ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1004858 全員に公開 ハイキング四国

佐々連尾山〜大森山

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー chubei
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・中川峠登山ルート(白髪隧道横駐車)
・松山から国道11号で四国中央市入りし、国道319号〜法皇トンネルを越え平野橋を別子
 方面に右折し、県道6号〜県道126号で本山町方面へ25分ほど走ると白髪隧道に着きま
 すので、それを越えたすぐの右手に駐車スペースあります。
 →本山町方面への県道264号線は災害による路肩崩落のため車両での通り抜け出来ませ
  ん(駐車場所の横に通行止めのバリケードあります〜現時点で復旧未定)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間4分
休憩
0分
合計
6時間4分
Sスタート地点08:2711:38尾根取付14:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
08:07駐車場所着〜準備
08:28移動開始〜県道264号坂瀬吉野線
08:35観察点11トンネル下(伊予谷)標識
08:46第二号坂瀬隧道
08:49第一号坂瀬隧道
09:04観察点10中谷標識
09:09坂瀬林道起点〜林道
09:25水路橋
09:37カーブミラー
09:40起点より2km標識
09:47国土交通省汗見雨量観測所
10:05水路・小屋・砂防ダム
10:08小屋
10:10起点より4km標識
10:16佐々連尾山登山口
10:27小渡渉点
10:34林道合流
10:36登山道
10:40中川峠
10:47あすなろ峠
11:58佐々連尾山ピーク(大平三等三角点)(1,404.20m)〜昼食
12:45登山再開
13:00ロープ場
13:05ロープ場
13:19大森山ピーク(1,433m)
13:22下山開始
14:02林道ロープ柵
14:05猿田峠(登山道道標)
14:13四国電力鉄塔管理道分岐
14:20登山道道標
14:28県道合流
14:30駐車場所戻
コース状況/
危険箇所等
・中川峠から佐々連尾山までは全体的に道薄いですが、変色はしているものの何とかテー
 プもありますので見落とさないようにすれば大丈夫です。
 →あすなろ峠を越えてからは身長丈の笹漕ぎが続きますが、むしろ「笹トンネル」のイ
  メージでくぐっていく方が早いと思います(背中に相当笹が入りましたけど)
・大森山からの下山道はコンタ通り結構急ですので(ロープ場多々有)ご注意を。
その他周辺情報・帰途、金砂湖、翠波高原、具定展望台等の観光スポットがあります。

装備

個人装備 登山靴(H) ザック(S) 1/25000地形図 コンパス GPS デジカメ 小型三脚 筆記具 腕時計 スマホ 懐中電灯 ヘッドライト 単三電池 ファーストエイドキット ホイッスル ウインドブレーカー レインウェア キャップ ポール(D) インナー手袋 軍手 インスタント麺 レトルト食品 スティックコーヒー ナルゲン1L 行動食 アミノバイタル ドリンクゼリー シングルバーナー ボンベ(S) ウインドスクリーン アウトドア鍋 コップ ハイドレーション(1L) ミニチェアー お膳 タオル サポーター

写真

坂瀬林道入口で見かけた鮮やかな紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂瀬林道入口で見かけた鮮やかな紅葉
2
入口をススキ群がふさぐ坂瀬林道からの佐々連尾山登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口をススキ群がふさぐ坂瀬林道からの佐々連尾山登山口
1
佐々連尾山のピーク直前に広がる気持ちの良い低笹群
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐々連尾山のピーク直前に広がる気持ちの良い低笹群
3
佐々連尾山ピーク(三等三角点)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐々連尾山ピーク(三等三角点)
2
登山道中に広がる絶景(左に歩いてきた佐々連尾山、右にこれから目指す大森山)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道中に広がる絶景(左に歩いてきた佐々連尾山、右にこれから目指す大森山)
1

感想/記録
by chubei

・四国百名山:佐々連尾山(三等三角点)
・当初は逆のルートでのハイキングを考えていたのですが、佐々連尾山〜中川峠〜林道登
 山口間の登山道がちゃんとしてるかどうか不安だったため(このあたりがかなり滑る地
 層なので)万が一道が無くなっていたり、草木に覆われまくっていて進行出来なかった
 としても後戻りできるようにと(ビビリです)中川峠からの登山に計画変更しました。
 →登山口までの舗装路〜林道を歩く距離が結構長かったのでスタミナを温存するため景
  色を楽しみながらのんびりと歩きました。
・とにかく笹漕ぎの連続で、ワサワサと舞い立つ埃のせいで鼻水ズルズルになりました。
 →道中何度も振り返り景色を確認しながら下山したのですが、中川峠ルートから見た景
  色のほうが圧倒的に良かったです(と思わせてください・・・笑)
・双座とも、ピークからよりもその両座間からの360度の眺望に座布団5枚です!
 →後から来られた川之江からのお二人とハイキング前に駐車場所で楽しくお話させてい
  ただきました、ありがとうございました。
訪問者数:76人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 紅葉 ロープ場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ