ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1002343 全員に公開 雪山ハイキング白山

怪しい登山隊単独編 白山(観光新道ピストン)

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー osamuin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間58分
休憩
1時間48分
合計
7時間46分
Sスタート地点(駐車場)06:3706:52別当出合07:43別当坂分岐07:4708:43殿ヶ池避難小屋08:5009:30黒ボコ岩09:3509:42弥陀ヶ原・エコーライン分岐09:55白山室堂09:5710:33白山11:0311:26白山室堂11:4811:56弥陀ヶ原・エコーライン分岐12:03黒ボコ岩12:3913:00殿ヶ池避難小屋13:35別当坂分岐14:10別当出合14:1214:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1500m〜1600m付近の急坂は一部凍結しており注意が必要(軽アイゼンを使っていた人もいました)。

写真

別当出合入口 久しぶりの観光新道で深夜登山は封印。
2016年11月05日 06:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別当出合入口 久しぶりの観光新道で深夜登山は封印。
別当出合 お手洗いは冬期用を使用
2016年11月05日 06:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別当出合 お手洗いは冬期用を使用
登山開始 砂防新道は吊り橋工事中で使用禁止。
2016年11月05日 06:52撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山開始 砂防新道は吊り橋工事中で使用禁止。
登山口から1卉賄世琉篤癲序盤、これからです。
2016年11月05日 07:08撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から1卉賄世琉篤癲序盤、これからです。
しばらく谷から抜け出すイメージ。
2016年11月05日 07:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく谷から抜け出すイメージ。
ここが一番急な区間。凍結しているので注意。一気に標高を稼ぐ。抜けると快適な稜線が待っている。
2016年11月05日 07:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが一番急な区間。凍結しているので注意。一気に標高を稼ぐ。抜けると快適な稜線が待っている。
待ちに待った日の出。別山方向から上がる。
2016年11月05日 07:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待ちに待った日の出。別山方向から上がる。
霜柱。
2016年11月05日 07:36撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱。
浄定道合流点(別当坂分岐)。いつか市ノ瀬から登るときもあるだろう。
2016年11月05日 07:47撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄定道合流点(別当坂分岐)。いつか市ノ瀬から登るときもあるだろう。
天国への階段? 下りはここの階段が太腿に利きました。
2016年11月05日 07:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天国への階段? 下りはここの階段が太腿に利きました。
1
雪が繋がり始める。
2016年11月05日 08:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が繋がり始める。
仙人窟手前の稜線。岩も出てくる。
2016年11月05日 08:08撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人窟手前の稜線。岩も出てくる。
仙人窟をくぐる。
2016年11月05日 08:08撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人窟をくぐる。
ようやく殿が池避難小屋。
2016年11月05日 08:40撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく殿が池避難小屋。
西側の展望が抜群。ベンチで小休止。
2016年11月05日 08:46撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側の展望が抜群。ベンチで小休止。
馬のたて髪。黒ボコ岩までもう少し。
2016年11月05日 09:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬のたて髪。黒ボコ岩までもう少し。
砂防新道と合流。別山の眺めよし。
2016年11月05日 09:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防新道と合流。別山の眺めよし。
御前峰キャッチ。素晴らしい天気に感謝。
2016年11月05日 09:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前峰キャッチ。素晴らしい天気に感謝。
この木道は凍結せず滑りいくくいいと思う。
2016年11月05日 09:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この木道は凍結せず滑りいくくいいと思う。
誰もいないビジターセンター
2016年11月05日 09:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいないビジターセンター
1
開山1300年。ようやく改修が終わり撮影できた。
2016年11月05日 09:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開山1300年。ようやく改修が終わり撮影できた。
2
山スキーされている方がいました。ここから上部は風が強く急激に体感温度が下がる。
2016年11月05日 10:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山スキーされている方がいました。ここから上部は風が強く急激に体感温度が下がる。
1
別山と室堂の定番写真。
2016年11月05日 10:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山と室堂の定番写真。
2
北側の展望。
2016年11月05日 10:36撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の展望。
1
頂上。とにかく寒い。冬山の世界。
2016年11月05日 10:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上。とにかく寒い。冬山の世界。
2
御岳 噴煙は見えなかった。
2016年11月05日 10:46撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳 噴煙は見えなかった。
1
北アルプス 立山・剱・薬師岳
2016年11月05日 10:48撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス 立山・剱・薬師岳
1
槍・穂高方面
2016年11月05日 10:49撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍・穂高方面
1
御岳と中央アルプス方面
2016年11月05日 10:49撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御岳と中央アルプス方面
1
山頂から別山
2016年11月05日 10:50撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から別山
2
室堂ズーム
2016年11月05日 10:51撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂ズーム
石川県方面の展望
2016年11月05日 10:53撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石川県方面の展望
1
山頂全景
2016年11月05日 10:54撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂全景
2
山頂三角点
2016年11月05日 10:54撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂三角点
室堂から山頂ズーム
2016年11月05日 11:34撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂から山頂ズーム
1
室堂と御前峰
2016年11月05日 11:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂と御前峰
1
パノラマ写真
2016年11月05日 12:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ写真
一眼レフ 広角(35弌
2016年11月05日 12:09撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一眼レフ 広角(35弌
1
昼食タイム
2016年11月05日 12:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食タイム
1
下りは雪が解けぬかるみ状態。
2016年11月05日 12:46撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは雪が解けぬかるみ状態。
1
別山の眺め
2016年11月05日 13:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山の眺め
1
仙人窟。上部からも目立つので目印になる。
2016年11月05日 13:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人窟。上部からも目立つので目印になる。
ご苦労様でした。翌日は筋肉痛がでる。
2016年11月05日 14:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご苦労様でした。翌日は筋肉痛がでる。
まだ少しだけ紅葉が残っていました。
2016年11月05日 14:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ少しだけ紅葉が残っていました。
旅の締めは、ゴーゴーカレー。次回は、第七ギョーザにしたい。
2016年11月05日 19:09撮影 by 401PM, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旅の締めは、ゴーゴーカレー。次回は、第七ギョーザにしたい。

感想/記録

今回は半年ぶりの「怪しい登山隊」としての登山の予定だったが、
メンバーの都合が悪く単独となった。

11月初旬に立山の初冠雪を迎え、冬へのカウントダウンが始まった。
今年は、立山、富士山と登ることができたので日本三霊山登頂を目指し、
白山に登る機会を伺っていた(一月前ほど岐阜側から登ろうとしたが麓まででかけて
通行止めで断念したことがあった)。白山の姫様に是非ご挨拶しておきたかった。

また、11月5日晩に大学時代のクラブのOB会の二次会が催される案内を受けた。
そして、会社の社員が結婚したので、祝いの品(お守り)を調達する必要ができた。
この時期はすでに室堂の社殿は閉ざされているので、室堂と頂上の奥宮でお参り、
帰りに白山比弯声劼濃嫁辧△守りを買うことにした。
目的が三つもできたので何としても11月5日に白山に行かなければならなくなった。

岐阜県側の県道はがけ崩れで通行止め、砂防新道は吊り橋工事のため使えず、
観光新道を使うことになる。観光新道は、学生時代に一回だけ下りに利用したことが
あったが、距離が長く、別当出合手前の坂が急だった印象がある。
数日前の天気予報では曇で日が経つにつれて予報が改善。直前の金曜日は快晴で山が良く見える。
これば当日も良い天候が期待された一方で、新雪の登山が想定された。
前日に冬山の道具一式を取出し、アルミアイゼンと冬用ストックなどをチェックした。

さて、朝4時に起床、自動車で高速道を通り、国道157号線から白峰を通過。
ここまでノンストップ。天候は晴れ。
市ノ瀬を過ぎる頃から明るくなる。別当出合まで急勾配の道を上がっていくと右手に別山の稜線が望める。
別当出合手前の入口付近の駐車場はそれなりに埋まっているので、奥の駐車場へ移動する。続々と車が上がってくる。
4日の荒天で更に雪が降ったようで標高1500mから上は雪で白くなっている。
今日は冬山装備の他に、ラーメンセット、一眼レフカメラもザックに収めて歩き出す。アイゼンは直前に不要と判断。荷はやたらと重量感があるがトレーニングと割り切る。一週間前のフルマラソンの疲れはない。
6:37 駐車場から歩き出す。6:52 別当出合から観光新道で登山スタート。
晴れなので登山者もそれなりでスタートで数人を抜かす。トレーニングは十分だが最初は抑え気味のペース配分。
しばらくは樹林帯の中を登り、谷を詰め標高を稼ぐ。しばらく歩くと人気が無くなり、坂が急になる。
氷点下になったようで霜や氷も見えだす。
別山方面から日光が差しだし、日の出を迎える。
次第に新雪も現れる。1500mから上部が観光新道の上りの核心部で、狭いチムニー状の急な登りとなる。
所々氷付いており足場に苦労する。上りは少し時間がかかることを覚悟する。
途中でゼリーと粒あんを食べる。
GPSで標高を確認しながら行動する。そこを抜けると勾配が緩くなることが分かったので我慢の時間だ。
7:43 白山浄定道との合流点。この辺から笹が多い稜線に出て見晴らしが良くなる。
はるか東方に黒ボコ岩方面へ稜線が続く。暑いのでフリースを脱ぐ。
まだ距離があるので先を急ぐ。次第に雪が繋がる。また、無風状態で日向では寒さを感じない。
8:08 仙人窟をくぐる。ここを過ぎると時々大きな岩稜も出てくる。
次第に下界もよく見通せるようになる。
殿が池避難小屋まで100mの標識を過ぎるとようやく避難小屋が視認できる。
8:43 殿が池避難小屋で西側の展望を楽しみ、さらにゼリーと粒あんを取る。また、サングラスも取り出す。
頂上でご来光を拝んだ下山者と何人もすれ違うがみな軽快に下っていく。
今日は本当によく晴れていた。荷は多いが抜かされることはなかった。
9:11 馬のたて髪という道標に着く。
9:30 黒ボコ岩に到着。寒さに備えフリースを着る。黒ボコ岩から上りだすとすぐに御前峰の展望が広がる。
御前峰が眼前に広がる。木道を歩く。立山弥陀ヶ原近辺の木道よりも歩きやすく快適。
木道が終わるとと室堂手前の坂道で、登りきると室堂の建屋が眼前に現れる。
9:55 余裕があったので室堂は写真だけ。鳥居をくぐり、閉ざされた社殿(祈祷殿)の前で参拝。
多くの登山者は室堂に荷物を置いて空身で御前峰に挑むが、こちらはトレーニングなのでザックは迷わず担いだまま上りだす。手袋は薄手のインナー手袋の上からウィンドストッパーを追加する。
室堂から登りだしは中々きつかった。ピッチは上がらないが標高は確実に稼げた。
新雪は10冂度だがトレースがあり問題なし。スパッツは不要だ。
10:17 高天ヶ原の道標を過ぎる。
2500mを過ぎると風が強まり急激に体感温度が下がる。やがてハイマツ帯を抜け森林限界を超える。
頂上が目視できるようになると勾配が緩くなる。
10:33 頂上到着。寒さのためハードシェルをはおると暖かくなる。奥宮に参拝。
持参の1眼レフを取り出し写真撮影。さすがに手がかじかんできてボタン操作も困難になる。
11:03 下山開始。すでに指先が冷たく感覚が鈍い。
11:26 室堂着。冬用グローブなど持参していたが使ったのはハードシェルのみ。
室堂西側の建物の下でテルモスのコーヒーと粒あんを補給。
あとは食料と水を消費して下りに備えるだけ。ここで昼食にしようと考えていたが風を避ける適当な場所を見つけられず黒ボコ岩辺りまで下ることにした。帰途は写真を撮りながらゆっくりと降りる。
12:03 黒ボコ岩の南側でラーメンとおにぎりで昼食。砂防新道はさすがにトレースが少ない。
別山の眺めを楽しみながらの食事。天候はまだ良好。
12:39 ここから本格的に下山開始。足はまだ調子が良く、下りもそれなりに飛ばせる。
気温が上がり雪が解けて泥道と化している。凍結している道を下るよりもいいだろう。
帰りは荷も軽くなり、別当出合まで1回フリースを脱ぐのに止まっただけでノンストップで飛ばす。
ただし、別当坂分岐を過ぎてから迎えた急坂区間だけは用心してゆっくりと降りた。
前半は快適だったがが後半は右足の指先が痛くなった。
暑さに耐えて下ったせいか別当出会手前ではさすがに疲れが出る。
14:10 別当出合到着。奥宮への挨拶も済み、長いようで短い時間だった。

帰途、白山比弯声劼濃嫁辧△守りを買って金沢に入る。市内で風呂にゆっくりとつかり、大学時代の仲間との飲み会に参加。楽しいひと時を過ごす。
夜半過ぎに飲み屋を散会するときには、今日の快晴が嘘のように小雨が降りだす。
訪問者数:197人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ