、このバス停の近くから尾根に乗れば近道らしい。京阪バスに乗りここに着いた。
バス停近くはフェンスがあり山に取り付けなかった。少し歩き谷を越えるとフェンスも無くなり尾根に取り付く事が出来た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停近くはフェンスがあり山に取り付けなかった。少し歩き谷を越えるとフェンスも無くなり尾根に取り付く事が出来た。
尾根を登り詰め最初のピーク辺り。思ったより歩き易い尾根だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を登り詰め最初のピーク辺り。思ったより歩き易い尾根だった。
P358辺り。特に標高を示す物は無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P358辺り。特に標高を示す物は無かった。
どんな所かって?こんなピークだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんな所かって?こんなピークだった。
1
今日はGPSの調子が悪く、ログは表示するものの地図が表示しなくなった。一度電源を落とし、一度地図が表示したが再び表示しなくなった。仕方ないここからは印刷した地図に頼るしか無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はGPSの調子が悪く、ログは表示するものの地図が表示しなくなった。一度電源を落とし、一度地図が表示したが再び表示しなくなった。仕方ないここからは印刷した地図に頼るしか無い。
谷に降りた。しかし一度失った現在地は初めての場所では不明のままでどの谷にいるかわからなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷に降りた。しかし一度失った現在地は初めての場所では不明のままでどの谷にいるかわからなかった。
谷を進めば少し大きめの谷と出合いその先の尾根に登れば熊山の一つ東の尾根に乗るはずだった。谷の出合がこれだと決めつけて斜面を登って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷を進めば少し大きめの谷と出合いその先の尾根に登れば熊山の一つ東の尾根に乗るはずだった。谷の出合がこれだと決めつけて斜面を登って行く。
1
尾根に乗った。このまま進めば良いはずだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗った。このまま進めば良いはずだった。
天気予報は晴れだったが雨がポツポツしだした。落ちている紅葉も濡れている。ザックカバーを出しザックに掛ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気予報は晴れだったが雨がポツポツしだした。落ちている紅葉も濡れている。ザックカバーを出しザックに掛ける。
2
見覚えの無い尾根だが間違っているとは思わず進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見覚えの無い尾根だが間違っているとは思わず進む。
ピークらしい所に来たが全く見覚えが無い。間違っている事を確信するが、現在地がわからない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークらしい所に来たが全く見覚えが無い。間違っている事を確信するが、現在地がわからない。
このまま進んでもわからないままなのでこの辺で方向を西に振ってみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このまま進んでもわからないままなのでこの辺で方向を西に振ってみる。
兎に角谷に降りた。少し谷を下って再び尾根に登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎に角谷に降りた。少し谷を下って再び尾根に登る。
登った尾根は昔道路だったらしい広い道があった。地形図にはそんな物は載ってなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登った尾根は昔道路だったらしい広い道があった。地形図にはそんな物は載ってなかった。
更に次の谷に降りる。降り着いたところに古い建物があった。少しこの谷を下ってみる。昔の林道の残骸の様なものが切れ切れに残っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に次の谷に降りる。降り着いたところに古い建物があった。少しこの谷を下ってみる。昔の林道の残骸の様なものが切れ切れに残っていた。
又次の尾根に登って尾根の先端の方の様子を見てみた。しかし見覚えは無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
又次の尾根に登って尾根の先端の方の様子を見てみた。しかし見覚えは無かった。
更に登ると主尾根らしいところに着いた。おお!このテープは見覚えがある。以前通った事がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に登ると主尾根らしいところに着いた。おお!このテープは見覚えがある。以前通った事がある。
1
右下に建物が見える。間違い無い熊山の尾根の東側だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右下に建物が見える。間違い無い熊山の尾根の東側だ。
苦労したがやっと熊山の尾根に乗った。ただ、どの辺かは不明だった。尾根の先端に向かって進んでみた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苦労したがやっと熊山の尾根に乗った。ただ、どの辺かは不明だった。尾根の先端に向かって進んでみた。
小熊山だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小熊山だった。
1
山名プレート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名プレート。
こんな物も付いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな物も付いていた。
先に進んでみると、最初見てから無くなっていた曾孫熊山のプレートがあった。これは私にとって発見だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に進んでみると、最初見てから無くなっていた曾孫熊山のプレートがあった。これは私にとって発見だった。
1
こちらも同じく尾根の少し盛り上がった所に付いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも同じく尾根の少し盛り上がった所に付いていた。
1
更に50mほど進んで先の平坦地に行くと見覚えのある赤テープがあった。先程のプレートはここに付いていたはずだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に50mほど進んで先の平坦地に行くと見覚えのある赤テープがあった。先程のプレートはここに付いていたはずだった。
1
テープには玄孫熊山とある。孫の孫かい、どこまで孫を増やすんじゃ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープには玄孫熊山とある。孫の孫かい、どこまで孫を増やすんじゃ?
1
孫熊山の分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孫熊山の分岐。
山頂のプレート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂のプレート。
2
山頂の風景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の風景。
熊山に着いた。丁度4人グループが休んでおられた。何処から来ましたか?と言う事だったのでP358から無茶苦茶迷ったと話した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊山に着いた。丁度4人グループが休んでおられた。何処から来ましたか?と言う事だったのでP358から無茶苦茶迷ったと話した。
山名プレート。4人は先に出発したのでここで給水をかねて休憩する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名プレート。4人は先に出発したのでここで給水をかねて休憩する。
1
大文字山から市内の眺め。今日は見通しが悪く大阪は望めなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大文字山から市内の眺め。今日は見通しが悪く大阪は望めなかった。
何時もの山名プレート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何時もの山名プレート。
1
登山の方が多く多くの方が三角点のタッチされる。隙間を狙って写真を撮る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山の方が多く多くの方が三角点のタッチされる。隙間を狙って写真を撮る。
1
何時も賑わう大文字山。今日も多くの方がお昼の休憩中だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何時も賑わう大文字山。今日も多くの方がお昼の休憩中だった。
1
経塚山に行ってみようとここから山科方面に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経塚山に行ってみようとここから山科方面に向かう。
最初にあったのはAだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初にあったのはAだった。
良く踏まれた良い道だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良く踏まれた良い道だ。
何故かこの道はDだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何故かこの道はDだった。
残念、ここで曲がるのを間違えて真っ直ぐ進んでしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念、ここで曲がるのを間違えて真っ直ぐ進んでしまった。
そのままDコースを進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのままDコースを進む。
さてDは何処に出るのだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてDは何処に出るのだろう。
右下に林道が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右下に林道が見えてきた。
林道を横切り次の山道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横切り次の山道に入る。
今度は左側に林道が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は左側に林道が見える。
又林道に降りると右に続く山道があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
又林道に降りると右に続く山道があった。
D1が過ぎたのでもうすぐ毘沙門堂からの道に出会うはず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
D1が過ぎたのでもうすぐ毘沙門堂からの道に出会うはず。
この石柱の所に出てきた。でもお寺の跡は気付かなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この石柱の所に出てきた。でもお寺の跡は気付かなかった。
上にあった林道はこれから続く様だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上にあった林道はこれから続く様だ。
少し通らない間にこんな物が出来ていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し通らない間にこんな物が出来ていた。
赤く色付いた紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤く色付いた紅葉。
4
経塚山通ればここに出てきたはずだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経塚山通ればここに出てきたはずだった。
まだ時間に余裕があるので鏡山経由で帰ろう。再度山に登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ時間に余裕があるので鏡山経由で帰ろう。再度山に登る。
山名プレート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名プレート。
1
何故か気になる神様の社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何故か気になる神様の社。
西に向かう尾根道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西に向かう尾根道。
展望台近くにこんなプレートがあった。これは初めて見る。今まで無かったがここは神山と言うんだろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台近くにこんなプレートがあった。これは初めて見る。今まで無かったがここは神山と言うんだろうか?
2
展望台から山科市街の眺め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台から山科市街の眺め。
ここから疏水に降りる道も作られている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから疏水に降りる道も作られている。
思案処から毘沙門堂へ抜ける道の峠状の所に出てきた。
この時刻になって青空が広がり日差しも差す様になってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思案処から毘沙門堂へ抜ける道の峠状の所に出てきた。
この時刻になって青空が広がり日差しも差す様になってきた。
1
変電所?何故こんな不便な所に作られたのだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
変電所?何故こんな不便な所に作られたのだろう。
七福思案処。ここで少し思案して蹴上へ行く事にする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七福思案処。ここで少し思案して蹴上へ行く事にする。
思案処の休憩所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思案処の休憩所。
談聖海離圈璽。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
談聖海離圈璽。
山名プレート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名プレート。
1
一寸、遙拝所へも寄ってみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一寸、遙拝所へも寄ってみる。
遙拝所の鳥居。こちらの方向が伊勢神宮?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遙拝所の鳥居。こちらの方向が伊勢神宮?
1
木の間から平安神宮の鳥居は望める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の間から平安神宮の鳥居は望める。
1
日向宮の前にも何やら鳥居がある。道らしき物が見えるが登って行くと何かあるのだろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向宮の前にも何やら鳥居がある。道らしき物が見えるが登って行くと何かあるのだろうか?
日向宮の石段。こちらに行っても思案処に出られる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向宮の石段。こちらに行っても思案処に出られる。
1
桜の花が咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜の花が咲いていた。
2
疏水に降りてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疏水に降りてきた。
1
山科からの疏水出口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山科からの疏水出口。
この先にも地下鉄蹴上駅に行けると思ったが無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先にも地下鉄蹴上駅に行けると思ったが無かった。
1
蹴上駅に行けなかったので、このまま疏水沿いを歩く事にした。動物園の近くに着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蹴上駅に行けなかったので、このまま疏水沿いを歩く事にした。動物園の近くに着いた。
1
対岸に何か黄色いものがあった。写真に撮ると柿だった。実が長いので渋柿だろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸に何か黄色いものがあった。写真に撮ると柿だった。実が長いので渋柿だろう。
中州で仲良く休む川鵜と鴨たち。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中州で仲良く休む川鵜と鴨たち。
1
動物園沿いの疏水。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
動物園沿いの疏水。
1
平安神宮の鳥居前を横切る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平安神宮の鳥居前を横切る。
アオサギと鴨。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アオサギと鴨。
1
ゆったり流れる疏水の曲がり角。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆったり流れる疏水の曲がり角。
夷川発電所のダムを泳ぐ鴨たち。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夷川発電所のダムを泳ぐ鴨たち。
この人が説明板の知事だろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この人が説明板の知事だろうか。
ダムに下流、ここだけ急流となっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムに下流、ここだけ急流となっている。

感想/記録
by yjin

大文字山界隈の地図を眺めているとP358と言う標高点が目に付いた。京都・滋賀の県境近くにあり全く行った事が無い。比叡平に行くバスを使えば近くまで行ける。調べると三条京阪から出ているらしい。但し一時間に一本と便数は少ない。しかしあの道路を歩くのは怖い。そこで楽ちんなバスを使う事にした。

現地について尾根に乗った後、ピークに着いた頃GPSの地図が表示しなくなった。液晶の勢では無かった。ログはちゃんと軌跡を描いている。電源を落とし地図のカードをセットし直したが長くは持たなかった。初めてのコースは距離感がつかめない。現在地を失ったまま出来るだけ西に進んだ。この辺りの尾根や谷は方位がめまぐるしく変わる。今どこにいるかさっぱりわからない。それでも概ね西に進んで見覚えのある所に出られた。その後は何時もの様にちんたら歩くだけだった。
訪問者数:132人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ