ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1003007 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

裏妙義山

日程 2016年11月06日(日) [日帰り]
メンバー miss-T, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
旧国民宿舎裏妙義 駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間58分
休憩
1時間35分
合計
6時間33分
S国民宿舎裏妙義07:3509:11籠沢のコル09:1309:18丁須の頭09:4309:57丁須の向かいの大岩10:1010:15チムニー10:4011:21赤岩11:55烏帽子岩12:15風穴尾根の頭12:24三方境12:25昼食休憩12:5513:43馬頭観音14:08国民宿舎裏妙義G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
標準コースタイム:7km 6時間10分
国民宿舎裏妙義 -125分- 籠沢のコル -10分- 1047m地点 -60分- 赤岩 -60分- 風穴尾根の頭 -15分- 三方境 -65分- 馬頭観音 -35分- 国民宿舎裏妙義
コース状況/
危険箇所等
登山届けポストは旧国民宿舎裏妙義脇のにある。

トイレも旧国民宿舎裏妙義の駐車場脇にある。
紙あり、水洗、手洗い場ありできれい。
山中にトイレはない。

最も危険な場所は、丁須の頭の頭部分と、チムニーの下り。
丁須は、肩までなら岩場が苦手でなければ特段の装備がなくとも登れる。
頭は、相応のスキルと装備がなければ無理だと思う。
チムニーは、登るぶんにはそう難しくないと思う。ただ、長いので、それなりに体力は要るかも。下るほうが、足元が見えにくいのでちょっと怖い。上半分ほどは、鎖沿いに下るより、割れ目のあっちとこっちにまたがるように手足をかけて下るほうが楽な気がする。そのほうが体勢が安定するし、割れ目が狭いので、鎖沿いに下るとザックが背後の壁につっかえるかも。
この2箇所は特に大渋滞する場所でもあるので、たっぷりと待ち時間を織り込んでおいたほうが良い(特に好天の休日)。

崖をトラバースする狭い通路的な部分も多数あり、こちらも注意が必要。
鎖がかかっているが、ゆるゆるなので、頼って歩くのではなく、万一すべったときに掴むという程度の気持ちで軽く手をかけて歩くくらいが良い。

危険というのではないが、三方境からの下山は、道を間違いやすいポイントがいくつかあるので注意。間違える人が多いようで、しっかり踏み跡がついてしまっていて、足元ばかり見て歩いていると間違ったほうに踏み込んでしまうことがある。
その他周辺情報国道18号を裏妙義への道に入る分岐より少しだけ横川寄りに行くと、コンビニがある。

磯辺温泉 恵みの湯
http://www.city.annaka.gunma.jp/kanko_spot/meguminoyu.html
3時間500円。内湯(高温・低温)、サウナ、露天。浴槽はそれぞれわりに広い。
無料ロッカー、ドライヤー(6台くらいあって助かる)、リンスインシャンプー、ボディソープ。
食事処、広い休憩用座敷もあり。温泉マーク発祥の地。

国道18号を磯辺温泉方面に入る分岐より少しだけ妙義寄りに、食の駅があり、すごい品揃え。農産物や群馬の食品・お酒のお土産を買うのに良い。駐車場も広い。

写真

スタート
穏やかで暖かい晴天!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート
穏やかで暖かい晴天!
中央の周回コースです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央の周回コースです
まずは丁須の頭方面へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは丁須の頭方面へ
最初は緩やか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は緩やか
わくわくします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わくわくします
2
しばらくすると、岩場に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくすると、岩場に
中は結構広い
いざとなったらシェルターになりそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中は結構広い
いざとなったらシェルターになりそうです。
傾斜は結構きついです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜は結構きついです
稜線に出ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ました
2
丁須の頭はあちら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭はあちら
見えた!
わ〜すごい(^▽^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えた!
わ〜すごい(^▽^;)
4
どどーん
とりあえず、肩まで行ってみよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どどーん
とりあえず、肩まで行ってみよう。
1
テラスでしばし順番待ち
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テラスでしばし順番待ち
テラスでもすでに絶景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テラスでもすでに絶景
3
肩へ
ザックはテラスにデポ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩へ
ザックはテラスにデポ
1
すぐあがれます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐあがれます
肩の先端に行くには、この平均台みたいな狭いところを歩いていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の先端に行くには、この平均台みたいな狭いところを歩いていく
混んできたし、先へ進もう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
混んできたし、先へ進もう
1
丁須の頭から見えた岩の上に登ってみた
(隊長がテラスから撮ってくれました)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭から見えた岩の上に登ってみた
(隊長がテラスから撮ってくれました)
1
丁須の頭ビュー素敵
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丁須の頭ビュー素敵
5
しばしまったり...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばしまったり...
2
巻けない最難所、チムニーの下り
うは〜(^▽^;)
狭いので、このように鎖に沿っておりると、体の大きい人やザックの大きい人は、壁に挟まってしまうかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻けない最難所、チムニーの下り
うは〜(^▽^;)
狭いので、このように鎖に沿っておりると、体の大きい人やザックの大きい人は、壁に挟まってしまうかも。
1
下から見ると、わりにたいしたことはないのよね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から見ると、わりにたいしたことはないのよね
紅葉めっちゃキレイ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉めっちゃキレイ!
しかし、まだまだ鎖は続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、まだまだ鎖は続く
下から見ると、ちゃんとステップが切ってある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から見ると、ちゃんとステップが切ってある
こういうトラバースも満載
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういうトラバースも満載
鎖がゆるゆるで、手すり的には使えない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖がゆるゆるで、手すり的には使えない
1
すごい桟道
半分は壊れてる... (^▽^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごい桟道
半分は壊れてる... (^▽^;)
2
こんなところを歩いてきたのか〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところを歩いてきたのか〜
3
ここはちょっと足がかりをつかみにくかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはちょっと足がかりをつかみにくかった
ここも足元が不安定だったかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも足元が不安定だったかな
ぴょこんと丁須の頭が見える〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぴょこんと丁須の頭が見える〜
1
ハートみたい♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハートみたい♪
3
三方境
ここからはひたすら下山。
ランチをとりたいのだけど、風がまともにあたるので...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三方境
ここからはひたすら下山。
ランチをとりたいのだけど、風がまともにあたるので...
ちょっと下って、稜線を外れたところでランチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと下って、稜線を外れたところでランチ
1
こんなとこ
でも、もう少し下ったところに、もっといい場所があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなとこ
でも、もう少し下ったところに、もっといい場所があった。
リンドウ
咲いていた数少ない花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンドウ
咲いていた数少ない花
1
このへんはまだまだ緑
紅葉見ごろは月末近くなのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このへんはまだまだ緑
紅葉見ごろは月末近くなのかな?
結構斜度がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構斜度がある
下山〜
って、どこが登山口かわからないよこれ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山〜
って、どこが登山口かわからないよこれ!
楽しかったよ、ありがとう!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しかったよ、ありがとう!
3
朝とはまたちょっと違う雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝とはまたちょっと違う雰囲気
1
夕食は久々の登利平 鳥合わせ定食@高崎
さくさくジューシー うま〜
でも、お肉はやはり前橋店がいちばん気前がいい!
ここも悪くはないけど...
一番小さかったのは富岡かも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食は久々の登利平 鳥合わせ定食@高崎
さくさくジューシー うま〜
でも、お肉はやはり前橋店がいちばん気前がいい!
ここも悪くはないけど...
一番小さかったのは富岡かも。
2

感想/記録
by miss-T

ずっと行きたかった裏妙義へ、紅葉狩りも兼ねて計画。
今年は紅葉が遅いので、まだ早すぎるかなあ... と思ったけれど、稜線あたりはちょうど見ごろで、このあたりがコース上最も展望の良い部分でもあり、思いがけず素晴らしい景色を眺めながらの冒険となった。

丁須は、頭にあがろうとしなければ、特段難しい鎖場ではない。
自信がなければ巻けるし。
でも、チムニーは避けて通れないので、がんばりどころ。
手足をかけられる場所はたくさんあるので、落ち着いて下れば、(長い、というところを除けば)それほどたいへんではない。視覚的に怖いので、そこで怯えなければ大丈夫かな?怖く感じるようなら、セルフビレイは簡単にとれるので、やっておくと良いかも。我がパーティは、人数分のセルフビレイギアがなかったので、岩場が一番得意な私はなしでおりました。岩場大好物なら、なくても恐怖感はないと思うので、落ち着いて降りられるだろうから大丈夫かと。

チムニーを過ぎれば、体力のいる難所はもうほとんどない。
恐ろしげなトラバースがいくつかあるが、こちらは体力よりも集中力とリラックスして落ち着いて歩く精神力...かな?

私たちは、混雑する前にスタートできたので良かったが、ちょうどチムニーの向かいの大岩にあがって覗いたあたりで、丁須の頭は大混雑になっていた。
丁須の頭とチムニーは、順番待ちがたとえ3、4人でも、場合によっては30分とか待つことになるので、なるべく空いている早い時間にスタートするほうが良さそう。
グループも、小さめにしたほうが(3人程度、健脚で岩場得意なメンバー構成でも5人くらいまで)スムーズに回れる。

今回は反時計回りにしたが、これが正解。
これだと、体力精神力集中力がじゅうぶんにある前半に難所をすべてこなせるし、下りがゆるめなので、楽だ。
バラエティ豊かなコース、適度なコースタイムで、飽きず疲れず終始楽しめる良いルートでした♪ただし、温暖な晴天時に限る!(^-^)b
雨天、視界不良、凍結時は、絶対近寄りたくないわ〜 (^◇^;)
訪問者数:223人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ