ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1002377 全員に公開 ハイキング東海

杉峠から永源寺ダムへの尾根繋がる

日程 2016年11月06日(日) [日帰り]
メンバー dedeppo5, その他メンバー3人
天候時より陽射しの曇天
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間0分
休憩
31分
合計
6時間31分
S若宮八幡神社07:3108:53水呑ヶ岳08:5709:55カクレグラ10:0111:19747P11:2912:06746P12:45入道ヶ原 三角点12:5112:54入道ケ原 最高点13:57若宮八幡神社14:0214:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

若宮八幡神社の下側の空き地に駐車させて貰いました。
2016年11月06日 07:30撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若宮八幡神社の下側の空き地に駐車させて貰いました。
1
鉄塔巡視路なので沢には立派な(エキスパンドメタルの)橋が架かっている。
2016年11月06日 07:40撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔巡視路なので沢には立派な(エキスパンドメタルの)橋が架かっている。
2
暫くは、鹿避けテープの巻かれた桧林を進む事になる。時として雑木林が出て来ると、心も爽やかになる。
2016年11月06日 08:01撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫くは、鹿避けテープの巻かれた桧林を進む事になる。時として雑木林が出て来ると、心も爽やかになる。
確実な道標と成る鉄塔の番号をメモリながら歩を進めて居ます。
2016年11月06日 08:01撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確実な道標と成る鉄塔の番号をメモリながら歩を進めて居ます。
1
ここはL、RのRの鉄塔。約50分程歩いたが、水吞岳はあと500m足らず。
2016年11月06日 08:23撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはL、RのRの鉄塔。約50分程歩いたが、水吞岳はあと500m足らず。
1
ハイ、水吞岳です。ここから北尾根は南南東に振るので、地形図でその方向を確認します。
2016年11月06日 08:53撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイ、水吞岳です。ここから北尾根は南南東に振るので、地形図でその方向を確認します。
1
歩き出し、2時間余りで三角点の在るカクレグラ(水谷岳)到着。登頂通過の印に全員でタッチさせて貰います。
2016年11月06日 09:54撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き出し、2時間余りで三角点の在るカクレグラ(水谷岳)到着。登頂通過の印に全員でタッチさせて貰います。
3
カクレグラにはこんな道標やプレートが在りました。
2016年11月06日 09:55撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カクレグラにはこんな道標やプレートが在りました。
2
ここは水干の平。名の如く周りは、台地状に広い広葉樹林でした。ガスったら注意を要します。
2016年11月06日 11:08撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは水干の平。名の如く周りは、台地状に広い広葉樹林でした。ガスったら注意を要します。
1
プレートは水千の平になっているが、正しくは、「水干の平」との事です。
2016年11月06日 11:08撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プレートは水千の平になっているが、正しくは、「水干の平」との事です。
1
陽も差して来たのでこの鉄塔の下で、甲羅干しをしながら昼食とします。
2016年11月06日 11:58撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽も差して来たのでこの鉄塔の下で、甲羅干しをしながら昼食とします。
2
昼食を済ませ、さあ出発。今日の尾根巡りも1/3が終わりました。貴重な晴れ間に、ここからの眺望を記録。職業柄(?)ツアーガイドに必要な眺めは漏らさず記録してます。
2016年11月06日 11:58撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食を済ませ、さあ出発。今日の尾根巡りも1/3が終わりました。貴重な晴れ間に、ここからの眺望を記録。職業柄(?)ツアーガイドに必要な眺めは漏らさず記録してます。
2
この様な広葉樹林帯では秋の楽しみ(キノコ狩り)もあります。(今日の皆さん、入山時より、リュックが膨らんで居るとの陰の声)
2016年11月06日 12:05撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この様な広葉樹林帯では秋の楽しみ(キノコ狩り)もあります。(今日の皆さん、入山時より、リュックが膨らんで居るとの陰の声)
1
前回、タイジョウからの入山時には、時間切れで寄ることが出来なかった入道ヶ原を、今日は、確実に回る周回ルートで
2016年11月06日 12:44撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回、タイジョウからの入山時には、時間切れで寄ることが出来なかった入道ヶ原を、今日は、確実に回る周回ルートで
2
三角点まで脚を伸ばし
2016年11月06日 12:47撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点まで脚を伸ばし
1
全員でタッチ記念をします。
2016年11月06日 12:48撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全員でタッチ記念をします。
1
今日最後の尾根、茶清谷右岸尾根はここ等(標高700m)辺りまでは雑木林だが
2016年11月06日 13:11撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日最後の尾根、茶清谷右岸尾根はここ等(標高700m)辺りまでは雑木林だが
1
ここからは針葉樹林帯で、今朝出発した登山口までは、延々と下りが続き、山行後半の体には堪えます。
2016年11月06日 13:11撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは針葉樹林帯で、今朝出発した登山口までは、延々と下りが続き、山行後半の体には堪えます。
2
やっと今朝の登山口(若宮八幡神社)に到着しました。毎回、多少の疲労が出易いのは左膝であったが、今回は、距離も少ないのに右膝に痛みが出た。数日の日常生活で、痛みが解消すればよいが、次回の山行に不安を残す(歳のせいだろうか?)
2016年11月06日 13:55撮影 by Caplio GX100 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと今朝の登山口(若宮八幡神社)に到着しました。毎回、多少の疲労が出易いのは左膝であったが、今回は、距離も少ないのに右膝に痛みが出た。数日の日常生活で、痛みが解消すればよいが、次回の山行に不安を残す(歳のせいだろうか?)
2
撮影機材:

感想/記録

タイジョウから先の尾根繋ぎが中々実現しなかったが、今回で、永源寺ダム側までを繋げることが出来た。

鈴鹿山系も、滋賀県側からの入山は、私にはアプローチが長い(?)ので、精神的にも足が重い。加齢と共に歩行距離が減るはやむを得ない
が入山回数は減らしたくないものだ。
訪問者数:155人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/2
投稿数: 1835
2016/11/7 23:49
 三角点巡り
dedeppo5さん こんばんは
二等三角点・佐目村、一度行ってみようと研究中です
参考になりました。
ありがとうございます。
登録日: 2013/12/29
投稿数: 259
2016/11/8 6:57
 Re: 三角点巡り
この時期でも距離が無いから、私でも、2点タッチ出来ました。

このルートには、広い稜線が数カ所あり、旧いテープも、探せば在るで
しょうが、コンパスを当てて置くと安心して歩けます。

登下山口の若宮八幡神社ですが、女子用のトイレは無い(男子用のみ有り)
ことをご承知下さい。
登録日: 2011/10/2
投稿数: 1835
2016/11/8 18:29
 Re[2]: 三角点巡り
こんばんは
巡視路を基本に考えれば大丈夫なようですが、机上読図してみました。
スタート地点から南へ斜面をトラバース気味に登り、360m付近で谷に入るがすぐに東の尾根を越えて、南東の谷をつめる。東に振りながら、420mで北に向いて登り尾根に取り付く。南東の尾根を登り、高圧線おw2本くぐり水呑ヶ岳へ。水呑ヶ岳で、南の尾根を30m下り、再度尾根伝いに登りカクレグラへ。
カクレグラから南西の尾根に下り始めるが、徐々に北西に向きが変わる。
ここからが、ややこしいですね。
送電線をランドマークに、p747を目指すのが難しそうです。
870mのピークで西へ、800m付近で南西尾根を下り、750m付近でまた西へ。地形図では7474mはコルになっているが、山レコは、ピーク上にp747が表示されている。送電線の下を通り、p746へ。進路は北西。
ここから入道ヶ原までは、ほんと難しそう。最高点からは、北に進路を取り尾根を歩くが、西側の地形を参考に進まないと、東側は入りこむと迷うだろう。数百メートル進み、770mを下ると尾根がはっきりしてくるが、670あたりで北東尾根を見つけて下る。460mまで下れば、広い斜面の尾根を東へ下り、460mあたりで北東にすすみ、スタート地点へ戻る。

GPSはもちろんですが、読図OKの仲間と楽しんで歩きたいです。
登録日: 2013/12/29
投稿数: 259
2016/11/9 0:10
 Re[3]: 三角点巡り
ルート把握、仰る通りですが、カクレグラからの方向を大雑把ですけど、書き出して置きます。

南西150m、西北西500m、西300m、南南西200m、西350m、北西500m(P746)、西600m、北100m(入道ヶ原)、西100m(入道ヶ原三角点)、東100m(入道ヶ原)、北500m、北北東700m(登山口)
登録日: 2012/12/25
投稿数: 3909
2016/11/11 12:26
 カクレグラ
dedeppo5さん、こんにちは

若宮八幡宮、お金明神の合祀があるところですね。ここからも上がれるようですね。
カクレグラとか入道ヶ原、私も鈴鹿の赤線繋ぎで訪れたいと思っており計画はあるのですがなかなか実行できておりません。
いずれは滋賀県側も全部つなげたいと思っておりますよ。
登録日: 2013/12/29
投稿数: 259
2016/11/11 21:57
 Re: カクレグラ
現地へのアプローチや体力不足から、滋賀県側の、歴史在る旧道や杣山を、中々、踏破出来ずに居ます。

今回も、大瀞近くの、あの、お金明神が、若宮八幡宮に合祀されて居るとは、来るまで知りませんでした。歩き終えて、当時の鉱山をイメージしたりと、感慨が深まりました。

すれ違う登山者もテープも少ないですが、歴史を知れば尚、魅力在る山域ですから、どうぞ、ご踏破下さいませ。
登録日: 2013/8/15
投稿数: 2
2016/11/12 19:10
 カクレグラ
dedeppo5さん 
6日はお疲れ様でした....kf
登録日: 2013/12/29
投稿数: 259
2016/11/14 7:15
 Re: カクレグラ
あそこはキノコ発生に好条件の環境なんですね。

我々より一週間後に通過して、店頭に並んでるような
小粒の写真をアップしてるレコがありましたから。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ