ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1002697 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

燧ケ岳大清水からピストン

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー chusan
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大清水駐車場は、大清水小屋の隣でトイレもある大きな駐車場ですが、シーズンオフのため、車は数台のみでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間25分
休憩
54分
合計
12時間19分
S大清水05:4506:34一ノ瀬休憩所06:48冬路沢橋06:5007:00岩清水07:0207:30三平峠(尾瀬峠)07:3507:48三平下(尾瀬沼山荘)08:07長蔵小屋08:14三本唐松08:1608:22長英新道分岐10:47ミノブチ岳10:4911:2811:3312:05柴安12:3012:5312:5413:28ミノブチ岳15:17長英新道分岐15:1815:26三本唐松15:3015:48長蔵小屋16:10三平下(尾瀬沼山荘)16:1116:27三平峠(尾瀬峠)16:2917:00岩清水17:0117:11冬路沢橋17:1217:23一ノ瀬休憩所18:04大清水G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一ノ瀬の手前から雪が現れ、三平峠では10cm程度の積雪。その後、燧ケ岳山頂まで雪がありましたが、柔らかい雪で、アイゼンは不要でした。
午後は雪が解け、山麓部の長英新道はひどいぬかるみでした。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック ザックカバー 昼ご飯 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 時計 サングラス ツェルト ナイフ カメラ シェラフ

写真

早朝の大清水駐車場。大清水小屋の隣で、トイレもあります。
2016年11月05日 05:43撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝の大清水駐車場。大清水小屋の隣で、トイレもあります。
広い林道を行きます。
2016年11月05日 06:02撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い林道を行きます。
雪が出てきました。
2016年11月05日 06:09撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が出てきました。
一ノ瀬を過ぎると、登山道を登ります。
2016年11月05日 06:39撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ瀬を過ぎると、登山道を登ります。
途中に石清水。
2016年11月05日 07:01撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中に石清水。
三平峠に到着。新雪が15cm程度積もっています。
アイゼンを持ってこなかったので、この先が少し不安。
2016年11月05日 07:29撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三平峠に到着。新雪が15cm程度積もっています。
アイゼンを持ってこなかったので、この先が少し不安。
樹氷の中、木道を滑らないように下ります。
2016年11月05日 07:39撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷の中、木道を滑らないように下ります。
尾瀬沼が見えてきました。
2016年11月05日 07:41撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼が見えてきました。
尾瀬沼山荘前のベンチ。目指す燧が見えてきました。
2016年11月05日 07:47撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼山荘前のベンチ。目指す燧が見えてきました。
尾瀬沼越の燧。
沼には多くの水鳥がいます。
2016年11月05日 07:52撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼越の燧。
沼には多くの水鳥がいます。
1
湖畔を回り、尾瀬沼ヒュッテ、長蔵小屋を越えて大江湿原に来ました。
2016年11月05日 08:09撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖畔を回り、尾瀬沼ヒュッテ、長蔵小屋を越えて大江湿原に来ました。
1
長英新道で燧に登ります。樹林の中、新雪でルートが分かりづらく、先行登山者の僅かなトレースと赤テープが頼り。
2016年11月05日 09:31撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長英新道で燧に登ります。樹林の中、新雪でルートが分かりづらく、先行登山者の僅かなトレースと赤テープが頼り。
4合目。このあたりから傾斜が急になります。
2016年11月05日 09:43撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4合目。このあたりから傾斜が急になります。
5合目。
2016年11月05日 09:59撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目。
6合目。
2016年11月05日 10:11撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目。
俎堯陛貶)が見えてきました。
2016年11月05日 10:22撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
俎堯陛貶)が見えてきました。
樹林の間から見下ろすと、先程の尾瀬沼と、その向こうに日光白根、男体山、女峰山などが見えます。
2016年11月05日 10:24撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林の間から見下ろすと、先程の尾瀬沼と、その向こうに日光白根、男体山、女峰山などが見えます。
1
急斜面から振り返る帝釈山脈。下の方はまだ紅葉が残っています。
2016年11月05日 10:43撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面から振り返る帝釈山脈。下の方はまだ紅葉が残っています。
ミノブチ岳で小休止。
右の俎瑤盍峩瓩任后
2016年11月05日 10:49撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミノブチ岳で小休止。
右の俎瑤盍峩瓩任后
会津駒も見えます。
2016年11月05日 10:49撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会津駒も見えます。
奥に最高峰の柴安堯弊省)も見えてきました。
2016年11月05日 11:07撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に最高峰の柴安堯弊省)も見えてきました。
まずは手前の俎瑤鯡椹悗靴泙后
2016年11月05日 11:07撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは手前の俎瑤鯡椹悗靴泙后
見下ろすと、先ほどのミノブチ岳も尾瀬沼の手前に小さく見えます。
2016年11月05日 11:10撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見下ろすと、先ほどのミノブチ岳も尾瀬沼の手前に小さく見えます。
1
尾瀬ヶ原と至仏山が見えてきました。
2016年11月05日 11:13撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原と至仏山が見えてきました。
1
9合目。
雪の着いた岩場を登ります。
雪が柔らかいので、アイゼンなしでも大丈夫。
2016年11月05日 11:14撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目。
雪の着いた岩場を登ります。
雪が柔らかいので、アイゼンなしでも大丈夫。
俎山頂(2346m)に到着。
小さな祠があります。
2016年11月05日 11:30撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
俎山頂(2346m)に到着。
小さな祠があります。
会津駒とその左は会津朝日でしょうか。
2016年11月05日 11:30撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会津駒とその左は会津朝日でしょうか。
2
左から平ケ岳、中ノ岳、越後駒、荒沢岳。
谷の方はまだ紅葉が残っています。
2016年11月05日 11:31撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から平ケ岳、中ノ岳、越後駒、荒沢岳。
谷の方はまだ紅葉が残っています。
2
小休止後、柴安瑤惴かいます。
2016年11月05日 11:35撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小休止後、柴安瑤惴かいます。
1
雪の着いた急な岩場を下り、登り返しますが、ここも雪が柔らかく問題なし。
2016年11月05日 11:37撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の着いた急な岩場を下り、登り返しますが、ここも雪が柔らかく問題なし。
柴安山頂(2356m)に到着。
2016年11月05日 12:05撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柴安山頂(2356m)に到着。
風も弱く心地よい山頂で昼食休憩です。
他の登山者は、単独行の男性1人、あとでもう1人男性が来ただけ。
2016年11月05日 12:07撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風も弱く心地よい山頂で昼食休憩です。
他の登山者は、単独行の男性1人、あとでもう1人男性が来ただけ。
1
尾瀬ヶ原は草紅葉。少し雪を被っているようす。
2016年11月05日 12:27撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原は草紅葉。少し雪を被っているようす。
2
昼食後、往路を引き返し、まず俎瑤慳瓩蠅泙后
2016年11月05日 12:07撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食後、往路を引き返し、まず俎瑤慳瓩蠅泙后
1
俎瑤らは、尾瀬沼へ向かって岩場を急降下。
2016年11月05日 13:02撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
俎瑤らは、尾瀬沼へ向かって岩場を急降下。
ミノブチ岳からは、向きを変え、桧枝岐村方向を見ながら下ります。
2016年11月05日 13:24撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミノブチ岳からは、向きを変え、桧枝岐村方向を見ながら下ります。
午後になり、樹林帯の樹氷も溶けてしまいました。
2016年11月05日 14:05撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後になり、樹林帯の樹氷も溶けてしまいました。
傾斜が緩むと、登山道は雪解け水でぬかるみ。ゴアテックスのトレッキングシューズでも耐えられず、靴下までずぶ濡れです。
2016年11月05日 14:29撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が緩むと、登山道は雪解け水でぬかるみ。ゴアテックスのトレッキングシューズでも耐えられず、靴下までずぶ濡れです。
長英新道のぬかるみ道もやっと終わり、尾瀬沼湖畔の道に出ました。
2016年11月05日 15:17撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長英新道のぬかるみ道もやっと終わり、尾瀬沼湖畔の道に出ました。
大江湿原の草紅葉。
2016年11月05日 15:26撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大江湿原の草紅葉。
日も傾き、晩秋という感じです。
2016年11月05日 15:27撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日も傾き、晩秋という感じです。
1
尾瀬沼ロッジも閉まっていてひっそり。
2016年11月05日 15:46撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼ロッジも閉まっていてひっそり。
木道には動物(おそらく鹿)の足跡も。動物にとっても木道が歩きやすいのでしょうか。
2016年11月05日 15:51撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道には動物(おそらく鹿)の足跡も。動物にとっても木道が歩きやすいのでしょうか。
夕方の尾瀬沼と燧。山頂部の雪もだいぶ少なくなりました。
2016年11月05日 16:05撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方の尾瀬沼と燧。山頂部の雪もだいぶ少なくなりました。
尾瀬沼山荘も閉まっています。
2016年11月05日 16:08撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼山荘も閉まっています。
三平峠付近で日没。
シルエットは、荷鞍山と白尾山でしょうか。
2016年11月05日 16:44撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三平峠付近で日没。
シルエットは、荷鞍山と白尾山でしょうか。
一ノ瀬の手前からヘッデンを点灯。
林道を歩いて、大清水駐車場に帰着しました。
(写真は尾瀬国立公園の看板ですが、暗くて見えません)
2016年11月05日 18:03撮影 by Canon PowerShot SX700 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ瀬の手前からヘッデンを点灯。
林道を歩いて、大清水駐車場に帰着しました。
(写真は尾瀬国立公園の看板ですが、暗くて見えません)
撮影機材:

感想/記録
by chusan

大清水からのピストンは、距離が長く雪もあってやや苦労しましたが、山頂からの展望は抜群で、尾瀬ヶ原、尾瀬沼、上信越の山々のほか、遠く富士山まで見えました。
尾瀬沼湖畔の各小屋は閉まっており、出会った登山者は単独行の男性4人だけ。アプローチ林道の冬季閉鎖2日前の山行で、シーズンオフという感じでした。
訪問者数:165人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ