ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1003410 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

金剛山 もみじ谷〜サネ尾(紅葉見頃。一時アラレが降る)

日程 2016年11月09日(水) [日帰り]
メンバー abek3
天候曇り、時々晴れ。一時霰。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越峠公共駐車場、バス停横の駐車場(いずれも無料)があります。
バス停横の駐車場(10台)に停めました。平日で天気も安定しないためかガラガラ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間37分
休憩
44分
合計
5時間21分
S水越峠バス停09:3509:41水越峠10:19もみじ谷入り口11:54第6堰堤12:09本流ルート分岐12:35山頂広場13:1913:30一の鳥居13:36サネ尾下山口14:16サネ尾登山口14:16水越峠14:48水越峠バス停14:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・もみじ谷
もみじ谷は途中の分岐が多いので、初めての方はテープの多い「もみじ谷本流」を歩かれるのが無難です。
第5堰堤上部で谷が大きく二つに分かれます。左が昭文社の登山地図に登山道として記載されているルート。右のV字谷が「もみじ谷本流」ルート。その後、第6堰堤上部で再び分岐が来ますが、右が本流ルートです。
道は沢を何度か渡渉しますが、いずれも水量わずかで石伝いに渡れます。ただ、滑り易いので注意は必要です。崖状の細い道もあり通行時は注意して下さい。

・サネ尾
サネ尾は一般登山道ではありません。
(昭文社の登山地図、国土地理院地図には登山道として記載なし)
道は細い尾根を辿るので判り難い所はありません。
最近歩かれる方が増え、踏み跡もしっかりしています。
特に危険な場所もありません。細い尾根の通行時は注意して下さい。
急坂ですので、雨の後などは滑ります。
その他周辺情報水越峠にはトイレ、登山ポストはありません。
水場は歩いて30分ほどの所に「金剛の水」があります。
トイレは水越トンネル傍の「さわんど」にあります。

写真

水越峠からスタートします。
2016年11月09日 09:41撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠からスタートします。
2
入って直ぐの東屋隣のもみじが、紅葉してきました。
2016年11月09日 09:41撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入って直ぐの東屋隣のもみじが、紅葉してきました。
3
大阪方面。雲が広がっています。
2016年11月09日 09:45撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪方面。雲が広がっています。
2
金剛山方面は紅葉が進んでいました。
2016年11月09日 09:45撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛山方面は紅葉が進んでいました。
3
この時期花は少なく、アワコガネギク(泡黄金菊)の群落が元気。
2016年11月09日 09:46撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期花は少なく、アワコガネギク(泡黄金菊)の群落が元気。
1
アップで。
2016年11月09日 09:46撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。
2
そして、セイタカアワダチソウも開花中。
2016年11月09日 09:46撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、セイタカアワダチソウも開花中。
1
紅葉はかなり下まで来ています。
2016年11月09日 09:54撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉はかなり下まで来ています。
3
サワガ二を何匹か見かけました。どうやって冬を越すのでしょうか?
2016年11月09日 10:05撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サワガ二を何匹か見かけました。どうやって冬を越すのでしょうか?
1
今日もミルクちゃんに会いました。
2016年11月09日 10:08撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日もミルクちゃんに会いました。
9
もみじ谷に入ります。
2016年11月09日 10:19撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじ谷に入ります。
1
ミルクちゃんはガンドカコバ道へ。
2016年11月09日 10:19撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミルクちゃんはガンドカコバ道へ。
3
第5堰堤。このあたりから紅葉が目につく。
2016年11月09日 11:28撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第5堰堤。このあたりから紅葉が目につく。
3
見上げるとかなり色付いています。
2016年11月09日 11:49撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げるとかなり色付いています。
5
V字谷も紅葉進んでいます。ちなみにもみじ谷の名称はモミジのように上部で尾根が分岐しているから。決してモミジの木が多い訳ではありません。【伝聞です】
2016年11月09日 11:49撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
V字谷も紅葉進んでいます。ちなみにもみじ谷の名称はモミジのように上部で尾根が分岐しているから。決してモミジの木が多い訳ではありません。【伝聞です】
3
両側が紅葉しています。
2016年11月09日 11:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両側が紅葉しています。
3
第6堰堤。
2016年11月09日 11:55撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第6堰堤。
1
その上部も紅葉です。
2016年11月09日 12:05撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その上部も紅葉です。
3
沢には枯葉が一杯。
2016年11月09日 12:06撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢には枯葉が一杯。
3
第6堰堤から進んだ先にある分岐点。右に行きます。
2016年11月09日 12:09撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第6堰堤から進んだ先にある分岐点。右に行きます。
1
左の小滝の奥も紅葉進んでいます。
2016年11月09日 12:09撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の小滝の奥も紅葉進んでいます。
1
右俣も紅葉と枯葉が一杯。
2016年11月09日 12:10撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣も紅葉と枯葉が一杯。
1
良い色です。
2016年11月09日 12:10撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い色です。
1
木々を通して紅葉が見えます。
2016年11月09日 12:21撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々を通して紅葉が見えます。
2
ドングリ尾根で第一ドングリ発見。今年は少ないですね。
2016年11月09日 12:30撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドングリ尾根で第一ドングリ発見。今年は少ないですね。
2
転法輪寺に到着。
2016年11月09日 12:36撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
転法輪寺に到着。
2
売店前のモミジは終盤。落葉が一杯でした。
2016年11月09日 12:37撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
売店前のモミジは終盤。落葉が一杯でした。
9
捺印所前のモミジはもう少しで最盛期へ。
2016年11月09日 12:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
捺印所前のモミジはもう少しで最盛期へ。
5
山頂広場。気温2℃。風もあって寒い寒い。
2016年11月09日 12:40撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場。気温2℃。風もあって寒い寒い。
5
登山者も少なめ。
2016年11月09日 12:46撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者も少なめ。
4
13時のライブカメラ。右端でストック振ってます。
2016年11月09日 13:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時のライブカメラ。右端でストック振ってます。
6
山頂広場の紅葉も終盤。時々太陽が顔を出します。
2016年11月09日 13:09撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場の紅葉も終盤。時々太陽が顔を出します。
4
紅葉の落葉が一面に。
2016年11月09日 13:16撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の落葉が一面に。
4
ひさご池にも落葉。
2016年11月09日 13:18撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひさご池にも落葉。
3
葛木神社裏から見た葛城山。
2016年11月09日 13:24撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社裏から見た葛城山。
3
あちこち良い色に。
2016年11月09日 13:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこち良い色に。
2
こちらも。
2016年11月09日 13:27撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも。
6
赤や黄色の大木も。
2016年11月09日 13:29撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤や黄色の大木も。
3
下山はサネ尾から。一の鳥居を通過します。
2016年11月09日 13:30撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山はサネ尾から。一の鳥居を通過します。
1
ダイトレ道の、「これより急な坂道」のところがサネ尾入口。左に入ります。
2016年11月09日 13:36撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレ道の、「これより急な坂道」のところがサネ尾入口。左に入ります。
1
renn1mac2さん、por0426さんがレコに載せていたスッポンタケ。なるほどモザイク必要ですね。
2016年11月09日 13:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
renn1mac2さん、por0426さんがレコに載せていたスッポンタケ。なるほどモザイク必要ですね。
2
スッポンタケは幾つかありましたが、いずれも元気なし。
2016年11月09日 13:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スッポンタケは幾つかありましたが、いずれも元気なし。
1
三叉路の表示を振り返ったところ。このあたりでは暗くなって一時雹が降ってきました。
2016年11月09日 13:44撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三叉路の表示を振り返ったところ。このあたりでは暗くなって一時雹が降ってきました。
2
サネ尾も、カヤンボ谷方面は紅葉が多いです。
2016年11月09日 13:48撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サネ尾も、カヤンボ谷方面は紅葉が多いです。
2
急な下り坂の始まり。
2016年11月09日 13:56撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な下り坂の始まり。
1
こちらの雲が、葛城山方面へ流れて行きました。
2016年11月09日 14:02撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの雲が、葛城山方面へ流れて行きました。
サネ尾の入口まで戻って来ました。
2016年11月09日 14:16撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サネ尾の入口まで戻って来ました。
1
降りて来ると青空が広がって来ました。
2016年11月09日 14:45撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りて来ると青空が広がって来ました。
2
水越峠に無事帰着。
2016年11月09日 14:48撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠に無事帰着。
3
撮影機材:

感想/記録
by abek3

 水越峠での警察の捜索が一旦中止となり、落ち着いたのでいつもの金剛山もみじ谷へ。ここ数日の冷え込みで、紅葉が進み山頂売店前のモミジは落葉が進んでいる。山頂〜中間部までは紅葉最盛期。これからどんどん下降してゆく。金剛山の紅葉を楽しめるのもあと少し。
 本日は天候不安定なためか登山者は少ない。もみじ谷、サネ尾共に誰にも会わず、静かな山歩きを楽しめた。
 もみじ谷本流最後の尾根(ドングリ尾根)は、ドングリが落ちていない。昨年豊作だったので、今年は不作の年にあたるのだろう。各地の山でドングリ不作が予想されるので、エサ不足で熊の出没が心配である。金剛山では熊の事は心配ないが。
 風が強い一日で曇り空から時々太陽がのぞいたり、午後は一時霰が降ったりと目まぐるしく変わっていった。下山時には青空が広がり、陽に当たっていると暖かいほど。
 紅葉盛りのもみじ谷を、ゆっくり歩いて堪能した。もうすぐ冬がやって来る。今年の氷瀑も楽しみである。
訪問者数:165人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ