ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1003769 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山 中尾の背〜石ブテ尾根(紅葉探索。冬が来る前に〜♪)

日程 2016年11月10日(木) [日帰り]
メンバー abek3
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越トンネル大阪側(通称さわんど)の駐車場(8台ほど置けます)を使用。半分空いてました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間31分
休憩
1時間17分
合計
5時間48分
Sさわんど(石筆橋)09:2109:34水越川左支川砂防ダム09:37丸滝谷入口09:3409:56中尾の背入口09:3411:27六道の辻11:40大日岳11:47山頂広場13:0413:13大日岳13:21六道の辻13:24石ブテ尾根下山口14:32水越川左支川砂防ダム14:44さわんどG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・中尾の背
 昭文社の登山地図に載っていますが、破線です。登り口は石筆橋を渡って林道を進み、丸滝谷に入ります。途中の三叉路(石ブテ東谷、中尾の背、丸滝谷の分岐)から尾根に登ります。
 尾根の最初の取付きが、凄い急登です。ロープがありますので、利用して下さい。しばらく急登は続きますが、その後は傾斜も緩くなり、多少のアップダウンを繰返して六道の辻に出ます。
 道はしっかりしており、迷うような所はありません。急坂以外に危険個所はありません。尾根が細いのと、雨天時の下りは注意。

・石ブテ尾根(今回は中尾根を下山)
 昭文社の登山地図に載っていますが、破線です。登り口は3ヶ所あり、下りも途中から3つに分かれています。分岐を間違えないようにして下さい。
 石ブテ尾根は最後の方が急坂です。土は滑り易く、掴まる木々が少ないです。充分に注意して下さい。道は判り易い方です。急坂以外に危険個所はありません。雨天時の下りは注意。
その他周辺情報水越トンネル大阪側の登山口にトイレあり。
また、食堂「さわんど茶屋」があります。(月・木が休み)

写真

水越トンネル手前の通称「さわんど」から石筆橋を渡って、林道を進む。
2016年11月10日 09:21撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越トンネル手前の通称「さわんど」から石筆橋を渡って、林道を進む。
1
振返ってさわんど茶屋。右上が駐車場。
2016年11月10日 09:22撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振返ってさわんど茶屋。右上が駐車場。
1
太尾道入口を通過する。
2016年11月10日 09:24撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太尾道入口を通過する。
1
大堰堤を右にみて。
2016年11月10日 09:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大堰堤を右にみて。
9月の大雨のせいか、堰堤の水がかつてないほど多い。こんなに多いのは初めて見た。
2016年11月10日 09:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9月の大雨のせいか、堰堤の水がかつてないほど多い。こんなに多いのは初めて見た。
3
こんな風景も初めて。金剛山に湖があるみたい。
2016年11月10日 09:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな風景も初めて。金剛山に湖があるみたい。
3
舗装路が無くなると、丸滝谷の沢に出る。
2016年11月10日 09:37撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路が無くなると、丸滝谷の沢に出る。
大雨の影響か、あちこちがえぐれている。通行は可。
2016年11月10日 09:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雨の影響か、あちこちがえぐれている。通行は可。
1
沢をさかのぼる。
2016年11月10日 09:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢をさかのぼる。
土砂が流されて、岩肌が剥き出しに。通行し難いところもあった。
2016年11月10日 09:42撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土砂が流されて、岩肌が剥き出しに。通行し難いところもあった。
1
という訳で、最初の滝を巻く手前から登山道にもどる。
2016年11月10日 09:43撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
という訳で、最初の滝を巻く手前から登山道にもどる。
1
再び沢に入って進む。
2016年11月10日 09:51撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び沢に入って進む。
1
三叉路。左の滝方向が石ブテ東谷、中央が中尾の背、右の沢が丸滝谷。
2016年11月10日 09:56撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三叉路。左の滝方向が石ブテ東谷、中央が中尾の背、右の沢が丸滝谷。
2
滝の右側の尾根を登る。トラロープがあるので、それを使用。登りでもロープ使わないと、かなり危ない。それほど急です。
2016年11月10日 09:57撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の右側の尾根を登る。トラロープがあるので、それを使用。登りでもロープ使わないと、かなり危ない。それほど急です。
1
表示あり。
2016年11月10日 09:59撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表示あり。
1
しばらく急登続きます。中尾の背は金剛山三大急登の一つ。
2016年11月10日 10:08撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく急登続きます。中尾の背は金剛山三大急登の一つ。
2
紅葉は樹間から。
2016年11月10日 10:24撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は樹間から。
2
いつの間にか、ベンチがしつらえてありました。周辺は大規模に笹枯れ中。
2016年11月10日 10:27撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつの間にか、ベンチがしつらえてありました。周辺は大規模に笹枯れ中。
1
木々の間から、対岸の紅葉。
2016年11月10日 10:29撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から、対岸の紅葉。
2
もどかしい。が、こらは想定内。
2016年11月10日 10:35撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もどかしい。が、こらは想定内。
2
対岸は石ブテ尾根。
2016年11月10日 10:45撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸は石ブテ尾根。
1
目視ではかなり紅葉(黄葉)が判るのだが、写真ではいまひとつ。
2016年11月10日 10:54撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目視ではかなり紅葉(黄葉)が判るのだが、写真ではいまひとつ。
2
赤もところどころ。
2016年11月10日 10:54撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤もところどころ。
2
傾斜が落ち着いてくるので、ゆっくりあたりを見回す。
2016年11月10日 10:58撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が落ち着いてくるので、ゆっくりあたりを見回す。
1
左の石ブテ東谷(勘助屋敷)へ降りる分岐が出て来ると、中尾の背はあと少し。このあたりの笹は健在でした。
2016年11月10日 10:59撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の石ブテ東谷(勘助屋敷)へ降りる分岐が出て来ると、中尾の背はあと少し。このあたりの笹は健在でした。
1
このあたりから、どんどん紅葉が。
2016年11月10日 11:05撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから、どんどん紅葉が。
2
それでも木々の間からしか見えない。
2016年11月10日 11:09撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも木々の間からしか見えない。
3
こちらも。
2016年11月10日 11:11撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも。
1
こっちも。
2016年11月10日 11:13撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちも。
2
ようやく中尾の背は終わり。丸滝谷からの道に合流。
2016年11月10日 11:21撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく中尾の背は終わり。丸滝谷からの道に合流。
少し登って石ブテ尾根からの道に合流。
2016年11月10日 11:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登って石ブテ尾根からの道に合流。
1
この表示はかなり前からあり。
2016年11月10日 11:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この表示はかなり前からあり。
六道の辻。ここからはメイン道路。
2016年11月10日 11:27撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六道の辻。ここからはメイン道路。
1
大日岳へ向かう途中で、霜柱発見。
2016年11月10日 11:35撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳へ向かう途中で、霜柱発見。
1
大日岳から大峰山が見える。
2016年11月10日 11:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳から大峰山が見える。
1
大峰山には冠雪(又は霧氷)があったもよう。
2016年11月10日 11:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰山には冠雪(又は霧氷)があったもよう。
3
八経ヶ岳。上部は白く見えます。
2016年11月10日 11:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳。上部は白く見えます。
3
大日岳の木も紅葉進んでました。
2016年11月10日 11:40撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳の木も紅葉進んでました。
2
落葉の道。
2016年11月10日 11:41撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落葉の道。
2
途中の紅葉は終盤。
2016年11月10日 11:43撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の紅葉は終盤。
2
売店前のモミジは散り急ぎ。昨日よりずいぶん葉が落ちている。
2016年11月10日 11:47撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
売店前のモミジは散り急ぎ。昨日よりずいぶん葉が落ちている。
4
どなたかのレコを真似てみました。
2016年11月10日 11:47撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どなたかのレコを真似てみました。
9
山頂は3℃。風が無いので昨日より暖かい。
2016年11月10日 11:48撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は3℃。風が無いので昨日より暖かい。
2
山頂は曇り空。
2016年11月10日 11:50撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は曇り空。
4
大阪方面。
2016年11月10日 11:50撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪方面。
4
アップすると六甲山がかすかに見える。雲海の向こうにあるような感じ。
2016年11月10日 11:50撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップすると六甲山がかすかに見える。雲海の向こうにあるような感じ。
1
山頂では氷が張ってました。
2016年11月10日 11:51撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂では氷が張ってました。
4
それほど寒く無いので、ゆっくり昼食。
2016年11月10日 11:59撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それほど寒く無いので、ゆっくり昼食。
3
12時のライブカメラ。右端でストック振ってます。
2016年11月10日 12:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時のライブカメラ。右端でストック振ってます。
5
昼食後、転法輪寺を散策。
2016年11月10日 12:53撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食後、転法輪寺を散策。
ここの石鉢の水も凍ってます。夜は−2℃近くまで下がったようです。
2016年11月10日 12:53撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの石鉢の水も凍ってます。夜は−2℃近くまで下がったようです。
9
気温がマイナスになると、紅葉は終わりで葉が散って行きます。
2016年11月10日 12:55撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温がマイナスになると、紅葉は終わりで葉が散って行きます。
3
もう一度山頂広場に戻ると、青空が見えて来ました。
2016年11月10日 12:58撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度山頂広場に戻ると、青空が見えて来ました。
5
ついでに13時のライブカメラに写ります。
2016年11月10日 13:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついでに13時のライブカメラに写ります。
4
青空を仰いで。さて下りますか。
2016年11月10日 13:04撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空を仰いで。さて下りますか。
3
六道の辻。ここから石ブテ尾根を目指します。
2016年11月10日 13:21撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六道の辻。ここから石ブテ尾根を目指します。
落ち葉を踏みしめて。
2016年11月10日 13:27撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉を踏みしめて。
2
石ブテ尾根の紅葉も木々の間から。
2016年11月10日 13:32撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ブテ尾根の紅葉も木々の間から。
2
赤もあります。
2016年11月10日 13:36撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤もあります。
2
木々の間から、隣の山肌が見えます。
2016年11月10日 13:40撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から、隣の山肌が見えます。
2
向かいの葛城山山頂方面。
2016年11月10日 13:49撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かいの葛城山山頂方面。
2
石ブテ尾根も昨年からササ枯れ中。
2016年11月10日 13:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ブテ尾根も昨年からササ枯れ中。
2
47番標識からは左に行きます。
2016年11月10日 13:57撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
47番標識からは左に行きます。
次の分岐は新道では無く、旧道(右)にしました。
2016年11月10日 14:02撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の分岐は新道では無く、旧道(右)にしました。
石ブテ尾根も金剛山三大急登の一つ。しっかり下って行きます。写真で見る感じより、はるかに傾斜があります。
2016年11月10日 14:05撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石ブテ尾根も金剛山三大急登の一つ。しっかり下って行きます。写真で見る感じより、はるかに傾斜があります。
1
マムシ草の実。
2016年11月10日 14:06撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシ草の実。
1
これは何でしょう。
2016年11月10日 14:12撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは何でしょう。
2
下道が見えてきました。
2016年11月10日 14:27撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下道が見えてきました。
林道に到着。中央から降りて来ました。右は新道へ降りた時の連絡路。
2016年11月10日 14:28撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に到着。中央から降りて来ました。右は新道へ降りた時の連絡路。
1
アワコガネギク(泡黄金菊)だけが元気。
2016年11月10日 14:30撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アワコガネギク(泡黄金菊)だけが元気。
2
アップ。
2016年11月10日 14:30撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップ。
2
隣の青い実は何か??
2016年11月10日 14:30撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣の青い実は何か??
1
ガードレールをへし曲げた落石。こんなのに当たったら、ひとたまりもありません。
2016年11月10日 14:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガードレールをへし曲げた落石。こんなのに当たったら、ひとたまりもありません。
1
そして、さわんどに到着。トイレが目印。
2016年11月10日 14:43撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、さわんどに到着。トイレが目印。
トイレの横に靴洗い場があります。
2016年11月10日 14:44撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレの横に靴洗い場があります。
1
さわんど茶屋は月・木休み。本日は閉店中。
2016年11月10日 14:48撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さわんど茶屋は月・木休み。本日は閉店中。
1
撮影機材:

感想/記録
by abek3

 昨日に続いて金剛山の紅葉見物。本日は中尾の背と石ブテ尾根の斜面の紅葉を見るために、上り下りしてみた。
 昨年もそうだったが、両方の尾根ともに紅葉は木々の間からしか見る事ができない。開けた場所のない尾根道なので、これは仕方がない。
 中尾の背、石ブテ尾根ともに金剛山の三大急登。登りではしっかりアキレス腱を伸ばし、下りでは靴底をしっかり押し付けた。足は疲れるが、登った感のある行程は楽しい。
 昨日に比べて風も無く、気温も少し上がって山頂広場でまったりと時間を過ごす。登山客も昨日より多かった。
 夜間は山頂部で気温がマイナスとなり、上部の紅葉は終わりが近い。氷が張っていたり、霜柱があったりで、季節はもうすぐ冬へ。明日以降少し気温が上ってくるそうだが、来週以降は再び寒気が来そうである。冬が来る前に紅葉を楽しんでおきたい。
訪問者数:137人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ