ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1002907 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

金剛山(モミジ谷〜狼谷) 16049

日程 2016年11月07日(月) [日帰り]
メンバー fukuchi36
天候
風:ほぼ無風
気温:出発時・7℃、山頂・7℃、下山時・10℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:泉北 7:18 発 水越峠バス停横駐車場 8:16 着(立寄り3分含む)
復路:水越峠バス停横駐車場 13:06 発 泉北 13:53 着
                   延走行距離:59.8

駐車場:水越峠バス停横に10台(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:40 水越峠バス停横駐車場出発 ー(6分)ー 水越峠 8:46 ー(29分)ー カヤンボ 9:17 ー(2分)ー モミジ谷入口 9:19 ー(16分)ー 狼谷出合 9:39 ー(18分)ー モミジ谷分岐 10:10 ー(11分)ー 本流分岐 10:24 ー(17分)ー 大日岳・裏道ルート出合 10:45 ー(7分)ー 国見城跡 11:01 ー(7分)ー 狼谷ルート取付き 11:10 ー(25分)ー 狼谷本谷出合 11:40 ー(7分)ー 狼谷・モミジ谷出合 11:51 ー(12分)ー モミジ谷出口 12:04 ー(1分)ー カヤンボ 12:05 ー(24分)ー 水越峠 12:31 ー(5分)ー 水越峠バス停横駐車場帰着 12:36

歩行時間:3時間07分(8:40〜12:36)
歩行距離:9.1
コース状況/
危険箇所等
道の状況:
 危険個所はないが、急登・急坂は多いので足元に注意が必要です。又、沢筋では濡れた岩場でのスリップに注意して下さい。
【モミジ谷本流分岐〜大日岳と葛木神社裏道ルート出合】モミジ谷の『本流分岐』表示を右へ入り谷を遡行します。左にドングリ尾根(?)を分けて谷を詰めると水が伏流する辺りから泥濘の急登が始まります。介助ロープを使って歩を進めると『史跡・金剛山 四六』の石柱に出合います。直ぐ目の前で大日岳と裏道ルートに出合いますが、出合個所の立木に多数のペンキ表示があります。下山路に使う時は泥濘の急坂が連続するのでスリップに注意が必要です。
【狼谷ルート取付〜狼谷・モミジ谷出合】大日岳手前の分岐標識を右へ入ると16分ほどで(狼谷)尾根分岐表示と出合う(先週はここを右に入ってモミジ谷堰堤4へ下る)。左へ直進して7分でモミジ谷分岐標識(行き先未確認)に出合い、左尾根を10分ほど下ると急坂が現れます。歩き難い急坂を立木を頼りに下ると5分で想定外の狼谷本谷に出てしまった。標識テープ・踏み跡ともはっきりしていたので、狼谷・モミジ谷出合への尾根ルート分岐を見落としたようである。狼谷本谷は10分ほど下ればモミジ谷に出合えるが倒木で歩き難いところがあります。標識テープは随所にあります。

登山ポスト:なし
その他周辺情報温泉・飲食店・宿泊施設等:
 水越峠バス停横駐車場には当該施設はありません。青崩公衆便所近くに茶店があります。

写真

珍しく路駐が少ない水越峠ゲート付近。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珍しく路駐が少ない水越峠ゲート付近。
2
モミジ谷の落葉と小滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミジ谷の落葉と小滝。
4
狼谷出合です。
正面の尾根を下ってくるつもりでしたが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼谷出合です。
正面の尾根を下ってくるつもりでしたが・・・。
1
モミジ谷は紅葉最盛期です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミジ谷は紅葉最盛期です。
2
本流分岐で右へ入り・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本流分岐で右へ入り・・・
1
・・・標識から谷を直進して・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・標識から谷を直進して・・・
1
・・・ドングリ尾根?を左に分けて更に直進します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・ドングリ尾根?を左に分けて更に直進します。
1
水場を過ぎると介助ロープ付きの泥濘の急坂が始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場を過ぎると介助ロープ付きの泥濘の急坂が始まります。
2
大日岳〜葛木神社裏道ルート出合手前にこの石柱があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳〜葛木神社裏道ルート出合手前にこの石柱があります。
2
裏道ルート出合です。右:大日岳、正面:山頂社務所、左:葛木神社裏道へ。左の立木他に多数のペンキ表示があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏道ルート出合です。右:大日岳、正面:山頂社務所、左:葛木神社裏道へ。左の立木他に多数のペンキ表示があります。
1
太閤さんが絡んでいたとは・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太閤さんが絡んでいたとは・・・。
1
快晴・無風で寒さを感じませんが・・・7℃です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴・無風で寒さを感じませんが・・・7℃です。
2
山頂売店前の紅葉です。電線を避けると上部しか写せません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂売店前の紅葉です。電線を避けると上部しか写せません。
7
11時前1分です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11時前1分です。
6
大日岳手前の狼谷ルート取付き標識です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳手前の狼谷ルート取付き標識です。
2
狼谷尾根分岐を左へ直進(右はモミジ谷堰堤4へ)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼谷尾根分岐を左へ直進(右はモミジ谷堰堤4へ)。
1
モミジ谷分岐(行き先未確認)を右に分けて直進。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミジ谷分岐(行き先未確認)を右に分けて直進。
2
歩き易かった尾根下りがここから急坂に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き易かった尾根下りがここから急坂に。
2
激下り5分で想定外の狼谷本谷に・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激下り5分で想定外の狼谷本谷に・・・。
2
狼谷は倒木で歩き難いところがありますが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼谷は倒木で歩き難いところがありますが・・・
2
・・・7〜8分でモミジ谷に出合います。右手の尾根を下ってくるはずでしたが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・7〜8分でモミジ谷に出合います。右手の尾根を下ってくるはずでしたが・・・。
2
水越峠上空を旋回するヘリです。
4歳児遺棄現場付近に近いので警察車両や報道関係者のタクシーが多数行き来していました。青崩公衆便所近くには民放のTV中継車も2台停まっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠上空を旋回するヘリです。
4歳児遺棄現場付近に近いので警察車両や報道関係者のタクシーが多数行き来していました。青崩公衆便所近くには民放のTV中継車も2台停まっていました。
2

感想/記録

 先週ルートミスした金剛山山頂からモミジ谷への下りルート取付きを確認するためにモミジ谷を遡行した。本流分岐からドングリ尾根?を左に分けて谷を詰めたところ、介助ロープ付きの泥濘の急登に出合い更に登ると『史跡・金剛山 四六』の石柱の先で本来の取付き個所に辿り着いた。最近度々目にしていた立木に真新しいペンキ表示が多数あるところだった。
 帰路は狼谷・モミジ谷出合へ下る予定で標識テープと踏み跡を辿って行ったが、想定外の狼谷本谷へ下ってしまった。ルートミスを一つ解消したと思ったところ再びルートミスを犯してしまった。近い内に狼谷・モミジ谷出合から尾根ルートを登って間違い個所を探すつもりである。
                            fukuchi36
訪問者数:104人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ