ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1002130 全員に公開 ハイキング丹沢

菰釣山

日程 2016年11月06日(日) [日帰り]
メンバー monjuko
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅「どうし」車中泊。
※道志キャンプ場の駐車場は、登山者も1日500円で利用できるようです。また、道の駅「どうし」の駐車スペースは、下山した11時前には満車状態で、空き待の車が列をなしてました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間47分
休憩
1時間26分
合計
5時間13分
S道の駅どうし05:3706:30林道ゲート06:45給水タンク06:45道に迷う07:3007:56分岐表示08:11ブナノ丸08:23菰釣山09:0309:14菰釣避難小屋09:1509:19道の駅分岐表示10:24落合橋10:50道の駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ヤマレコの登山ルートをなぞっていて、どうにも腑に落ちない登山でした。登りも下りも実施に歩いたルートとヤマレコの地図のルートが合致しない気持ち悪さが今だに残っています。まず、登りは、道志キャンプ場の落合橋を渡らずにキャンプ場から別荘地を抜け、そのまましばらく真っ直ぐ進みました。道の駅を出てから、ここまで、菰釣山への登山口表示は一つもなかったので、少々不安でしたが、林道の終点に鎖のゲートが現れ、昭文社の地図の菰釣山登山口の分岐点である林道終点のゲートがこのゲートだと認識。鎖のゲートを跨いで、しばらく直進すると、明確な踏み跡やピンクのリボンがあったが写真の給水タンクまでくると、四方道がなくなりました。しばらく、周辺を登ったり、下ったり。また、川沿いを少し登ってみたりしましたが、とうとうルートは見つからず。最後に諦め、来た道を戻ることにしました。最後のピンクのリボンのポイントから50mほど戻ると、北へ折れ曲がるようにしっかりした踏み跡があり、これを巻貝のようにつづらに登ると、小さなピークに到着しました。ただし、このピークには何の表示もありませんでした。このピークの先から、傾斜がきつくなり踏み跡も不明瞭になりましたが、何とか高度を稼ぎ、さらに傾斜がきつくなった先に、写真の分岐表示が現れ、ホッとしました。この時点で、このポイントがどこなのか全く分からなかったのですが、表示にスカイバレーキャンプ場の名前があったので、菰釣山から山伏峠へ向かう途中を北へ分岐した尾根であることが分かりました。この表示からブナノ丸までは平坦なしっかりしたルートでした。菰釣山へは、避難小屋経由で到着する予定が、西の山伏峠方面からのアプローチになるという不思議な結果になりました。また、下山ルートは、登りのルートがどこでどう間違ったのかを検証しようと思い、あえて城ヶ尾山からのルートを回避して、避難小屋の先から下ることにしました。分岐のポイントには、明確な「道の駅方面」の表示があり、これを下ると、しっかり整備されたルートが続いていました。途中、二組の登りのパーティとすれ違い、ぐんぐん、高度を下げて行きました。ルートを下りきったポイントにしっかりとした菰釣山登山口の標識があり、ここにも、林道終点を示すくさりのゲートがありました。この先は、なだらかな林道歩きで、約1時間ほど歩くとキャンプ場の風景が目の前に。その先に管理棟があり、その先の橋を渡ると朝見た管理棟への誘導看板がありました。家に帰った時点では、キャンプ場の橋を渡って正規の菰釣山登山口から避難小屋経由が正しかったのだと思い込んでましたが、改めて、ヤマレコのルート記録アプリに打ち込んでいると、自分が歩いたルートと良く歩かれる点線の濃いルートが合致しなくて気持ちが悪いです。とくに、ヤマレコのルートアプリの濃い点線は、道志キャンプ場の橋を渡っていないような気がするのですが・・・。また、避難小屋からの下山ルートで、東へ迂回する林道(点線がほとんど無い)に進路を取ったことが解せません。
コース状況/
危険箇所等
菰釣山へのルートは、道志キャンプ場の管理事務所方面の橋を渡って真っ直ぐが正規ルート。この橋を渡らずに、別荘地を直進してしまい、ひどい目に会いました。

写真

道志キャンプ場から別荘地を抜けると静かな林道が始まる。
2016年11月06日 06:22撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道志キャンプ場から別荘地を抜けると静かな林道が始まる。
このルートでは最後の目印となったピンクのリボン。
2016年11月06日 06:39撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルートでは最後の目印となったピンクのリボン。
ピンクのリボンの先に給水装置。この先で道が消えた。
2016年11月06日 06:45撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクのリボンの先に給水装置。この先で道が消えた。
苦労してたどり着いた、分岐表示。右が「スカイバレーキャンプ場」で左が「東海自然歩道」。
2016年11月06日 07:56撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苦労してたどり着いた、分岐表示。右が「スカイバレーキャンプ場」で左が「東海自然歩道」。
ブナノ丸。正規ルートに合流して胸をなでおろす。
2016年11月06日 08:11撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナノ丸。正規ルートに合流して胸をなでおろす。
菰釣山山頂かと思いきや、山頂はまだ先。
2016年11月06日 08:23撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菰釣山山頂かと思いきや、山頂はまだ先。
ようやく、菰釣山山頂。
2016年11月06日 08:26撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく、菰釣山山頂。
1
富士山が圧巻。
2016年11月06日 08:26撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が圧巻。
3
御正体山も秋の色付きが素晴らしい。
2016年11月06日 08:33撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御正体山も秋の色付きが素晴らしい。
1
山頂には、二つのテーブルとベンチセット。
2016年11月06日 09:03撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には、二つのテーブルとベンチセット。
3
避難小屋の内部。かなり清潔感あり。
2016年11月06日 09:15撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋の内部。かなり清潔感あり。
食卓も綺麗。
2016年11月06日 09:15撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食卓も綺麗。
避難小屋の外観。
2016年11月06日 09:15撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋の外観。
道の駅への分岐点。
2016年11月06日 09:19撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅への分岐点。
結局、キャンプ場へ下る。
2016年11月06日 10:24撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局、キャンプ場へ下る。
これが、落合橋?
2016年11月06日 10:27撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが、落合橋?
橋の手前に管理棟への誘導表示。登りの際は、右の橋を渡らずにこの先を直進した。
2016年11月06日 10:27撮影 by PENTAX Optio RZ10, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の手前に管理棟への誘導表示。登りの際は、右の橋を渡らずにこの先を直進した。
撮影機材:

感想/記録

途中、ルートを間違えたので余計な体力を使ってしまった。山頂からの眺めは最高で、目の前に富士山。そして、山中湖の青い湖面も富士山に華を添えてくれました。富士山からやや北西に雪を頂いた峰々が。おそらく、奥武蔵の甲武信岳から金峰あたりの峰だと推測しました。道を間違えなければ、整備されたルートで子連れハイキングには最適かと思います。
訪問者数:161人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 避難小屋 ブナ キャンプ場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ