ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1004637 全員に公開 ハイキング比良山系

堂満岳〜青空と紅葉を堪能

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー wildyukky
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
JR湖西線の比良駅を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間17分
休憩
40分
合計
5時間57分
S比良駅10:3311:04桜のコバ11:0511:47ノタノホリ13:41堂満岳14:1714:41東レ新道分岐14:4214:53金糞峠14:5415:26青ガレ15:46大山口15:59イン谷口16:03桜のコバ16:0416:30比良駅16:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
比良駅〜堂満岳登山口
アスファルト道を進んで、神社を巻いて、別荘地を抜け、湖西道路をくぐり、山道に入るとイン谷口との分岐が堂満岳登山口この桜のコバです。

堂満岳登山口〜ノタノホリ
しばらく歩くと山小屋が並んでる場所がありアスファルト道に出ますが、直ぐに登山道に。つづら折れの急坂を登っていきます。直ぐに緩やかな登りになり沢が現れます。沢の合流地点は広くなっており、登り口は右手にありますが少し分かりにくいかもしれません。そこから登りつめるとノタノホリ。

ノタノホリ〜堂満岳
ノタノホリから少し登るとP615の巻道は平坦な快走路。ほとんどアップダウンはありません。見事な位です。それが済むと沢と合流して沢道を進みます。沢道は直ぐに無くなりここから急坂。登りつめると自然林の気持ちのいい登山道になります。
自然林の部分は少しルートが分かりにくいです。適当に進んだ部分もあります。

堂満岳〜金糞峠
堂満岳から直ぐは石楠花の群生地。台高山脈の赤山のようにくぐらないといけないところはないので楽に進めました。しばらく快適な自然林が続き、武奈ヶ岳や釈迦岳が展望できる場所もありました。
金糞峠近くは普通の登山道。

金糞峠〜イン谷口
青ガレは思ってたより全然歩きやすかったです。しかし浮足を踏んだり掴んだりしないようには注意しました。
最上部の堰堤は巻道を逃して直前まで進んでしまいましたが、左の斜面上に見えたので、急坂を無理やり直登して復帰しました。その後もルーファイはある程度必要でしたが、難しいところはなかったです。しかし初心者同士では来ない方が良いかと思います。

イン谷口〜比良駅
舗装された道で比良駅に戻ります。

写真

比良駅から出発。早速堂満岳が出迎えてくれました。
2016年11月12日 10:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比良駅から出発。早速堂満岳が出迎えてくれました。
5
桜のコバに到着しました。真っ直ぐ行けばイン谷口ですが、ここは左折して堂満岳方面へ。
2016年11月12日 11:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜のコバに到着しました。真っ直ぐ行けばイン谷口ですが、ここは左折して堂満岳方面へ。
標高が低い部分も木の種類によっては紅葉してました。
2016年11月12日 11:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が低い部分も木の種類によっては紅葉してました。
2
桜のコバから直ぐの所で橋を渡ります。今日は登山靴ではなく、靴底が滑りやすいトレッキングシューズだったので沢を渡りました。
2016年11月12日 11:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜のコバから直ぐの所で橋を渡ります。今日は登山靴ではなく、靴底が滑りやすいトレッキングシューズだったので沢を渡りました。
沢を渡ると山小屋が見えます。
2016年11月12日 11:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡ると山小屋が見えます。
山小屋が立ち並ぶ一角で舗装路に合流しますが、すぐにまた山道になります。この分岐は左上へ。
2016年11月12日 11:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山小屋が立ち並ぶ一角で舗装路に合流しますが、すぐにまた山道になります。この分岐は左上へ。
苔の天国。
2016年11月12日 11:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔の天国。
1
沢に合流します。
2016年11月12日 11:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に合流します。
色とりどりの紅葉。
2016年11月12日 11:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色とりどりの紅葉。
7
ノタノホリに辿り着きました。
2016年11月12日 11:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノタノホリに辿り着きました。
思ってたよりも大分広かったです。鈴鹿のセキオノコバの大きな池に比べても大分大きい感じでした。
2016年11月12日 11:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思ってたよりも大分広かったです。鈴鹿のセキオノコバの大きな池に比べても大分大きい感じでした。
2
驚く程平坦なP615の巻道。しかもかなり長く続きます。
2016年11月12日 11:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
驚く程平坦なP615の巻道。しかもかなり長く続きます。
しばらくすると沢に合流。ここからつづら折れに登っていきます。
2016年11月12日 12:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくすると沢に合流。ここからつづら折れに登っていきます。
サルノコシカケ。
2016年11月12日 12:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サルノコシカケ。
2
この辺りからの紅葉が綺麗でした。
登山道も開けた雰囲気の良い自然林になってきます。
2016年11月12日 12:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りからの紅葉が綺麗でした。
登山道も開けた雰囲気の良い自然林になってきます。
1
オレンジと黄色。
2016年11月12日 12:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オレンジと黄色。
2
今回は何回もわざわざ登山道を外れて写真を撮りにいきました。
2016年11月12日 12:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は何回もわざわざ登山道を外れて写真を撮りにいきました。
1
つづら折りを登ると平坦地に着きます。ここからの自然林はさらに雰囲気が良くなります。紅葉の時期以外でも全然楽しめる感じ。
2016年11月12日 12:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つづら折りを登ると平坦地に着きます。ここからの自然林はさらに雰囲気が良くなります。紅葉の時期以外でも全然楽しめる感じ。
見上げてばかりで首が痛くなってきました。
2016年11月12日 12:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げてばかりで首が痛くなってきました。
3
自然林の様子。全体的に紅葉していてとても綺麗でした。
2016年11月12日 12:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然林の様子。全体的に紅葉していてとても綺麗でした。
1
いい感じの自然林。
2016年11月12日 12:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じの自然林。
1
グラデーション。
2016年11月12日 12:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グラデーション。
3
あまりにも上を見上げ過ぎてルートが一瞬わからなくなったり。
2016年11月12日 12:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりにも上を見上げ過ぎてルートが一瞬わからなくなったり。
6
綺麗に赤色が撮れました。
2016年11月12日 12:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗に赤色が撮れました。
1
登山道も歩きやすい。この辺りも若干ルートが分かりづらい感じでした。
2016年11月12日 12:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道も歩きやすい。この辺りも若干ルートが分かりづらい感じでした。
この赤も強力。
2016年11月12日 12:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この赤も強力。
1
いいお天気でした。
2016年11月12日 12:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいお天気でした。
見事。
2016年11月12日 13:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事。
3
別の角度から。
2016年11月12日 13:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別の角度から。
2
黄色も良いです。
2016年11月12日 13:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色も良いです。
2
標高900m付近。この辺りからは種類によっては完全に落葉してました。
2016年11月12日 13:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高900m付近。この辺りからは種類によっては完全に落葉してました。
洞が良い感じ。
2016年11月12日 13:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞が良い感じ。
900m超えても紅葉は楽しめます。
2016年11月12日 13:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
900m超えても紅葉は楽しめます。
1
紅葉がピークの木もありました。
2016年11月12日 13:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉がピークの木もありました。
2
その後の凄まじい急登の後で堂満岳に到着。
2016年11月12日 13:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後の凄まじい急登の後で堂満岳に到着。
琵琶湖の展望がありました。
2016年11月12日 13:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖の展望がありました。
1
福井県の岩籠山登山以来の六甲山縦走弁当です。
2016年11月12日 13:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福井県の岩籠山登山以来の六甲山縦走弁当です。
1
いただきます。
2016年11月12日 13:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いただきます。
3
金糞峠に向かいます。
2016年11月12日 14:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金糞峠に向かいます。
コヤマノ岳に阻まれた武奈ヶ岳。
2016年11月12日 14:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤマノ岳に阻まれた武奈ヶ岳。
1
釈迦岳。
2016年11月12日 14:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦岳。
2
しばらく心地よい自然林。
2016年11月12日 14:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく心地よい自然林。
比良山縦走路での紅葉。
2016年11月12日 14:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比良山縦走路での紅葉。
P999。
2016年11月12日 14:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P999。
1
金糞峠に到着。沢山の人が休憩していました。
2016年11月12日 14:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金糞峠に到着。沢山の人が休憩していました。
ガレガレです。浮石を踏まないように。
2016年11月12日 15:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレガレです。浮石を踏まないように。
青ガレ。
2016年11月12日 15:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青ガレ。
難しくはなかったですがルーファイは必要。
2016年11月12日 15:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難しくはなかったですがルーファイは必要。
透明な水です。
2016年11月12日 15:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
透明な水です。
1
青ガレの小滝。
2016年11月12日 15:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青ガレの小滝。
比良駅に到着。
堂満岳に見送られて。
2016年11月12日 16:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比良駅に到着。
堂満岳に見送られて。
1
撮影機材:

感想/記録

今週の水曜日は凄く寒かったので風邪をひいてしまい。まだまだ完治はしてませんでしたが、快晴なのと比良山系の紅葉が良さそうだったので堂満岳に登ってきました。みなさんのレコを見て武奈ヶ岳の紅葉はピークを超えてそうだったので、200m程標高が低い堂満岳に登る事にしましたが、これが当たりでした。

風邪気味なのでセットした目覚ましを消してしまい、予定より一時間以上出発が遅れた為、比良駅に到着したのは10時30分過ぎでした。

良い天気の中イン谷口方面へ向かいます。桜のコバの分岐で左折し、堂満岳方面へ。山小屋が立ち並ぶ一角を通り過ぎるとつづら折れに急坂を登ります。途中沢が合流する広い場所があるのですが、少し登山口が分かりにくい感じでした。

ノタノホリは想像してたより大分大きな池でした。雰囲気も良かったです。

そこから少し坂を登ってP615を巻いて進むのですが、その巻道が驚く程平坦でした。快適に進んでいきます。

沢道からは急坂。登りつめると綺麗な自然林でした。この自然林の部分、標高700m〜900m位が一番紅葉が綺麗でした。
雰囲気も抜群なので気持ちよく進んでいくと堂満岳の山頂直下の強烈な急登。時折手も使って、ゆっくりと登ってようやく頂上。琵琶湖の展望もあるのでランチタイムにしました。
山頂では中学生と引率の先生も登ってきてました。

食事と景観を堪能した後は金糞峠に向かいます。まずは石楠花の中を突き進む感じですが、整備されているので楽に進むことができました。台高山脈の赤山の石楠花のようにくぐったりしなくても大丈夫です。そこからも展望の良い自然林が続いて景観を楽しむ事ができました。

金糞峠ではシニアの団体の方が休憩されていて、さらに八雲ヶ原方面から3人のパーティが登ってきたので、休憩もそこそこに青ガレ方面へ。最上部の堰堤の巻道は堰堤直前から斜面を上ってルートに復帰しました。
青ガレ自体は思ってたよりも難しくはなく、浮石に注意しながら進みました。ある程度のルーファイは必要です。

やはり比良山系はいい山が多いです。紅葉も堪能できて良かったです。次はリトル比良辺りに行きたいところです。

訪問者数:251人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ