ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1001125 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

バラ谷ノ頭〜黒法師岳〜丸盆岳 (戸中川林道ゲートより周回)

日程 2016年11月06日(日) [日帰り]
メンバー hushiyama
天候すばらしい晴天。風もほとんどなし。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸中川林道ゲート前の路肩に駐車。
20台ぐらいの路駐車両がありました。
水窪ダムから先の戸中川林道は,未舗装のダートです。
(305K)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間35分
休憩
1時間13分
合計
8時間48分
S戸中川林道ゲート05:3806:34シブロク歩道入り口06:3508:05P168208:1108:57バラ谷の頭09:1210:01黒法師岳10:1010:30等高尾根下降点10:50カモシカ平11:05丸盆岳11:4712:16等高尾根下降点13:31黒法師岳登山口14:26戸中川林道ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・シブロク歩道〜バラ谷ノ頭
ピンクテープを追っかけていけば,ルートをはずれることはありません。

・バラ谷ノ頭〜黒法師岳
ずっとヒザから腰ぐらいの深さのササ原。ササで地面が見えません。
倒木や岩にけつまずくこともあって,とくに下りは神経を使います。
黒法師岳へはササの中の激登り。登りのため,頭までササの中に埋没することも。
ササをつかんで登りました。本日一番しんどかったです。

・黒法師岳〜丸盆岳
ここも大部分がササ原の中。でも,せいぜいヒザの深さです。
ところどころ,ガレのふちを歩くところもあります。落っこちないように注意しましょう。

・等高尾根
かなりの激下り。スリップ・滑落に注意です。

写真

少し空が白んできました。まずは林道歩きなので,ヘッドライトをつけて歩き始めます。
2016年11月06日 05:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し空が白んできました。まずは林道歩きなので,ヘッドライトをつけて歩き始めます。
林道を1時間,シブロク歩道の登山口までやってきました。ここから登山道です。
2016年11月06日 06:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を1時間,シブロク歩道の登山口までやってきました。ここから登山道です。
出だしは沢沿いの道。崩れそうな箇所もありますが,ピンクリボンを追っかけていきます。
2016年11月06日 06:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出だしは沢沿いの道。崩れそうな箇所もありますが,ピンクリボンを追っかけていきます。
一つ目の作業小屋のわきを通過。
2016年11月06日 06:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ目の作業小屋のわきを通過。
沢沿いから右へトラバースして,1200mの標高点のある尾根に乗りました。
2016年11月06日 07:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いから右へトラバースして,1200mの標高点のある尾根に乗りました。
1
尾根上の標高1300mあたりに,二つ目の作業小屋。まわりは植林されたスギ林です。
2016年11月06日 07:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上の標高1300mあたりに,二つ目の作業小屋。まわりは植林されたスギ林です。
尾根上部の急登。ピンクリボンがたくさんあります。それを追っていけば,ルートははずれません。
2016年11月06日 07:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上部の急登。ピンクリボンがたくさんあります。それを追っていけば,ルートははずれません。
P1682から北に延びる尾根に出ました。朝日が射してきた。
2016年11月06日 07:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1682から北に延びる尾根に出ました。朝日が射してきた。
尾根から見える黒法師岳。
2016年11月06日 07:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根から見える黒法師岳。
前黒法師山からのルートが合流。
2016年11月06日 08:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前黒法師山からのルートが合流。
ササが出てきました。ササ原の中は下が見にくいです。
2016年11月06日 08:26撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササが出てきました。ササ原の中は下が見にくいです。
もうまもなく山頂かな…。
2016年11月06日 08:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうまもなく山頂かな…。
出た〜! バラ谷ノ頭(2010m)に着きました。正面に黒法師岳と富士山。
2016年11月06日 08:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出た〜! バラ谷ノ頭(2010m)に着きました。正面に黒法師岳と富士山。
3
その左には,尾根伝いに丸盆岳や不動岳。そのはるか先には聖岳や上河内岳が見えます。すばらしい! 絶景だ!
2016年11月06日 09:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その左には,尾根伝いに丸盆岳や不動岳。そのはるか先には聖岳や上河内岳が見えます。すばらしい! 絶景だ!
2
少し南へ歩くと,「本邦最南2000mの地」の標識があります。
2016年11月06日 09:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し南へ歩くと,「本邦最南2000mの地」の標識があります。
4
さぁ,黒法師岳へ。
2016年11月06日 09:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ,黒法師岳へ。
3
ササ原の中を下っていく。
2016年11月06日 09:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササ原の中を下っていく。
4
ササ原の下りは,ササに隠されて地面が見えないので,けっこう危険です。何度も滑りそうになる。
2016年11月06日 09:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササ原の下りは,ササに隠されて地面が見えないので,けっこう危険です。何度も滑りそうになる。
1
黒バラ平を行く。見た目いい感じだけど,ササがヒザから腰ぐらいまであって,なかなか歩きづらい。
2016年11月06日 09:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒バラ平を行く。見た目いい感じだけど,ササがヒザから腰ぐらいまであって,なかなか歩きづらい。
1
ふり返って,バラ谷ノ頭。
2016年11月06日 09:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふり返って,バラ谷ノ頭。
4
黒法師岳への登り。だんだんと傾斜が増していく。
2016年11月06日 09:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒法師岳への登り。だんだんと傾斜が増していく。
2
最後の激登り。頭まで沈没しそうなササの中,ササをかき分け,ササをつかんで登ります。せいぜい標高差100mほどだったのでなんとかなったけど…。
2016年11月06日 09:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の激登り。頭まで沈没しそうなササの中,ササをかき分け,ササをつかんで登ります。せいぜい標高差100mほどだったのでなんとかなったけど…。
1
やっと急登が終わった。ふぅ〜
2016年11月06日 10:00撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと急登が終わった。ふぅ〜
1
黒法師岳山頂(2068m)に着きました。2日にわたって,不動岳,丸盆岳,黒法師岳を回っておられるという方に撮っていただきました。
2016年11月06日 10:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒法師岳山頂(2068m)に着きました。2日にわたって,不動岳,丸盆岳,黒法師岳を回っておられるという方に撮っていただきました。
3
ふむふむ,これが噂の×印の三角点標柱か。
2016年11月06日 10:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふむふむ,これが噂の×印の三角点標柱か。
3
戸中川東俣沢。朝歩いた林道のある谷です。それにしても,今日は雲ひとつない天気。遠く恵那山が見えます。
2016年11月06日 10:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸中川東俣沢。朝歩いた林道のある谷です。それにしても,今日は雲ひとつない天気。遠く恵那山が見えます。
次は丸盆岳に向かいます。
2016年11月06日 10:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は丸盆岳に向かいます。
等高尾根分岐です。ふり返って黒法師岳。
2016年11月06日 10:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
等高尾根分岐です。ふり返って黒法師岳。
1
等高尾根分岐から丸盆岳へ。
2016年11月06日 10:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
等高尾根分岐から丸盆岳へ。
カモシカ平です。ここもまわり一面のササ原。立ち枯れの木もいい感じですね。
2016年11月06日 10:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカ平です。ここもまわり一面のササ原。立ち枯れの木もいい感じですね。
3
カモシカ平から黒法師岳・バラ谷ノ頭。
2016年11月06日 10:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカ平から黒法師岳・バラ谷ノ頭。
6
丸盆岳山頂(2066m)に到着しました。
2016年11月06日 11:06撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸盆岳山頂(2066m)に到着しました。
3
北には,すぐそこに鎌崩と不動岳。ずっとむこうには池口岳,そして光岳・上河内岳・聖岳といった南アルプスのジャイアントたちも見えます。
2016年11月06日 11:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北には,すぐそこに鎌崩と不動岳。ずっとむこうには池口岳,そして光岳・上河内岳・聖岳といった南アルプスのジャイアントたちも見えます。
3
不動岳の右に見えるのは,大根沢山〜信濃俣〜光岳の稜線。9月にはあそこを歩く計画だったのになぁ。来春に持ちこしだ。
2016年11月06日 11:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動岳の右に見えるのは,大根沢山〜信濃俣〜光岳の稜線。9月にはあそこを歩く計画だったのになぁ。来春に持ちこしだ。
1
東には,大無間山と富士山。
2016年11月06日 11:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東には,大無間山と富士山。
1
丸盆岳の山頂付近でお昼を食べて,まったりしました。本当に風もなく,穏やかなお天気です。
2016年11月06日 11:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸盆岳の山頂付近でお昼を食べて,まったりしました。本当に風もなく,穏やかなお天気です。
2
さて,等高尾根を下っていきましょう。
2016年11月06日 12:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて,等高尾根を下っていきましょう。
のっけから激下り。「弁当転がし」
2016年11月06日 12:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のっけから激下り。「弁当転がし」
1
30分ほど下ると「市川戻り」。名前の由来…わかりません。
2016年11月06日 12:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分ほど下ると「市川戻り」。名前の由来…わかりません。
1
紅葉の尾根道。
2016年11月06日 12:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の尾根道。
2
「ヤレヤレ平」
2016年11月06日 12:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ヤレヤレ平」
2
ふり返ると,丸盆岳〜鎌崩のくずれた稜線が見えました。
2016年11月06日 13:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふり返ると,丸盆岳〜鎌崩のくずれた稜線が見えました。
1
登山口まで下ってきました。あとは林道を歩いていくだけです。
2016年11月06日 13:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで下ってきました。あとは林道を歩いていくだけです。
林道の途中から,色づいた尾根の奥に黒法師岳。
2016年11月06日 13:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の途中から,色づいた尾根の奥に黒法師岳。
戸中川林道ゲートに戻ってきました。いいお天気で最高でした!
2016年11月06日 14:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸中川林道ゲートに戻ってきました。いいお天気で最高でした!
1

感想/記録

今回めざしたのは,南アルプス深南部。
光岳の南に広がるこの山域,
ちょっと前までは「バリエーションルートしかない山の奥の,そのまた奥」
「ちょっとマニアックな人だけが登っている」という印象でした。
ところが,ヤマレコの記録を調べ始めると,これがけっこうおもしろそう。

そこで手始めに,6月に池口岳に日帰りで登りました。
9月末には,畑薙ダムから大根沢山〜信濃俣〜光岳〜茶臼岳という2泊3日を計画しましたが,
天候に恵まれず断念。
でも今回のルートは,なんとかこの秋のうちに登ってみたかったのです。
幸いにお天気に恵まれて,黒法師岳周辺の深南部を堪能させてもらいました。

前夜,登山口である戸中川林道ゲート前へ向かいました。
最後はまっ暗な,シカが立ちふさがるダート林道を,心細い気持ちで進みました。
「もしかしたら,オレ一人だけの寂しい夜かな」なんて思ったら,
ゲート前には路駐の車列。20台は駐まっていました。
まず一番のびっくりはこれでした。

翌朝は林道を1時間ほど歩き,シブロク歩道をバラ谷ノ頭へ。
これはバリエーションルートみたいで,途中で道に迷わないかとドキドキびくびく。
でも,ピンクリボンの目印が導いてくれて,迷うことなくバラ谷ノ頭へ着きました。
バラ谷ノ頭からの展望はすばらしかったですね。
黒法師岳から丸盆岳,そして不動岳への稜線のはるか向こうに,
光岳や上河内岳,聖岳といった南アルプス南部の名峰が並ぶ眺望。
その後,丸盆岳まで進むと,それら南アルプス南部のジャイアントたちがさらに近づいて,
その景色に感動を覚えました。

この地域の特色であるササ原も,バラ谷ノ頭〜黒法師岳や丸盆岳手前に広がっていました。
このササ原,見た目にはいい感じですが,
実際歩いてみると思ったよりササが深くて,ヒザから腰ぐらいまであって,
歩くのにけっこう抵抗があるし,
なにより地面が見えないので,隠れた倒木や石につまづいたり,下りで滑ったりと,
なかなか難儀でもありました。

ゲート前にはたくさんの車が駐まっていたけど,
山中では数えるほどの人としかお会いしませんでした。
ときには心細さを感じもするけど,やっぱり人の少ない静かな山が好きです。
南アルプス深南部の山々,これからも春や秋に訪れてみたいですね。
訪問者数:261人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ