ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1004671 全員に公開 ハイキング富士・御坂

御坂マッターホルン・釈迦ヶ岳 − とんがり山の頂へ@上芦川

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー Hassie2999
天候11/12:晴れ(山は高曇り)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◆自家用車
すずらんの森駐車場(100台−無料)
※上芦川林道はスズラン祭の際にバスが通るため道幅は広い
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間43分
休憩
26分
合計
3時間9分
S釈迦ヶ岳登山口09:2909:51作業道終点09:5210:40釈迦ヶ岳11:0511:42府駒山12:11スズラン群生地駐車場12:38釈迦ヶ岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
歩行距離:5.8km(林道歩き約2.5km)
累積標高差(登り):484m
累積標高差(下り):469m
コース状況/
危険箇所等
◆危険箇所
釈迦ヶ岳山頂直下
西尾根/切れ落ちた岩場にロープあり
東尾根/痩せ尾根の急坂にロープあり

写真

釈迦ヶ岳登山口
(標高:1125m)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳登山口
(標高:1125m)
2
林道沿いに
駐車スペースがある
今日は10台停まっていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道沿いに
駐車スペースがある
今日は10台停まっていた
2
登山口から作業道に入る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から作業道に入る
2
暫く作業道を歩く
ジムニーなら
入っていけそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く作業道を歩く
ジムニーなら
入っていけそう
2
カエデの赤が映える
山で見る紅葉は
今年はこれが初めて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエデの赤が映える
山で見る紅葉は
今年はこれが初めて
3
針葉と紅葉の
混生帯に入ってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉と紅葉の
混生帯に入ってきた
2
ようやく登山道入口
(標高:1305m)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく登山道入口
(標高:1305m)
2
尾根上を登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上を登る
1
広い尾根に出る
落葉で不明瞭気味だが
稜線を目指せば良い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い尾根に出る
落葉で不明瞭気味だが
稜線を目指せば良い
1
稜線が見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線が見えてきた
1
釈迦ヶ岳と神座山のコル
(標高:1470m)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳と神座山のコル
(標高:1470m)
2
御坂山塊の稜線歩き
釈迦ヶ岳西尾根を登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御坂山塊の稜線歩き
釈迦ヶ岳西尾根を登る
1
檜峰ルートと合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜峰ルートと合流
2
露岩が濡れて滑りやすい
遠目で見ると
ロープがヘビに見えて
とても驚いた(汗)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露岩が濡れて滑りやすい
遠目で見ると
ロープがヘビに見えて
とても驚いた(汗)
2
釈迦ヶ岳の南西稜
屏風岩が荒々しい
次第に道も切り立ってくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳の南西稜
屏風岩が荒々しい
次第に道も切り立ってくる
4
西尾根の核心部
落石に注意するが
岩場慣れしていれば
特に難しくはない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西尾根の核心部
落石に注意するが
岩場慣れしていれば
特に難しくはない
2
釈迦ヶ岳(標高:1641m)
山頂にひょっこり出る
4組の登山者が
ゆっくり過ごされていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳(標高:1641m)
山頂にひょっこり出る
4組の登山者が
ゆっくり過ごされていた
3
山梨百名山の標柱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨百名山の標柱
2
農鳥岳と間ノ岳を遠望
甲府側は高曇り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳と間ノ岳を遠望
甲府側は高曇り
2
富士の眺望を楽しみながら
昼食を摂った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士の眺望を楽しみながら
昼食を摂った
2
霊峰富士を背後にして
寄り添う夫婦地蔵
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊峰富士を背後にして
寄り添う夫婦地蔵
1
五合目まで冠雪
雪化粧した富士は
とても美しく見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目まで冠雪
雪化粧した富士は
とても美しく見える
4
府駒山へ続く稜線
甲府側はガスが沸き立ち
何も見えなくなった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
府駒山へ続く稜線
甲府側はガスが沸き立ち
何も見えなくなった
1
東尾根の核心部
尾根も痩せている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根の核心部
尾根も痩せている
3
ようやく甲府盆地を
俯瞰できるようになり
リニアの架線も見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく甲府盆地を
俯瞰できるようになり
リニアの架線も見えた
1
府駒山(標高:1562m)
眺望はほとんどない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
府駒山(標高:1562m)
眺望はほとんどない
1
快適な稜線歩き
広葉樹ばかりなので
紅葉期は良さそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な稜線歩き
広葉樹ばかりなので
紅葉期は良さそう
2
鞍部の分岐(標高:1500m)
稜線はどんべえ峠へ続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部の分岐(標高:1500m)
稜線はどんべえ峠へ続く
1
支尾根を下って行く
落ち葉がふかふかして
とても歩きやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支尾根を下って行く
落ち葉がふかふかして
とても歩きやすい
1
すずらんの森の登山口
(標高:1350m)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらんの森の登山口
(標高:1350m)
2
すずらんの森駐車場
100台以上は駐車できそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらんの森駐車場
100台以上は駐車できそう
2
すずらん群生地
5月下旬頃から最盛期
来年は訪れたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すずらん群生地
5月下旬頃から最盛期
来年は訪れたい
2
林道は12月まで舗装工事中
歩道整備もされるようで
安全に歩けるようになる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は12月まで舗装工事中
歩道整備もされるようで
安全に歩けるようになる
2
芦川の秋景
今年は山で紅葉を楽しめた
印象がなかったので
足を止められた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦川の秋景
今年は山で紅葉を楽しめた
印象がなかったので
足を止められた
2
2.5kmほど舗装路を歩く
紅葉の中を歩くため
あまり苦にならず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2.5kmほど舗装路を歩く
紅葉の中を歩くため
あまり苦にならず
2
銀杏並木の下は
黄金色の絨毯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀杏並木の下は
黄金色の絨毯
2
スズランの街灯
下から覗き込むと
顔が描いてある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スズランの街灯
下から覗き込むと
顔が描いてある
2

感想/記録

甲府市街から御坂山地へ目を凝らすと、ひときわ尖った山を確認できます。
その山容がまるで、北鎌尾根を從えた槍ヶ岳のように見えるため
御坂槍と呼ぶ方もいらっしゃいます。
個人的には勝手に御坂マッターホルンと名付けて、大きく出る事にしました(笑)

今日は晴れ予報でしたが、前日の雨が残って湿度が上がり
残念な高曇りとなってしまいました(^^ゞ
午後から歩き出した方が眺望を楽しめたかもしれないと感じました。
9月中旬くらいのポカポカ陽気となり、
久しぶりに汗が滲み出る山歩きとなりました。

落葉樹が多い山地なので、紅葉期に当たると良さそうです☆
今ではすっかり落葉が進んで、木漏れ日が眩しい稜線歩きでした。
山頂からは富士の眺望が素晴らしく、
冠雪の進んだ冬富士を望むこれからも登山適期でしょう。
来年はスズラン最盛期に訪れて、
御坂山塊最高峰である黒岳(1793m)を歩いてみようかなぁ…と思います。
訪問者数:132人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ