ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1002443 全員に公開 ハイキング蔵王・面白山・船形山

七つ森 宮城

日程 2016年11月07日(月) [日帰り]
メンバー cheeze, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
南川ダム付近の駐車スペースを利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間19分
休憩
33分
合計
6時間52分
S七ツ森自然遊歩道出口09:5910:28たがら森10:2910:58遂倉山11:0011:27鎌倉山11:3412:29蜂倉山12:3113:05大倉山13:1513:5113:5214:19撫倉山14:2515:17松倉山15:2015:44信楽寺跡登山口15:4516:51七ツ森自然遊歩道出口16:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
藪なし。よく踏まれた道だが、どこもかしこも急登、急降下。ロープ多数。梯子一組。枝道沢山。年寄りには辛い道。紅葉は300m付近がピークとみた。

写真

たがら丸から攻める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たがら丸から攻める
12
城壁を攀じ登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城壁を攀じ登る
9
あっさり陥落
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっさり陥落
9
向かいの鎌倉が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かいの鎌倉が見える
15
遂倉のやぐらはパス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遂倉のやぐらはパス
9
七つ中一番優しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七つ中一番優しい
8
さっきの遂倉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきの遂倉
5
七つ森湖を見ながら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七つ森湖を見ながら
12
難敵蜂倉へ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難敵蜂倉へ向かう
17
後ろに遂倉と鎌倉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろに遂倉と鎌倉
17
マジノ線突入
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マジノ線突入
9
こんな感じで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで
12
裏もちょっと手強い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏もちょっと手強い
9
ぐわっと登って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぐわっと登って
11
大倉稜線のオブジェ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉稜線のオブジェ
13
遅いお昼を食べる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遅いお昼を食べる
5
サングラス紛失に気付き、きた道を(泣きながら)戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サングラス紛失に気付き、きた道を(泣きながら)戻る
11
無事発見!では続きを
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事発見!では続きを
21
主峰撫倉は好展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主峰撫倉は好展望
21
私こんな恰好で失礼
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私こんな恰好で失礼
14
珈琲とラミーで乾杯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珈琲とラミーで乾杯
13
快適な松倉上部に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な松倉上部に
10
ツツジが数輪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジが数輪
9
逆回りで七薬師掛
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆回りで七薬師掛
6

感想/記録
by cheeze

お弁当を持って秋保の里山散策、のはずが朝ドラのせいで近場の七つ森に向かっていた。裏から三つほどのつもりで出発したが、わりと快調なので全部行きたい様子。えっと、この前の靴ずれは?
それにしても七薬師掛けするには、この季節10時出発は遅すぎ。最終松倉山からまっすぐ山を抜けて帰る予定だったが、すでに鞍部の杉林が暗くなっていて、どうかなあ。車道を大周りして戻ることにした。

登山口周辺はまだ緑っぽいが、少し登ると紅葉のトンネルになる。展望がないのが惜しいけど、イベント沢山の楽しい山道。4月と11月は歩きたくなる。
訪問者数:429人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/9/1
投稿数: 21
2016/11/8 20:47
 世界最小の山脈
なんとか日没前にゴールでしたね
これからの季節、里山が歩きが楽しい時期ですが、七ツ森もそうしたフィールドの最たる山ですね。
登録日: 2014/2/23
投稿数: 596
2016/11/8 21:20
 Re: 世界最小の山脈
マスター、コメントありがとうございます。
冬場は3時に下山完了がモットーでしたが、ちょっと遅れましたね。
3時に松倉で折り返し、山の間を抜けて湯名沢林道に戻り、ダム湖に抜けるプランでしたが、アクシデント二つ。落し物を取りに大倉から戻ったところと、撫倉からの下山で枝道を降り登り返したところ。あと思いがけず森が暗かったので、安全策をとりました。
里山と雪山と、天気次第でどちらも楽しみたいと思います

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 急登 枝道 紅葉 サングラス
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ