ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1002700 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

荒川三山〜赤石岳(椹島起点;冬季小屋2泊)

日程 2016年11月03日(木) 〜 2016年11月05日(土)
メンバー mfaysal
天候11/3-11/5ともに晴れ、強風。
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間20分
休憩
10分
合計
7時間30分
S椹島ロッヂ06:4010:20清水平10:3014:10千枚小屋
2日目
山行
9時間25分
休憩
45分
合計
10時間10分
千枚小屋05:2006:15千枚岳06:2508:10悪沢岳08:2010:00中岳10:0510:15前岳11:20荒川小屋11:3512:10大聖寺平14:30小赤石岳15:20赤石岳15:2515:30赤石岳避難小屋
3日目
山行
5時間40分
休憩
30分
合計
6時間10分
赤石岳避難小屋06:1006:15赤石岳08:00富士見平08:2008:45赤石小屋08:5512:20椹島ロッヂG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大聖寺平〜赤石岳避難小屋間に凍結箇所あり、アイゼンの使用推奨。
ピッケルは使いませんでした。

写真

11/2。
畑薙第一ダムバス停でピックアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11/2。
畑薙第一ダムバス停でピックアップ。
1
椹島ロッヂに前泊。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椹島ロッヂに前泊。
1
吉例の乾杯はレストハウス裏にて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉例の乾杯はレストハウス裏にて。
1
乾杯第2弾。
やることないので飲むしかない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乾杯第2弾。
やることないので飲むしかない。
2
11/3、登山1日目。
ロッヂ発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11/3、登山1日目。
ロッヂ発。
滝見橋から登山路に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝見橋から登山路に入る。
吊橋を渡る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋を渡る。
樹林帯を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を行く。
開けたところはしばらくなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けたところはしばらくなし。
紅葉が鮮やか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が鮮やか。
2
清水平の水場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水平の水場。
1
ひたすら樹林帯の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら樹林帯の中。
1
ここだけ開けた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここだけ開けた。
4
また樹林帯の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また樹林帯の中。
雪が出てきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が出てきました。
もう少しで小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで小屋。
千枚小屋到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千枚小屋到着。
2
千枚岳に登る途中の登山路脇に水が出ています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千枚岳に登る途中の登山路脇に水が出ています。
2
2日目の乾杯は富士山を背景に。
瓶も持参でいいトレーニングです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の乾杯は富士山を背景に。
瓶も持参でいいトレーニングです。
3
富士山のアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山のアップ。
2
笊が岳への稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笊が岳への稜線。
1
千枚冬季小屋内部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千枚冬季小屋内部。
5
11/4、登山2日目。
日の出前の富士。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11/4、登山2日目。
日の出前の富士。
1
3日目の行程が一望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目の行程が一望。
4
日が出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が出ました。
3
モルゲンロート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロート。
6
千枚岳登頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千枚岳登頂。
3
北の塩見方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の塩見方面。
2
丸山に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山に向かいます。
4
雪はあまりありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はあまりありません。
結構険しい下降ですが、凍結はしていません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構険しい下降ですが、凍結はしていません。
完全に日が出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に日が出ました。
3
荒川東岳は目の前。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川東岳は目の前。
4
富士山も絵になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も絵になる。
1
向かう赤石は遠い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かう赤石は遠い。
1
まずは中岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは中岳。
4
小屋も見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋も見える。
中岳避難小屋到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳避難小屋到着。
2
赤石はまだ遠いぜ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石はまだ遠いぜ。
1
前岳登頂。
荒川三山踏破。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前岳登頂。
荒川三山踏破。
2
トラバースして最後の登りが待つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースして最後の登りが待つ。
2
荒川小屋が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川小屋が見えました。
ここで水を確保しなければ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで水を確保しなければ。
豊富に流れていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豊富に流れていました。
1
荒川冬季小屋内部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川冬季小屋内部。
3
こちらは本棟。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは本棟。
富士山はずっと見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山はずっと見えています。
雪が多くなった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が多くなった。
2
振り返り。
荒川小屋も一望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り。
荒川小屋も一望。
1
小赤石岳登頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小赤石岳登頂。
2
やっと赤石岳避難小屋見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと赤石岳避難小屋見えた。
2
赤石小屋への分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石小屋への分岐。
もうあと一息。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうあと一息。
2
赤石岳登頂!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳登頂!
3
避難小屋は眼下。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋は眼下。
1
寒いので小屋で3日目の乾杯。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒いので小屋で3日目の乾杯。
2
3日目乾杯第2弾。
瓶が残る。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目乾杯第2弾。
瓶が残る。。。
2
赤石岳避難小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳避難小屋。
2
11/5、登山3日目。
赤石岳山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11/5、登山3日目。
赤石岳山頂。
2
小屋を振り返り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋を振り返り。
これまでの行程が一望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これまでの行程が一望。
4
登りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りました。
2
日が差します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が差します。
4
ここから降る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから降る。
朝日を浴びる赤石岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を浴びる赤石岳。
9
砲台型休憩所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砲台型休憩所。
来た道を見上げて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を見上げて。
1
こちらは冬季小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは冬季小屋。
ひたすら降る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら降る。
あちこちに、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこちに、
下山しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山しました。
井川山神社で無事下山を報告。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
井川山神社で無事下山を報告。
2
椹島レストハウスからバスで戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椹島レストハウスからバスで戻ります。
1

感想/記録

11/2(水)
暫く登山の機会が空いてしまい、体力に自信がなかったため、コースタイムがほどよい、まだ東海フォレストによる椹島への移動手段のある荒川赤石周回登山をすることとする。

天気予報曰く、この週は後半になるにつれ良くなる、11/3は風が強そうとのことで、椹島ロッヂは11/2泊にすることとし、この日は移動のみ。
思ったほど東京から畑薙ダムまで時間がかからず、11:30の送迎時間だったが、9時前に到着。
周辺散策し、ご飯を食べ仮眠をとり、定時に当方1名車に乗車し3000円を支払い、椹島ロッヂへ。

紅葉がちょうどいい時期であり、車内で飽きない。
1時間ほどで椹島ロッヂ到着。2食付きの8000円(バスで支払った3000円込)を支払う。
部屋は個室で、荷物を広げて散策に出る。
晴れているが少々肌寒い。

ここで早いが、レストハウス裏のテーブルで到着の乾杯をする。
平日でもありとても静か。
16時から風呂に入れるということで、入浴し汗流し。
手ぬぐい・歯ブラシは部屋についていた。
18時から夕食、登山者は自分一人でテーブルを指定され、他は工事関係者が20人程度?。
みなご飯を漫画のように山盛りに塗り固めて?いる。
21時に就寝。

11/3(木)
6時から朝食、食事後にすぐに出発。

上:キャプ3+ハードシェル、下:薄手タイツ+バーブサーマル

他に登山者もおらず、静かな山行。
樹林帯で視界が開かれず、黙々と登る。

清水平では水が豊富、おいしい水だ。
徐々に風に揺すられる木々の音が強くなってきている。

千枚小屋に到着、冬季小屋は2階で中には誰もいない。
水場を探すもテント場にはなし、小屋からすぐの千枚岳への登山道脇にありました。

荷を広げて、小屋の前で富士山を正面に、到着の乾杯をする。
風も強く寒いので、早々に小屋に逃げ込む。
それから3名のパーティーが2グループ小屋に入り、7名の宿泊となった。

11/4(金)
この日がこの山行の核心日であり、稜線上の風と登山路の凍結が気になる。
4時に起床、5時半前に一番で出発。
ハイドレーションのチューブは30分で凍結してしまった。

上:厚手ウール+R1+ハードシェル、下:厚手ウール+バーブサーマル

すぐに明るくなり、千枚岳到着。
これから先の山々が一望。
雪や凍結具合も問題なく、アイゼンもいらず。

丸山では風がやや吹き荒れている。
逃げ場がないので、早々に離脱。
この先ずっと強風を浴び続ける。
しかし強風のため、雲も飛ばされて景色は良い、がゆっくり楽しめない。

風が強いので中岳避難小屋に入り休憩。
小屋の中は非常に寒い。かつきれいでない印象。
中岳、前岳を登頂し、降って、雪が若干深いがトレースのないトラバース道に入り、すぐに雪がなくなる。

荒川小屋に到着。
宿泊予定の赤石岳避難小屋には水場がないので、ここの水場で水を酌んでおく。ここは水場への案内板が刺さっている。水が豊富だ。5L運ぶこととした。

ここから小赤石岳への登り、疲労がたまり、一歩一歩が重くなる。
大聖寺平から先は、雪も堅く所々靴が滑るようになったため、アイゼンを装着。
足下は重いが、足の運びが楽になる。
強風は続いているが、休み休みゆっくりと登る。天気がいいのが幸いだ。
コースタイムをだいぶ経過して小赤石岳、赤石岳を登頂。眼下の赤石岳避難小屋に入る。

既に4人いた。当方が入って荷を広げていると、3名のパーティー、日没後にソロ1名が入って、9人の宿泊となった。
小屋では寸志でビール等の飲み物を提供していて、みなその恩恵に与っていた。当方は持参したビールとワインで乾杯をする。
人数も多いからか極端に寒くは感じず、就寝。

11/5(土)
5時前に起床、6時過ぎに出発。

上:厚手ウール+R1+ハードシェル、下:厚手ウール+バーブサーマル

富士山脇の雲が厚く、なかなか日の出が見られず。
山頂を越え、すぐに赤石小屋〜椹島への分岐を降る。
稜線から離れて強風が止んだためか、寒さが和らぎ、すぐにR1を脱ぎ、グローブもソフトシェルに変える。
水場からも水が出ている。

富士見平では360度視界が開かれていて、聖や上河内も望める。
赤石小屋でハードシェルを脱ぎ、樹林帯に入る。長い。

1500辺りから木々の間から紅葉が日の光に照らされて輝くのが見える。
木々の隙間からの紅葉を楽しみながら下山。
薪をくべる匂いと、渓流の水音が聞こえ、梯子を下りると林道に出、井川山神社に無事の下山の報告をし、レストハウスに戻る。

14時の送迎時間まで、レストハウス裏で仮寝。
当方とソロの方2名で車に乗り15時前に畑薙到着。

帰路は白樺荘で汗流し(510円)、長い下道から新静岡へ。
しかし東名の渋滞が激しいので、沼津まで足を運び、海鮮丼をいただく。
そこからはほぼ渋滞にはまることなく東京に戻った。

本格的な雪山になる前で、静かな山域を楽しんだ。
しかし3ヶ月の無登山期間は間隔を空けすぎで、体力的に非常にしんどかった(余計な重いモノを持ちすぎだったせいもあるが)。
訪問者数:293人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ