ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1001632 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

川苔山(紅葉を探しに)

日程 2016年11月06日(日) [日帰り]
メンバー purasan
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:JR奥多摩→川乗橋(バス)
帰り:JR川合
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一言コース状況

<川乗橋〜川苔山>
林道2.7km→見飽きない川乗谷→結構豪快な感じの百尋ノ滝で一休み→ちょっと登りを頑張って展望の良い川苔山へ。

<川苔山〜川合駅>
赤杭尾根は緩やかな長い下りで、人も少なく静かな山歩きが楽しめます。
その他周辺情報<温泉>
奥多摩からの帰りは、いつものようにJR河辺駅直結の梅の湯です。
http://www.kabeonsen-umenoyu.com/

写真

川乗橋のバス停からスタートです。
2016年11月06日 10:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川乗橋のバス停からスタートです。
1
標高の高いところは、ちょっと紅葉しているのがわかります。
2016年11月06日 10:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高の高いところは、ちょっと紅葉しているのがわかります。
4
ここまでは、林道歩きでした。
2016年11月06日 10:41撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでは、林道歩きでした。
1
川乗谷沿いの登山道は、滝が多く見受けられます。
2016年11月06日 10:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川乗谷沿いの登山道は、滝が多く見受けられます。
2
ここにも。
2016年11月06日 10:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも。
1
橋を何度もわたります。
2016年11月06日 10:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を何度もわたります。
登山道はわりと狭いので、谷に落ちないように気を付けましょう。
2016年11月06日 10:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道はわりと狭いので、谷に落ちないように気を付けましょう。
またまた小さいですが滝です。
2016年11月06日 10:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた小さいですが滝です。
歩いていくと
2016年11月06日 11:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いていくと
奥多摩で有名な百尋ノ滝(ひゃくひろのたき)です。
2016年11月06日 11:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩で有名な百尋ノ滝(ひゃくひろのたき)です。
5
百尋とは180mぐらいだそうですが、実際には40mほどだそうです。それでも近くで見ると迫力ありますよ。
2016年11月06日 11:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百尋とは180mぐらいだそうですが、実際には40mほどだそうです。それでも近くで見ると迫力ありますよ。
7
氷瀑になるようなときに来てみたいものです。なかなか凍ることはないそうですが。
2016年11月06日 11:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷瀑になるようなときに来てみたいものです。なかなか凍ることはないそうですが。
1
うーん、秋っぽい。百尋ノ滝を後にしました。
2016年11月06日 11:21撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うーん、秋っぽい。百尋ノ滝を後にしました。
2
川苔山が見えてきました。
2016年11月06日 12:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔山が見えてきました。
お、いい感じで色づいています。
2016年11月06日 12:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、いい感じで色づいています。
4
山頂に到着です。
2016年11月06日 12:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着です。
5
奥多摩・奥秩父の山々です。正面の一番高い山は、雲取山ですね。
2016年11月06日 12:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩・奥秩父の山々です。正面の一番高い山は、雲取山ですね。
2
うーん・・・霞んでよく見えませんが、富士山です。
2016年11月06日 12:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うーん・・・霞んでよく見えませんが、富士山です。
3
奥の薄っすらとした山が大菩薩嶺ですね。(一番右の高いところ)
2016年11月06日 12:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の薄っすらとした山が大菩薩嶺ですね。(一番右の高いところ)
2
さてと、赤杭尾根で下山します。
2016年11月06日 13:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてと、赤杭尾根で下山します。
振り返って川苔山です。
2016年11月06日 13:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って川苔山です。
1
開けた登山道ですね。
2016年11月06日 13:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けた登山道ですね。
お、みごとだなぁ。
2016年11月06日 13:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、みごとだなぁ。
5
エビ小屋山山頂です。展望はありません。
2016年11月06日 13:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エビ小屋山山頂です。展望はありません。
1
赤久奈山・・・ここも展望はありません。
2016年11月06日 14:21撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤久奈山・・・ここも展望はありません。
1
そして、登山口です。
2016年11月06日 15:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、登山口です。
2
あとは、駅まで歩くのみ。
2016年11月06日 15:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは、駅まで歩くのみ。
JR川合駅です。無人で駅前に自動販売機があるだけでした。
2016年11月06日 15:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR川合駅です。無人で駅前に自動販売機があるだけでした。
1

感想/記録

 そろそろ、奥多摩も紅葉の時期かなと思い、川苔山へ。
前回訪れた時に百尋ノ滝経由の登山道は、周りの景色を見ていると
飽きさせない感じがあったので再度来てみました。

 標高の低いところはまだ紅葉には早かったですが、やはり気持ちの良い登山道でした。
百尋ノ滝では、近づいてみると結構、冷たいというか寒かったですが、かなり迫力がありますね。
 川苔山山頂では、快晴ということもあり、30人ぐらいはいたでしょうか。西側の展望が開けていてよい眺めです。富士山も見えましたが、お昼ということもあり逆光になってしまうのが、残念といったところでしょうか。
 朝9:00ぐらいに山頂につければよさそうですが、公共交通機関を使うとどうしてもスタートが遅くなるので仕方ないところでしょうかね。
 紅葉も少し楽しめて、天気もよく気持ちの良い登山でした。次に来るときは冬の気温の低いときに百尋ノ滝の氷瀑を狙いたいものです。
訪問者数:239人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 紅葉 氷瀑
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ