ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1002146 全員に公開 ハイキング奥秩父

奥秩父主稜縦走(大弛峠〜雁坂峠)

日程 2016年11月05日(土) 〜 2016年11月06日(日)
メンバー miraipapa
天候1日目・2日目ともに快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路)
JR塩山駅→大弛峠(栄和交通バス:1,800円)
復路)
新地平→JR山梨市駅(山梨市営バス:800円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間16分
休憩
11分
合計
5時間27分
S大弛峠09:5610:23夢の庭園10:2510:27前国師ヶ岳10:31三繋平10:37国師ヶ岳12:08東梓12:57両門ノ頭13:0113:26富士見13:55水師13:5714:032353m地点14:22甲武信ヶ岳14:2514:37甲武信小屋14:50木賊山まき道分岐15:23破風山避難小屋
2日目
山行
3時間52分
休憩
5分
合計
3時間57分
破風山避難小屋05:5506:33破風山06:52東破風山07:31雁坂嶺07:3307:57雁坂峠08:0009:04沓切沢橋09:52新地平バス停09:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
甲武信ヶ岳付近:日陰にわずかに積雪
国師が岳付近:霧氷
雁坂峠からの下り道:沢の通過の際に注意が必要

破風山避難小屋はトイレなし。
水場は急斜面を下って15分ほど。暗くなったら危険で汲めません。

写真

まずは大弛峠から。すでに標高は2,345mで、微風でしたが、とても冷たい風でした。
2016年11月05日 10:03撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは大弛峠から。すでに標高は2,345mで、微風でしたが、とても冷たい風でした。
大弛小屋前。地面の白いものは雪ではなく、霧氷が風で運ばれたものです。
2016年11月05日 10:04撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大弛小屋前。地面の白いものは雪ではなく、霧氷が風で運ばれたものです。
ここから、甲武信ヶ岳までは、コースタイム6時間。
2016年11月05日 10:09撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、甲武信ヶ岳までは、コースタイム6時間。
国師が岳まではとても整備されています。
2016年11月05日 10:11撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国師が岳まではとても整備されています。
日陰では、風に飛ばされた霧氷が堆積しています。
2016年11月05日 10:22撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日陰では、風に飛ばされた霧氷が堆積しています。
快晴の空と、雪化粧した富士山。
2016年11月05日 10:30撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴の空と、雪化粧した富士山。
手前の北奥千丈が岳の山稜には霧氷がキラキラと光ります。
2016年11月05日 10:30撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の北奥千丈が岳の山稜には霧氷がキラキラと光ります。
2
前国師が岳の手前から。
振り返ると、五丈石がそびえる金峰山。
2016年11月05日 10:30撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前国師が岳の手前から。
振り返ると、五丈石がそびえる金峰山。
その右奥には八ケ岳。
2016年11月05日 10:30撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その右奥には八ケ岳。
さらに、雪を抱いた甲斐駒〜北岳の南アルプス。
2016年11月05日 10:30撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに、雪を抱いた甲斐駒〜北岳の南アルプス。
南アルプスと八ケ岳連峰。
2016年11月05日 10:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスと八ケ岳連峰。
手前の木(ツガ)には霧氷がまだ残っています。
2016年11月05日 10:32撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の木(ツガ)には霧氷がまだ残っています。
北奥千丈が岳への分岐。今日は道を急ぐので、パスします。
2016年11月05日 10:38撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北奥千丈が岳への分岐。今日は道を急ぐので、パスします。
国師が岳山頂。
2016年11月05日 10:44撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国師が岳山頂。
1
甲武信ヶ岳への稜線も整備されています。
最近切断されたと思われる倒木がありました。
2016年11月05日 11:50撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳への稜線も整備されています。
最近切断されたと思われる倒木がありました。
しっかりとした踏み後だけでなく、テープもたくさん。
2016年11月05日 11:59撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかりとした踏み後だけでなく、テープもたくさん。
東梓。甲武信ヶ岳への道のりの約半分来たことになります。
2016年11月05日 12:27撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東梓。甲武信ヶ岳への道のりの約半分来たことになります。
富士見の手前の開けた場所から。
2016年11月05日 13:04撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見の手前の開けた場所から。
1
水師のあたりからの眺め。前の写真からは、1時間ほど歩いています。あんまり眺めは変わらない?
2016年11月05日 14:02撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水師のあたりからの眺め。前の写真からは、1時間ほど歩いています。あんまり眺めは変わらない?
水師から。左が甲武信ヶ岳、右が木賊山(とくさやま)。
2016年11月05日 14:03撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水師から。左が甲武信ヶ岳、右が木賊山(とくさやま)。
1
富士山の右手前は乾徳山でしょうか。
2016年11月05日 14:03撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の右手前は乾徳山でしょうか。
1
日陰には積雪も。
2016年11月05日 14:19撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日陰には積雪も。
山頂手前のガレ場から、歩いてきた稜線を振り返ります。
中央奥が国師が岳ですね。
2016年11月05日 14:28撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前のガレ場から、歩いてきた稜線を振り返ります。
中央奥が国師が岳ですね。
1
三週間前反対側から来た甲武信ヶ岳山頂。
2016年11月05日 14:29撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三週間前反対側から来た甲武信ヶ岳山頂。
1
今日は富士山に雲はありません。雲海に浮かんでいます。
2016年11月05日 14:30撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は富士山に雲はありません。雲海に浮かんでいます。
甲武信ヶ岳山頂からのパノラマ。
2016年11月05日 14:30撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳山頂からのパノラマ。
こちらは浅間山方面。
2016年11月05日 14:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは浅間山方面。
逆光ですが、五丈石と金峰山。
2016年11月05日 14:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆光ですが、五丈石と金峰山。
賑わう甲武信小屋。テン場も半分弱は埋まっていました。
2016年11月05日 14:44撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賑わう甲武信小屋。テン場も半分弱は埋まっていました。
1
何とか雁坂小屋までいけないかな?
と必死で、木賊山を巻きます。
2016年11月05日 14:50撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか雁坂小屋までいけないかな?
と必死で、木賊山を巻きます。
雁坂小屋へ行くには正面の破風山を登り返さねばなりません。
2016年11月05日 15:10撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂小屋へ行くには正面の破風山を登り返さねばなりません。
木賊山の下る途中で。
2016年11月05日 15:19撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木賊山の下る途中で。
日没まで1時間となり、本日は破風山避難小屋までとなりました。水場に下る道から。
2016年11月05日 16:05撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日没まで1時間となり、本日は破風山避難小屋までとなりました。水場に下る道から。
1
暮れなずむ富士山。
2016年11月05日 16:56撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暮れなずむ富士山。
2
右上には三日月も。これ以上広角にできないので(泣)。
2016年11月05日 16:56撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右上には三日月も。これ以上広角にできないので(泣)。
1
2日目の朝。
2016年11月06日 05:36撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の朝。
今日も天気が良さそうです。
2016年11月06日 05:57撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も天気が良さそうです。
日の出前に破風山避難小屋を出発。
西破風山への登り返しの途中で、帆の出の時刻を迎えます。
モルゲンロートに染まる「木賊山」。
2016年11月06日 06:20撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出前に破風山避難小屋を出発。
西破風山への登り返しの途中で、帆の出の時刻を迎えます。
モルゲンロートに染まる「木賊山」。
1
富士山と国師が岳。手前には広瀬湖が見えます。今日はここへ下ります。
2016年11月06日 06:25撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と国師が岳。手前には広瀬湖が見えます。今日はここへ下ります。
昨日歩いた大緩峠→甲武信ヶ岳の稜線には雲がかかっています。
2016年11月06日 06:26撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日歩いた大緩峠→甲武信ヶ岳の稜線には雲がかかっています。
厳しい破風山への登り返し。上部は岩場です。
2016年11月06日 06:35撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
厳しい破風山への登り返し。上部は岩場です。
朝の冷たい空気に包まれた富士山。
2016年11月06日 06:45撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の冷たい空気に包まれた富士山。
1時間ちょっとで、東破風山へ。途中、昨晩は破風山でテン泊した人とお会いしました。
2016年11月06日 06:59撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ちょっとで、東破風山へ。途中、昨晩は破風山でテン泊した人とお会いしました。
1
破風山を下ると、昨日歩いた稜線は見えなくなります。まだ雲に隠れていて、見ることはできませんでした。
2016年11月06日 06:59撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破風山を下ると、昨日歩いた稜線は見えなくなります。まだ雲に隠れていて、見ることはできませんでした。
ここから雁坂峠までは傾斜は緩やかで、歩きやすい道です。
2016年11月06日 07:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから雁坂峠までは傾斜は緩やかで、歩きやすい道です。
霜の降りた稜線の笹原を進みます。
2016年11月06日 07:18撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜の降りた稜線の笹原を進みます。
これを登りきると....。
2016年11月06日 07:37撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを登りきると....。
雁坂嶺。
2016年11月06日 07:38撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂嶺。
富士山のアップ。いい感じの雪化粧です。
2016年11月06日 08:00撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山のアップ。いい感じの雪化粧です。
1
雁坂嶺を下ること約20分。峠のベンチが見えてきました。
2016年11月06日 08:02撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂嶺を下ること約20分。峠のベンチが見えてきました。
1
雁坂峠。いい感じの笹原です。
2016年11月06日 08:04撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁坂峠。いい感じの笹原です。
1
道の駅三富を目指して、笹原を下ります。
2016年11月06日 08:14撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅三富を目指して、笹原を下ります。
歩いやすい道ですが、唯一の難所。この沢をロープを頼りにわたります。
2016年11月06日 09:02撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いやすい道ですが、唯一の難所。この沢をロープを頼りにわたります。
1500mくらいまで降りると、広葉樹林が広がり、まさに見ごろ。
2016年11月06日 09:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1500mくらいまで降りると、広葉樹林が広がり、まさに見ごろ。
1
この滝を左に見て、登山道終了です。
2016年11月06日 09:11撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝を左に見て、登山道終了です。
あとは舗装された林道を下ります。
2016年11月06日 09:11撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは舗装された林道を下ります。
絶景!
2016年11月06日 09:16撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景!
1
「道の駅みとみ」への道標を見落とし、朝一番のバスに乗れませんでした。
2016年11月06日 09:53撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「道の駅みとみ」への道標を見落とし、朝一番のバスに乗れませんでした。
新地平の少し上にある雁坂峠入口の案内板です。
日本三大峠「雁坂峠」の成り立ちを記してありました。
2016年11月06日 09:59撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新地平の少し上にある雁坂峠入口の案内板です。
日本三大峠「雁坂峠」の成り立ちを記してありました。
撮影機材:

感想/記録

今年最後のテン泊&縦走に奥秩父を選びました。
瑞牆山荘から雲取山までの奥秩父主稜のうち、唯一歩いていない大弛峠⇔甲武信ヶ岳を歩くのが目的でした。

最近のことですが、大弛峠までバスで行けることを知り、大弛から飛龍山まで2泊3日の予定を組みました。月曜日を休むことについては、一部の後輩からクレームがついていましたので、まあ山に行ってから考えようという感じ出発しました。

3週間前に、雁峠→雁坂小屋→西沢渓谷と1泊2日で歩るいた際のヤマレコに、雁坂小屋番の方からコメをいただいた関係で、ぜひ1日目は頑張って雁坂小屋まで行きたいと思っていました。

*********************************************

土曜日は快晴で、南風が入った関係で平地を温かく出発しましたが、大弛峠は標高が2300m以上もあり、歩きだしは凍えそうなくらいでした。大弛峠→甲武信ヶ岳はコースタイム6時間もあり、日没を考えると、かなりのペースで飛ばす必要がありました。何とか頑張りましたが、テント泊の1日目ですので、4時間30分かかりました。

甲武信ヶ岳山頂は、3週間前とまったく同じような好天で、南アルプス・八ケ岳・富士山・浅間山などの絶景が楽しめました。ただし、できれば雁坂まで行きたい!ので、そそくさと下山しました。破風山避難小屋泊りを覚悟して、甲武信小屋で水を購入しようかとも思いましたが、もし行けそうなら西破風山を登り返さなければなりません。水場の標識が、破風山避難小屋前にあったことを思い出し、水はパスして急いで下ることに。

意外と木賊山の下りに時間もかかり、破風山避難小屋についてのが15:30少し前。重い荷物を担いで破風山を登り返しても、雁坂小屋までは2時間くらいかかりそう、ということでここで雁坂泊まりは断念。

煮炊き用の水は「水場まで20分」の標識を信じて、汲みに行きました。ただしこの道が、急斜面。はじめはペットボトルと鍋の2つを持って降りていきましたが、3点支持がいるような急斜面。下りで1回、登りで5回ほど転倒するような状況で、ペットボトルの水1Lを確保できただけでした。

避難小屋はこの夜は貸し切り。ただし、モンベルの#2では寒いくらいで、明け方には北風が強く吹くようになり、次の将監でのテン泊に不安を感じました。朝まで悩みましたが、翌日の夜が寒そうなのと、月曜日の休みが中途半端なので、日曜中に下山することにしました。あとは、ルートですが、雁峠へ亀田林道は2度通ったことがあるので、雁坂峠から下り、朝のバスで降りることにしました。

朝は快晴でしたが、北風によって北側の斜面は雲に覆われていました。ただし、南側の富士山はとてもきれいに見えていました。テントの撤収がないので、夜明けの直前に西破風山に取り付き、雁坂峠を目指します。

破風山のきつい登り返しの後は、楽ちいです。雁坂嶺へ道は比較的緩やかです。雁坂峠では、3人の方とお会いしましたが、1人は甲武信ヶ岳へ、もう2名は雁坂小屋ピストンでこれから下山されるそうでした。自分のことは棚に上げて、
「こんなに天気が良さそうなので、もったいないですね。」

自分も後ろ髪を引かれながら、下山しました。雁坂からの道は、さすがに古道らしくほとんどが歩きやすい道でしたが、水が湧き出てぬかるむ斜面や高度感のある沢をトラバースするところでは注意が必要でした。

さいごに、「道の駅みとみ」へ折れる標識を見落とし、新地平まで下ってしまいました。もちろん、朝1の塩山行きのバスには間に合いませんでした。
山梨市駅でビールを購入し、ほろ酔いで帰京。早い時間に下って、のんびり帰るのもいいもんだと思いました。

もうテン泊は難しい時期ですね。小屋もあと2週間で閉めるようですしね。
訪問者数:168人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/25
投稿数: 93
2016/11/10 0:45
 どもども、帰りのバスで一緒になった豚です
miraipapaさん、こんばんは!

帰りの山梨市駅行のバスの後部座席に座っていて、
チョロっと会話した者です。
(えーっと、笠取泊まって〜雁坂行って2連泊したって言えばわかりますかね?

大弛峠から。。。まだ歩いたことはないのですが、私にはきつそうです

ちなみに、私が途中下車した「隼上」というバス停のすぐ側に、
はやぶさ温泉さんがありまして、
源泉かけ流し&飲泉OKなところなのでお勧めです
(ビールの大ジョッキもありますし

では、来年?雁坂小屋で逢えましたらよろしくお願いします

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ