ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1005021 全員に公開 ハイキング奥武蔵

大持山とウノタワ(横瀬一の鳥居→妻坂峠→大持山→ウノタワ→名郷)・ウノタワでヤマノススメと夏目友人帳遊び

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー teoimperial
天候晴れ
前日はかなりの雨だったので場所によってはかなり道が濡れていました。都内の舗装道路は水浸し。所沢付近では朝日で蒸発した水がモヤになっていて、高層マンションの頭だけ見えているなどと言う風景も。
しかし林間部は湿ってる?程度で、山林の水の保水力に驚かされます。
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
行き
横瀬駅着8:43の快速急行

先週、ハイシーズンは予約していないと乗れないよと言われたので秩父ハイヤーに予約を入れておきました。でも横瀬で下車してみたら拍子抜けで人が全然居ません。先週の人混みは何だったんだ。
一の鳥居までは7/30同様に1,990円でした。秩父ハイヤーだと横瀬駅前に専用乗り場があるので迎車料金が不要なんだそうです。


帰り
名郷の紗蔵付近に着いたら14:07。

げ、14:03のバス行ったばかりで次が一時間後です。
そんな訳で紗蔵でお茶します。
振り返って昨年のウノタワ登山(9/19)を見てみたら全く同じパターンで14:10に紗蔵前に到着してるんですね。

そんな訳で名郷発15:03のバスに乗車。
飯能駅到着は予定より遅れて16:11頃。
慌てて飯能駅の1番ホームに行ってなんとか16:15の急行池袋行きに乗車。
ゆっくり行っていたら間に合わなかった。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間42分
休憩
55分
合計
5時間37分
S一の鳥居(武甲登山道入口)09:0309:46妻坂峠10:48大持山の肩10:5110:59大持山11:0111:16大持山の肩11:2512:02ウノタワ12:1513:12横倉林道起点14:07紗蔵14:3514:40名郷14:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回の目的は二つです。

一つは昨年入院して果たせなかった紅葉のウノタワに行く事。
日程がひなたちゃんの誕生日の翌日だったのでウノタワでひなたちゃん記念写真を撮る(合成する)事。

もうひとつは武甲山の赤い線とウノタワから飯能アルプスにつながる赤い線に繋げる事です。まあこっちはちょっとついでみたいな感じ。
コース状況/
危険箇所等
全体を通して迷うところはほとんどありません。
唯一ウノタワから横倉林道への下山コースが不明瞭な部分があります。

・一の鳥居→妻坂峠
地図を一見するときつそうな感じがしますが、道がそこそこ左右に折れるので、中位程度の斜度です。写真に撮りましたが下部は侵食も受けて結構ガレガレしています。

・妻坂峠→大持山肩→大持山
こちらの方が等高線に対して直角にまっすぐ登るので妻坂峠迄の道よりも斜度がきつくなります。但し地図で見える等高線が粗になる部分はその通りになだらかです。

・大持山→大持山肩→ウノタワ
大持山肩からの下りが結構斜度があります。特にこの季節は落ち葉が積もっているので気をつけて下りました。

・ウノタワ→横倉林道終点
ここが前回(昨年9/19)に登った時にも思ったのですが、今回は落ち葉もあって一層不明瞭な部分があります。赤いテープが頼りとなります。
斜度もあるので落ち葉で足を滑らせない様に下ります。

・横倉林道終点→名郷
舗装道路の林道ですが、これが長い。前回よくもまあここを名郷からウノタワ登山口まで歩いたものです。ヤマノススメ巡礼をしたい一心だったのでしょうが、もう同じ事は出来ませんね。
その他周辺情報一の鳥居から名郷バス停までトイレがありません。
山中林道の途中にあるトイレは公衆トイレではないので勝手に使ってはいけません。

名郷バス停近くには紗蔵と言う喫茶店があり、前回と同じくここでお茶しました。
珈琲にしようかなと思ったら狭山紅茶と言うのが目に入ったのでそれを注文。葉っぱっぽい香りの紅茶です(臭いと言う意味ではないです。そう言う香りのこくがあります)。
概して日本産の紅茶は味には癖がないです。

写真

今週も一の鳥居から出発。今回はさくさくと出発したので9:03に出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今週も一の鳥居から出発。今回はさくさくと出発したので9:03に出発です。
1
9:15 林道を横断。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:15 林道を横断。
ガレガレしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレガレしています。
9:38 木製の仮設橋です。
ここまで来ると妻坂峠まであと少しです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:38 木製の仮設橋です。
ここまで来ると妻坂峠まであと少しです。
9:46 妻坂峠に到着しました。
もう着いちゃった?と言う感じですが、ここからの方が長いんです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:46 妻坂峠に到着しました。
もう着いちゃった?と言う感じですが、ここからの方が長いんです。
とは言ってもこの先の道の美しさに期待が高鳴ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とは言ってもこの先の道の美しさに期待が高鳴ります。
凄くイイ感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凄くイイ感じ。
1
綺麗ですね。
この季節の大持山周回コースがこんなに見応えがあるとは。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗ですね。
この季節の大持山周回コースがこんなに見応えがあるとは。
3
10:48 大持山肩に到着しました。
今回一番展望のある地点です。
3分程景色を堪能。この後もう一回ここに来ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:48 大持山肩に到着しました。
今回一番展望のある地点です。
3分程景色を堪能。この後もう一回ここに来ます。
10:59 大持山に到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:59 大持山に到着です。
1
大持山はそんなには眺望がありません。
これは小持山方向へ行く道を臨みます。
そんな訳で大持山も3分程の滞在。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大持山はそんなには眺望がありません。
これは小持山方向へ行く道を臨みます。
そんな訳で大持山も3分程の滞在。
11:16 大持山肩に戻って来ました。
ここでウノタワの紅葉はもう終わっちゃったと言う話を聞いたので、だったらここでとお昼にしました。
10分程休憩です。
実はここまでずっとスマホの電波が入らないんです。
折角の大持山肩の景色もツイート出来ません。
それがウノタワ方向へちょっとだけ下りたらXperia GSが3Gの電波を掴みました。
UMIsuperの方はうんともすんとも反応しません。
恐らくW-CDMAのBand6(800MHz)FOMAプラスエリアを掴めるかどうかの違いが出た様です。
Xperia GSが掴んだと言っても南南東を向いてじっとしたら掴めた程度なので、少し危ういです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:16 大持山肩に戻って来ました。
ここでウノタワの紅葉はもう終わっちゃったと言う話を聞いたので、だったらここでとお昼にしました。
10分程休憩です。
実はここまでずっとスマホの電波が入らないんです。
折角の大持山肩の景色もツイート出来ません。
それがウノタワ方向へちょっとだけ下りたらXperia GSが3Gの電波を掴みました。
UMIsuperの方はうんともすんとも反応しません。
恐らくW-CDMAのBand6(800MHz)FOMAプラスエリアを掴めるかどうかの違いが出た様です。
Xperia GSが掴んだと言っても南南東を向いてじっとしたら掴めた程度なので、少し危ういです。
なんだかんだ言って赤いのはやっぱり綺麗ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんだかんだ言って赤いのはやっぱり綺麗ですね。
3
こっちのコースも綺麗。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちのコースも綺麗。
1
12:02 ウノタワに到着しました。
やっぱり紅葉ピークが終わっちゃってますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:02 ウノタワに到着しました。
やっぱり紅葉ピークが終わっちゃってますね。
4
紅葉終わっちゃった感のあるウノタワ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉終わっちゃった感のあるウノタワ。
昨日11月11日がヤマノススメのひたなちゃんの誕生日なので今日の登山はウノタワにひなたちゃんを登場させます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日11月11日がヤマノススメのひたなちゃんの誕生日なので今日の登山はウノタワにひなたちゃんを登場させます。
1
あわせて今週の夏目友人帳でひだかが「とぅ!」と飛び去る場所が何となくウノタワみたいな林間の平地だったのでひだかも登場。
と言うのをウノタワでツイートしたかったのですが、ここはXperia GSでも3Gを掴みません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あわせて今週の夏目友人帳でひだかが「とぅ!」と飛び去る場所が何となくウノタワみたいな林間の平地だったのでひだかも登場。
と言うのをウノタワでツイートしたかったのですが、ここはXperia GSでも3Gを掴みません。
2
と言う事で、12:15に下山開始。
前回来た時は倒れていたウノタワの解説板ですが、なんとか立て掛けられています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と言う事で、12:15に下山開始。
前回来た時は倒れていたウノタワの解説板ですが、なんとか立て掛けられています。
このコースの名所、苔生す岩岩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコースの名所、苔生す岩岩。
登山口まであと少しの地点の流され橋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まであと少しの地点の流され橋。
13:12 林道終点のウノタワ登山口に到着しました。
実は大持山を下りだした頃から右膝が「あれ?痛い」となっていたのが、ウノタワの急傾斜を下りる時には本格化してここに到着して本当にほっとしました。
でもここからまた長い長い林道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:12 林道終点のウノタワ登山口に到着しました。
実は大持山を下りだした頃から右膝が「あれ?痛い」となっていたのが、ウノタワの急傾斜を下りる時には本格化してここに到着して本当にほっとしました。
でもここからまた長い長い林道です。
14:07 紗蔵に到着。
人家の雰囲気が出た頃、この2〜3分前に名郷のバスの時刻を調べたら14:03のが出たばかりと言う事で、紗蔵でお茶する事にします。
30分程滞在。なんかね、常連のお客さんらしき人がずっと話をマスターに話を一方的にしっぱなしで、長居出来る雰囲気じゃなかったの。
ところで紗蔵は蔵を利用しているので4Gの電波が入りませんw
蔵の外に出てひなたちゃんとひだかの写真をツイートしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:07 紗蔵に到着。
人家の雰囲気が出た頃、この2〜3分前に名郷のバスの時刻を調べたら14:03のが出たばかりと言う事で、紗蔵でお茶する事にします。
30分程滞在。なんかね、常連のお客さんらしき人がずっと話をマスターに話を一方的にしっぱなしで、長居出来る雰囲気じゃなかったの。
ところで紗蔵は蔵を利用しているので4Gの電波が入りませんw
蔵の外に出てひなたちゃんとひだかの写真をツイートしました。
1
14:40 名郷バス停に到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:40 名郷バス停に到着です。

感想/記録

一年間我慢した紅葉のウノタワですが、残念ながら時期を外してしまいました。先週の方が良かったのかな。でもヤマレコのみなさんの記録を見ると先週でも「未だ」みたいな書き方の人がいました。少なくとも昨日のまとまった雨は紅葉を散らせた事でしょう。

前回の武甲山で気配があったのですが、大持山を下りだした頃から右膝が痛みだしました。ザックの中に入れておいた百均のテーピングをすぐに装着したものの手遅れで、ウノタワからの下山はかなり痛みました。例のランナーズニーと思うのですが、傾斜がゆるくなるとあまり痛みません。が、階段とかでは俄然痛みます。実は飯能駅で「急行が出発しちゃう!」と急いで(でも痛いから普通には急げない)下りた時には露骨にダメでした。

昨年は左膝痛だったので随分左膝を大事にして今ではかなり大丈夫(今回も大丈夫)なのですが、左膝を庇って右膝がやられてしまいましたか。両膝とも大事にしなくちゃ。
訪問者数:186人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ