ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1001568 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

笠取山

日程 2016年11月06日(日) [日帰り]
メンバー yukorikai
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
作場平に駐車場あります。20台くらいは止められそうでした。411号からの林道は車1台分の道幅なので対向車が来ると大変そうです。(本日はすれ違い帰りに2台)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間55分
休憩
1時間10分
合計
5時間5分
S作場平橋駐車場08:1508:40一休坂分岐09:25ヤブ沢峠09:3009:45笠取小屋09:5510:05雁峠分岐10:10小さな分水嶺10:1510:20笠取山西10:40笠取山西峰11:0011:05笠取山11:25水干尾根11:30水干11:35笠取山西11:40小さな分水嶺11:45雁峠分岐11:50笠取小屋12:2013:00一休坂分岐13:20作場平橋駐車場13:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし。
その他周辺情報丹波山温泉のめこいの湯:600円。道の駅たばやまに駐車して歩いていけます。

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 非常食 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 地図(地形図) ヘッドランプ 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

作場平から出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作場平から出発です。
1
さすが水源の森!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすが水源の森!
1
沢沿いの気持ちのいい道〜☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの気持ちのいい道〜☆
1
ヤブ沢峠で少しひらけました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブ沢峠で少しひらけました
笠取小屋到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋到着。
1
雁坂峠分岐の笹原、きもちいい〜♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂峠分岐の笹原、きもちいい〜♪
1
小さな分水嶺です!ネーミングもかわいい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺です!ネーミングもかわいい!
笠取山が目の前にドーン!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山が目の前にドーン!
2
直下はこんな急登っぷりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直下はこんな急登っぷりです。
頂上手前の山梨の標識です。富士山も見えてます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上手前の山梨の標識です。富士山も見えてます!
3
冠雪富士山アップ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冠雪富士山アップ!
2
こちらがほんとの頂上です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらがほんとの頂上です。
1
水干まで下りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干まで下りました。
1
笠取小屋下の水場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋下の水場。
一休坂の下りは落葉のじゅうたんを歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休坂の下りは落葉のじゅうたんを歩きます。
1
紅葉と青空も最高です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と青空も最高です!
2

感想/記録

のんびり紅葉ハイクがしたくて、距離はありますが下道で行かれる笠取山へ出かけました。
8時過ぎで作場平駐車場にはすでに15台ほど車が止まっていて、人気の山なんだなと納得!
登りはじめから水源の森らしい沢沿いの道で、豊富な水の流れをききながら進みます。
道はとても分かりやすくて、所々木道もあるくらい整備されていました。
一休坂分岐をヤブ沢峠方面に向かうと少し登りが少しきつくなり始めますが、沢を渡ったり紅葉の木々を見つけたりしながら楽しく登ることができる道です。
木々の隙間からのぞく青空にもワクワクしてしまいます。
そして道がひらけてヤブ沢峠に到着したら、そこからは少し広い道を笠取小屋まで登ります。
落葉の道がレッドカーペットのように続き、右手には木々の隙間から眺望が!
気持ちよく歩いているうちに笠取小屋に到着です。
小屋の前にはベンチとテーブルがあり、景色のいいランチができそう!と思いましたが、まだちょっと時間が早いので先へ進みました。
ただしここに戻ってきてコーヒーブレイクにしよう!と、このとき決意したのでした!
とりあえず「小さな分水嶺」の標識に従って木道を登っていきます。
すぐに笹原があらわれて雁坂峠への分岐の標識と、進む先には小さな分水嶺がありました。
ここでピクニックランチもいいな♪と思いましたが、まずは小さな分水嶺に登ります。
分水嶺の説明と「富士川」「荒川」「多摩川」に分水される石の標識があり、遠く富士山をはじめまわりの山々がよく見渡せました。
もちろん、これから向かう笠取山の雄姿も。そして、その噂の急斜面もしっかり見えました。
気合を入れて向かい、一度下った場所から見た笠取山の斜面はほんとにすごい急で見上げるほどでした!気合を入れなおして、登りにかかります。
踏み跡はなんとなくつづら折りになっていて、急は急ですが意外に登りやすかったです。どんどん高くなり見下ろす景色も元気をくれました。
そして西峰山頂へ到着!
登った甲斐があったと思える大展望が待っていました。
景色をおかずに手巻きを一つ食べて休憩です。
山梨百名山の標識は昨日11/5に立てた新しいもののようでした。
そこから狭い岩の出張ったルートを進むと、本当の笠取山山頂に着きます。
こちらには環境省の標識がありましたが、展望はあまりなく登山者もいなくてひっそりとしていました。
さらに同じような岩が邪魔する細いルートを登り下りして、水干への分岐にたどり着き、そこから一気に水干尾根まで下りました。
水干尾根は南面の明るい尾根道で、アップダウンもなく快適!
途中水干を拝みそのまま笠取山西まで一気に進み、さらに分水嶺の下まで進みます。
そこから小屋までは来た道を戻ります。
ただいま〜♪と決意通り、テーブルでサンドイッチとともにコーヒーブレイク。
ぽかぽかと日差しもあたたかく、いつまでもここにいたくなってしまうようなのどかな雰囲気に包まれ幸せを感じつつのんびり。
そして帰りは下りに推奨の一休坂を下山、思ったほど急な感じはありませんでしたが、落葉のじゅうたんがすごくて木の根が見えにくくなっているので注意が必要です。しかも紅葉がきれいで上を見て歩いてしまうので、何度かつまづきかけました。
でもそれくらい赤や黄色がきれいな帰り道でした!
見どころ満載の楽しい山で、また季節を変えてきてみたいと思いました♪
最後は道の駅たばやまののめこいの湯へ立ち寄り。
紅葉シーズンの日曜ということもあってか駐車場に入るのに待ち時間が発生していましたが、ゆるキャラ「タバスキー」にも会えて楽しい一日を締めくくれました☆

訪問者数:149人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ