ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1004863 全員に公開 ハイキング近畿

長浜市余呉町小原〜廃村で聞く昔の暮らしとトチノキ林の観察〜

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー churabana, その他メンバー9人
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
北陸自動車道木之本IC出口 東側の広場集合

木之本ICから国道365号、滋賀県道285号中河内木之本線(なかこうちきのもとせん)を進み、滋賀県長浜市余呉町菅並区から、北海道(きたかいどう)トンネルを通り、小原区へ進んだ。ダム建設用トンネルとして造られたが、ダムが出来ず、一般車両は通行止。
 
長浜市余呉町小原区 (丹生ダム建設により1995年に廃村、2014年(平成26年)1月16日に、ダム建設を中止)
集落跡に駐車させていただく。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間5分
休憩
0分
合計
2時間5分
Sスタート地点10:2412:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小原のトチノキ林へは、登山道は整備されていますが、急登もあります。
いきものふれあい室・生物多様性保全活動支援センターの観察会として、見学させていただきました。
その他周辺情報「高時川源流の森と文化を継承する会」
http://takatokigawa-keisyou.jimdo.com/
小原かごに関して 
独立行政法人 水資源開発機構 丹生ダム資料館
http://www.water.go.jp/kansai/niu/html/museum.html
特集 小原かご
http://www.water.go.jp/kansai/niu/html/topics/region/090330_oharakago.pdf
小原かごを復活させる会
http://www.water.go.jp/kansai/niu/html/topics/region/090127_ohara_kouen.html

写真

小原区集落跡
2016年11月12日 10:21撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小原区集落跡
2
安蔵山
2016年11月12日 10:21撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安蔵山
3
水場 集落の真ん中、十字路の脇にあたります。井戸端会議が聞こえてきそう。
2016年11月12日 10:22撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場 集落の真ん中、十字路の脇にあたります。井戸端会議が聞こえてきそう。
2
横山岳の西尾根
2016年11月12日 10:22撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横山岳の西尾根
半鐘跡にベンチ
2016年11月12日 10:23撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半鐘跡にベンチ
皮はぎ
2016年11月12日 10:44撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皮はぎ
1
合歓の木が被害にあっていました。
2016年11月12日 10:44撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合歓の木が被害にあっていました。
ナツエビネ 夏の花あとが残っているかどうかで見分けるそうです。
2016年11月12日 10:53撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナツエビネ 夏の花あとが残っているかどうかで見分けるそうです。
山の神 立派な杉の木
2016年11月12日 11:03撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神 立派な杉の木
トキワイカリソウ
2016年11月12日 11:15撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トキワイカリソウ
イタヤカエデ 黄葉バッチリ 小原かごの材料になる木です。これは、大きくなりすぎているそうです。
2016年11月12日 11:30撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イタヤカエデ 黄葉バッチリ 小原かごの材料になる木です。これは、大きくなりすぎているそうです。
4
今日は、高時川源流の森と文化を継承する会 会長の太々野さんから、お話を伺います。写真の女性は、会のメンバーの方です。
2016年11月12日 11:35撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、高時川源流の森と文化を継承する会 会長の太々野さんから、お話を伺います。写真の女性は、会のメンバーの方です。
1
昨年にはなかった熊の爪痕。
2016年11月12日 11:37撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年にはなかった熊の爪痕。
1
洞で冬眠しているのでしょうね。
2016年11月12日 11:37撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞で冬眠しているのでしょうね。
2
青空に黄葉もはえます。
2016年11月12日 11:37撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に黄葉もはえます。
1
403cmの巨木です。
2016年11月12日 11:37撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
403cmの巨木です。
2
谷向かいの斜面は、トチの巨木林
2016年11月12日 11:38撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷向かいの斜面は、トチの巨木林
小原集落の上にあたります。雪崩防止林の役目もあります。これより上部では、ブナの大木が見られるそうです。このブナも雪崩防止林の役目を負っています。
2016年11月12日 11:41撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小原集落の上にあたります。雪崩防止林の役目もあります。これより上部では、ブナの大木が見られるそうです。このブナも雪崩防止林の役目を負っています。
イタヤカエデの葉。
2016年11月12日 12:00撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イタヤカエデの葉。
1
小原かご作成に使う小刀。太々野さんが先輩からもらい受けたそうです。手入れが行き届いています。
2016年11月12日 14:12撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小原かご作成に使う小刀。太々野さんが先輩からもらい受けたそうです。手入れが行き届いています。
イタヤカエデの材をかごが編めるように、薄くしていく。
2016年11月12日 14:14撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イタヤカエデの材をかごが編めるように、薄くしていく。
2
年輪を見極めて、薄くしていくそうです。(椅子に座っておられますが・・・)
2016年11月12日 14:14撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
年輪を見極めて、薄くしていくそうです。(椅子に座っておられますが・・・)
4
折れないように、手で力加減を調節しながらするそうです。昔は、冬場の仕事。囲炉裏の前で座ってする仕事なので、この作業姿勢も重要なのです。
2016年11月12日 14:16撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折れないように、手で力加減を調節しながらするそうです。昔は、冬場の仕事。囲炉裏の前で座ってする仕事なので、この作業姿勢も重要なのです。
3
厚みを整えていかれます。
2016年11月12日 14:17撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
厚みを整えていかれます。
1
撮影機材:

感想/記録

青空が広がる山日和。
余呉の山々は、どこを歩いてもため息の出そうな黄葉&紅葉の稜線が続いていました。

〜廃村で聞く昔の暮らしとトチノキ林の観察〜
長浜市余呉町小原を今年も訪れました。
小原は、高時川の源流の谷あいにある小さな集落です。
丹生ダム建設計画により1995年に廃村となりました。
2014年(平成26年)1月16日には、ダム建設計画が中止され、今に至ります。
こちらでも、トチノキの巨木がたくさんあり、県下最大の巨木もこの近くにあります。「高時川源流の森と文化を継承する会」が結成され、巨木の保全とともに、暮らしの文化を継承する活動をされています。

小原のトチノキは、食料として残されてきたし、雪崩防止林としても保全されてきました。谷筋に20〜30本のトチノキが見られます。
さらに上部には、ブナの木の巨木も残されています。
よく観察すると、このブナの木の両サイドは、切られて炭の材料にされています。集落に危険を及ぼす範囲は、雪崩防止林として保全されたことがこのことからも分かるそうです。

お昼を、小原集落跡でたべて、午後からは、高時川源流の森と文化を継承する会会長の太々野さんからお話を伺いました。
明治のころは、20件ほどの集落で、昭和の始め、太々野さんが生まれたころは10件ほど、移住前は9件だったそうです。今日、通ってきたような車道は、もともとはなく、尾根の中腹辺りを、トラバースしながら、高時川を渡らずに済むよむように山道をあるいて、菅並まで出たそうです。牛や、馬が通れるほどの幅はあったそうですが、大岩があれば高巻くし、登ったり下ったり、大変だったそうです。

小原かごつくりは、冬の間の仕事だったそうです。
とはいえ、わらじや草履は30足以上作ったし、炭俵は300、かやの俵も300、わらぐつは2,3足、わら縄70〜80kg作ってから、かかる仕事だったそうです。積雪が多ければ、雪かきに時間がとられるし、全く作っていない年もあったそうです。東浅井の方に、養蚕のための桑の葉を入れるかごとして、たくさん残っているのと違うかとのことでした。しっかり編み込んだかごは、水が汲めるそうです。
材料は、イタヤカエデを使うそうです。
鉈を入れる鉈かごには、ヤマモミジを使うそうです。これは、しなやかで折れにくい材料で一番良いそうです。山仕事に腰に下げて行って、休憩の時に、お尻がぬれないよう下に敷いて座っても、壊れないそうです。
今回は、材料と道具を持ってきてくださり、実演しながらお話ししてくださったの、とてもよくわかりました。約束の時間がアッという間に来てしまいました。
太々野さんは、ほんとにお話が上手です。僕の思うところは、昔は、囲炉裏の周りに家族が集まって、手仕事をしながら、お話を聞くのが、何よりの楽しみだったのだと思います。だから、語り方もあたたかいし、あきません。いろいろな知識の伝承も、こうして楽しく語り継がれてきたのだと思います。


訪問者数:71人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ