ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1002653 全員に公開 ハイキング奥秩父

古礼山

日程 2016年11月07日(月) [日帰り]
メンバー ary
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
1時間23分
合計
7時間38分
S作場平橋駐車場07:3207:56一休坂分岐08:0109:13笠取小屋09:26雁峠分岐09:30小さな分水嶺09:3309:42雁峠10:28燕山10:2911:24古礼山12:2213:06燕山13:0713:38雁峠13:4013:53小さな分水嶺13:5514:05笠取小屋14:1514:54一休坂分岐14:5515:10作場平橋駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報大菩薩の湯、のめこい湯

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 地図(地形図) ヘッドランプ GPS 携帯 タオル カメラ

写真

作場平橋に駐車。平日のせいか空いている。
2016年11月07日 07:23撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作場平橋に駐車。平日のせいか空いている。
登山口。
2016年11月07日 07:29撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。
前回笠取山に行った時は左のヤブ沢経由で行ったが、今回は右の急登の近道を選び時間を稼ぐ。
2016年11月07日 08:01撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回笠取山に行った時は左のヤブ沢経由で行ったが、今回は右の急登の近道を選び時間を稼ぐ。
紅葉と落ち葉が積もる道をどんどん登る。
2016年11月07日 08:04撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と落ち葉が積もる道をどんどん登る。
今回も例によって犬連れ。
2016年11月07日 08:10撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回も例によって犬連れ。
1
ここでストックを車のトランクに忘れたことに気づく。辺りを見回し代用できる枝を見つけた。ないよりは全然よい。
2016年11月07日 08:14撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでストックを車のトランクに忘れたことに気づく。辺りを見回し代用できる枝を見つけた。ないよりは全然よい。
沢が道に沿って流れ楽しい。
2016年11月07日 08:44撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が道に沿って流れ楽しい。
1
振り返ると大菩薩山と鶏冠山の山頂が雲海から出ている姿が!
この高度で雲海が見れるとは思わなかった。
2016年11月07日 09:12撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると大菩薩山と鶏冠山の山頂が雲海から出ている姿が!
この高度で雲海が見れるとは思わなかった。
笠取小屋に到着。誰もいない・・・
2016年11月07日 09:13撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋に到着。誰もいない・・・
1
ここの雰囲気はやはりいい!
2016年11月07日 09:19撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの雰囲気はやはりいい!
これから登る古礼山が見えてきた。雲は全くなく快晴だ。
2016年11月07日 09:24撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登る古礼山が見えてきた。雲は全くなく快晴だ。
小さな分水嶺に到着。笠取山を見るとまた登りたくなるが、今回は古礼山に登り来たので心を鬼にする。
2016年11月07日 09:28撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺に到着。笠取山を見るとまた登りたくなるが、今回は古礼山に登り来たので心を鬼にする。
古礼山は一番左の頂だろうか。
2016年11月07日 09:29撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古礼山は一番左の頂だろうか。
富士山が見えてきた。
2016年11月07日 09:32撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が見えてきた。
ゴルフ場のような独特な雰囲気。
2016年11月07日 09:40撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルフ場のような独特な雰囲気。
雁峠に到着。爽快な眺め!
2016年11月07日 09:41撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁峠に到着。爽快な眺め!
2
ここからまた急登。
2016年11月07日 09:42撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからまた急登。
ワンコは元気だ。
2016年11月07日 10:01撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワンコは元気だ。
1
燕山に到着。標識の他には何もなく木に囲まれかなり地味な山頂だ。
2016年11月07日 10:19撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山に到着。標識の他には何もなく木に囲まれかなり地味な山頂だ。
大菩薩嶺と雲海。
2016年11月07日 10:22撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺と雲海。
1
富士山と雲海。素晴らしい眺めだった。このような眺望を左手に望みながら古礼山までの尾根をゆく。
2016年11月07日 10:58撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と雲海。素晴らしい眺めだった。このような眺望を左手に望みながら古礼山までの尾根をゆく。
1
いいコースだが、長い緩い登りが続きここらは結構きつかった。
2016年11月07日 11:09撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいコースだが、長い緩い登りが続きここらは結構きつかった。
お腹が減りグロッキー状態になりながらなんとか到着。しかしそれほどスペースがなく地味な山頂だ。
2016年11月07日 11:22撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お腹が減りグロッキー状態になりながらなんとか到着。しかしそれほどスペースがなく地味な山頂だ。
1
古礼山から富士山を望む。山頂は木で囲われてるが、富士山の方角は開けている。
2016年11月07日 12:22撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古礼山から富士山を望む。山頂は木で囲われてるが、富士山の方角は開けている。
まき道を通って雁峠まで戻る。
2016年11月07日 12:29撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まき道を通って雁峠まで戻る。
右手に晴らしい景色を楽しみながら緩やかに下っていく。
2016年11月07日 12:49撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に晴らしい景色を楽しみながら緩やかに下っていく。
下に小さな分水嶺が見える。
2016年11月07日 13:11撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に小さな分水嶺が見える。
ワンコはどんどん先導して行く。
2016年11月07日 13:17撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワンコはどんどん先導して行く。
笠取山とその後ろに唐松尾山が見えた。いったん笠取山に登れば大きなアップダウンもなく唐松尾山までいけそうに見える・・・
2016年11月07日 13:25撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山とその後ろに唐松尾山が見えた。いったん笠取山に登れば大きなアップダウンもなく唐松尾山までいけそうに見える・・・
湧き水。うまかった。
2016年11月07日 14:14撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湧き水。うまかった。
地面からどんどん湧き出てくる。文字通り多摩川の源流と考えると感慨深い。
2016年11月07日 14:15撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地面からどんどん湧き出てくる。文字通り多摩川の源流と考えると感慨深い。
木漏れ日で黄金色一色できれいだった。
2016年11月07日 14:40撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日で黄金色一色できれいだった。
ここらへんはまだ紅葉が楽しめた。
2016年11月07日 14:48撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここらへんはまだ紅葉が楽しめた。
駐車場まで帰ってきた。車は少し増えていた。
2016年11月07日 15:10撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場まで帰ってきた。車は少し増えていた。
車で帰宅中に鹿が。
2016年11月07日 15:36撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車で帰宅中に鹿が。
途中車を停めて撮影。かなり雄大だった。
2016年11月07日 15:42撮影 by IS12S, Sony Ericsson
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中車を停めて撮影。かなり雄大だった。

感想/記録
by ary

今年5月に笠取山に登り、その雰囲気がとても気に入った。その時雁峠方面も行ってみたいと思い、今回は古礼山まで行ってみることにした。

今回は前日夜のうちに柳沢峠まで来て車中で寝て朝4:30頃に出発し、朝6時くらいには登り始めたいと思っていた。しかし、直前に大菩薩の湯に浸かって暖まったのですぐ寝付けたものの、早朝はかなり寒く、また霧も立ち込めなかなか出発する気にならず・・・結局6時30に柳沢峠を出発し、7時30から登山を開始した。

登り始めてすぐ青空が広がり絶好のハイキング日和に!小さな分水嶺や燕山から古礼山までの尾根からの眺めはとてもよく、富士山もきれいに見え、本当に来たかいがあったと思った。燕山から古礼山までは思ったより緩やかな登りが長く続き、ガス欠気味でグロッキー状態になりながらなんとか古礼山山頂に辿りついた。おやつなども用意する重要性を痛感した。

久しぶりに15キロ近くがっつり歩き、この後のめこい湯でリフレッシュした。

訪問者数:110人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ