ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1005115 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

竜ヶ岳〜銚子岳〜静ヶ岳 (茨川林道から周回)

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー hushiyama
天候快晴。でも,山の上ではちょっと風が強かった。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R421の石榑トンネル滋賀県側から茨川林道に入って3kmほど,
太尾登山口の近くの路肩スペースに駐車。数台は駐められます。
(185K)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間52分
休憩
31分
合計
6時間23分
S太尾登山口06:3206:47P53307:47太尾最高点 P77007:4808:00白谷越08:38P962 (太尾)09:03竜ヶ岳09:0709:18治田峠分岐09:38静ヶ岳入口10:03銚子岳入口10:06銚子岳10:2011:01静ヶ岳11:0211:07南西尾根上部11:1811:33P104712:30南西尾根登山口12:55太尾登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・竜ヶ岳西尾根
白谷越の先にある白ザレの急斜面。スリップしたら滑り落ちてしまいそうで緊張しました。
テープ,リボンなど目印はたくさんあります。

・静ヶ岳南西尾根
登山道自体に危険箇所はありませんが,目印は少なく,踏み跡も薄いです。
とくに下るときには,地図・コンパス・GPSで確認しながら下らないと,
支尾根に入ってしまう可能性大だと思います。

写真

水たまりいっぱいのダート林道を3kmほど進んで,このスペースに駐車しました。出発しま〜す!
2016年11月12日 06:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水たまりいっぱいのダート林道を3kmほど進んで,このスペースに駐車しました。出発しま〜す!
1
少し戻って,尾根の先端にあたるここから取り付きました。
2016年11月12日 06:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し戻って,尾根の先端にあたるここから取り付きました。
1
伐採のための作業道が作られていますが,尾根を忠実にトレースしようと,右のほうへ。
2016年11月12日 06:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伐採のための作業道が作られていますが,尾根を忠実にトレースしようと,右のほうへ。
1
真新しい切り株があちらこちらに。
2016年11月12日 06:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真新しい切り株があちらこちらに。
1
p533を通過。
2016年11月12日 06:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
p533を通過。
1
ピンクテープなど,マークは次々と目に入ります。
2016年11月12日 06:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクテープなど,マークは次々と目に入ります。
1
朝日の射し込む尾根道。
2016年11月12日 07:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日の射し込む尾根道。
1
標高700m付近。北西からの尾根が合流して,東へと向かいます。
2016年11月12日 07:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高700m付近。北西からの尾根が合流して,東へと向かいます。
1
P730を通過。
2016年11月12日 07:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P730を通過。
1
長池。池というより沼地ですね。
2016年11月12日 07:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長池。池というより沼地ですね。
3
木々の間から,静ヶ岳とその南西尾根が見えています。
2016年11月12日 07:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から,静ヶ岳とその南西尾根が見えています。
1
P770を通過。
2016年11月12日 07:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P770を通過。
1
このマークから左手へ。白谷越へと細い尾根を下っていきます。
2016年11月12日 07:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このマークから左手へ。白谷越へと細い尾根を下っていきます。
1
白谷越。ここから再び登り。
2016年11月12日 08:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷越。ここから再び登り。
2
白ザレの斜面が見えました。このガレのふちを通って…。
2016年11月12日 08:06撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ザレの斜面が見えました。このガレのふちを通って…。
2
核心部の白ザレ斜面。右手を登って,左上へと抜けていきます。
2016年11月12日 08:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部の白ザレ斜面。右手を登って,左上へと抜けていきます。
3
白ザレをほぼ登り切ったところからふり返る。
2016年11月12日 08:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ザレをほぼ登り切ったところからふり返る。
5
歩いてきた竜ヶ岳西尾根をふり返る。
2016年11月12日 08:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた竜ヶ岳西尾根をふり返る。
1
白ザレの先から正面に見えるP962までが,標高差約200mのこの尾根最大の急斜面。
2016年11月12日 08:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ザレの先から正面に見えるP962までが,標高差約200mのこの尾根最大の急斜面。
1
急斜面を登り切ってP962。「これで竜ヶ岳山頂部までもうあと少し」と思ったが…。
2016年11月12日 08:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を登り切ってP962。「これで竜ヶ岳山頂部までもうあと少し」と思ったが…。
1
アセビの群落に行く手をはばまれる。
2016年11月12日 08:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビの群落に行く手をはばまれる。
1
ふり返って,登ってきた竜ヶ岳西尾根。
2016年11月12日 08:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふり返って,登ってきた竜ヶ岳西尾根。
やっと竜ヶ岳山頂部のササ原に出てきました。
2016年11月12日 08:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと竜ヶ岳山頂部のササ原に出てきました。
2
ちょっと風が強いけど,今日はいい天気です。遠くに見えるのは日本コバですかね。
2016年11月12日 08:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと風が強いけど,今日はいい天気です。遠くに見えるのは日本コバですかね。
1
静ヶ岳,このあと行きますよ。
2016年11月12日 08:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静ヶ岳,このあと行きますよ。
1
竜ヶ岳山頂(1099m)に到着しました。竜はいつ来ても風が強い。
2016年11月12日 09:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳山頂(1099m)に到着しました。竜はいつ来ても風が強い。
2
山頂から南方面。釈迦や御在所,雨乞。
2016年11月12日 09:06撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から南方面。釈迦や御在所,雨乞。
1
シロヤシオの紅葉はさすがに終わっちゃったようですね。そのむこうには藤原岳。
2016年11月12日 09:06撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオの紅葉はさすがに終わっちゃったようですね。そのむこうには藤原岳。
1
竜ヶ岳山頂をふり返る。
2016年11月12日 09:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳山頂をふり返る。
4
治田峠への分岐。治田峠方面に向かいます。
2016年11月12日 09:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
治田峠への分岐。治田峠方面に向かいます。
1
正面に静ヶ岳の見える尾根道。
2016年11月12日 09:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に静ヶ岳の見える尾根道。
1
静ヶ岳と銚子岳の分岐。まず銚子岳へ。
2016年11月12日 09:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静ヶ岳と銚子岳の分岐。まず銚子岳へ。
1
銚子岳,見えました。
2016年11月12日 09:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銚子岳,見えました。
1
急登を登って,右は治田峠,左は銚子岳山頂です。
2016年11月12日 10:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を登って,右は治田峠,左は銚子岳山頂です。
1
銚子岳山頂(1019m)に到着しました。誰もいない,静かな山頂です。
2016年11月12日 10:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銚子岳山頂(1019m)に到着しました。誰もいない,静かな山頂です。
3
山頂から御池岳。
2016年11月12日 10:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から御池岳。
2
山頂から藤原岳。空が青くてきれいです。
2016年11月12日 10:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から藤原岳。空が青くてきれいです。
1
静ヶ岳へ戻っていきます。
2016年11月12日 10:28撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静ヶ岳へ戻っていきます。
1
静ヶ岳山頂(1088m)に到着。ここも誰もいない,静かな山頂です。南西尾根は左に下りていきます。
2016年11月12日 11:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静ヶ岳山頂(1088m)に到着。ここも誰もいない,静かな山頂です。南西尾根は左に下りていきます。
2
南西尾根の下りはじめから見える竜ヶ岳。山頂部が大きいですね。
2016年11月12日 11:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西尾根の下りはじめから見える竜ヶ岳。山頂部が大きいですね。
1
ブッシュの中に道がある。でも,これは登山道というより獣道?
2016年11月12日 11:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブッシュの中に道がある。でも,これは登山道というより獣道?
2
南西尾根上部から静ヶ岳山頂をふり返る。そのむこうには藤原岳。
2016年11月12日 11:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西尾根上部から静ヶ岳山頂をふり返る。そのむこうには藤原岳。
1
南西尾根P1047からの竜ヶ岳。
2016年11月12日 11:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西尾根P1047からの竜ヶ岳。
1
P1047から静ヶ岳山頂をふり返る。ここから南へ下る尾根へ。
2016年11月12日 11:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1047から静ヶ岳山頂をふり返る。ここから南へ下る尾根へ。
2
標高900m付近,「ここらからまた南へ下るはず」とルートを探していたら,赤テープを発見。
2016年11月12日 11:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高900m付近,「ここらからまた南へ下るはず」とルートを探していたら,赤テープを発見。
1
その後も地図・GPSでルーファイしながら,なんとか間違えずに茨川林道に出ました。下ってきた方向をふり返る。
2016年11月12日 12:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後も地図・GPSでルーファイしながら,なんとか間違えずに茨川林道に出ました。下ってきた方向をふり返る。
2
もう紅葉も終わりつつありますね。
2016年11月12日 12:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう紅葉も終わりつつありますね。
2
あとは林道を戻っていくだけ。ちょっと走ったろ。
2016年11月12日 12:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは林道を戻っていくだけ。ちょっと走ったろ。
1
駐車地点まで戻ってきました。今日もいいお天気で,山を楽しませてもらいました〜!
2016年11月12日 12:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地点まで戻ってきました。今日もいいお天気で,山を楽しませてもらいました〜!
2

感想/記録

愛知県に住むボクにとっては,鈴鹿の山々の表側はどうしても三重県側。
滋賀県側は裏側という感覚になってしまいます。
でも,ここ最近,滋賀県側のルートに興味を持ち始めました。

そんな中で見つけたレコが,
totokさんの「竜ヶ岳・銚子岳・静ヶ岳(太尾〜南西尾根)」(2016/05/14)でした。
「へぇ〜,竜ヶ岳や静ヶ岳の滋賀県側の尾根を登るバリエーションルートがあるんだね。
いつか必ず行ってみよう」と温めておくことにしたのです。
そして,夏が過ぎ,秋の鈴鹿シーズンを迎えて,さっそく出かけてきました。

アクセスの茨川林道は水たまりは多いものの,落石など障害物は少ないので,
ボクの軽ワゴンでも問題なく,登山口まで入ることができました。

竜ヶ岳の西尾根は,遠足尾根に匹敵するほどの長さの尾根です。
登山口から途中の白谷越まではゆるく平坦な尾根ですが,白谷越からは様相が変わります。
核心部といえるのは,花崗岩が風化した白ザレの登りでしょうか。
まるで鎌ヶ岳あたりにありそうな斜面でした。
そのあと,P962までの急斜面とアセビにおおわれた尾根をこえて,竜ヶ岳山頂へ。
風はちょっと強かったけど,こんなに天気のいい竜ヶ岳山頂は初めてだったかもしれません。

県境稜線を,銚子岳まで行って戻って静ヶ岳。下りはその南西尾根です。
この尾根は,上部P1047までは展望のきく尾根で,すぐ南の竜ヶ岳はもちろんのこと,
北の藤原岳や御池岳もきれいに見えました。
しかし,その後は樹林の中の下り。
目印テープも踏み跡もほとんどないので,要所要所で地図・GPSを出して,下る方向を確認。
ちょっとドキドキしながら下りました。林道に無事出たときにはホッと安堵感。

竜ヶ岳西尾根も静ヶ岳南西尾根もさすがバリルート。どなたにもお会いしませんでした。
晩秋の爽快なお天気の日に,静かな山旅ができました。
訪問者数:165人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ