ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1005404 全員に公開 雪山ハイキング尾瀬・奥利根

皇海山☆雪と紅葉の不動沢コース。栗原川林道追貝側利用。

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー takano-ritchasou
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・栗原川林道追貝側
 ダートの悪路の林道に入ってから1時間弱。
 2016年11月12日時点では問題なく通れた。
 道路状況は行く前に沼田市のサイトで確認。
 http://www.city.numata.gunma.jp/kanko/sukai/index.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間8分
休憩
38分
合計
3時間46分
S皇海橋07:5708:48不動沢のコル08:5709:25皇海山09:4210:10不動沢のコル10:1110:42不動沢のコル10:4911:34皇海橋11:3811:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・全般
 ピンクテープが多くあり、沿って行けば迷わない。

・皇海橋の登山口→二俣→不動沢のコル
 前半はなだらかな道。
 渡渉もあるが水量がなければ石伝いに渡れる。
 1500mぐらいからは雪が少し出てくるが、アイゼンは使うほどでもない。
 不動沢のコル直下の急登は雪が凍っている個所もあり注意。
 下りの時はシャーベット状になっているところも多かった。

・不動沢のコル→皇海山
 頂上に近づくにつれて雪が増える。10cmぐらいかな。
 今のところ凍結はしていないので、アイゼンは使わず。
 
・不動沢のコル→鋸山
 鋸山直下の岩場に雪が付き、凍結している個所がある。
 登れそうだが、降りるときに危なそうなので撤退。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

栗原川林道追貝側。
舗装された部分は一部。
後はダート道。底を擦りそうなところもある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗原川林道追貝側。
舗装された部分は一部。
後はダート道。底を擦りそうなところもある。
1
途中で鹿さん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で鹿さん。
2
キジさんも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キジさんも。
3
岩場を切りとおしたトンネル。
額縁みたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を切りとおしたトンネル。
額縁みたい。
2
7時半ぐらいで、3台止まっていた。
帰る時には10台ちょっとかな。
駐車場はまだまだ止められる感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時半ぐらいで、3台止まっていた。
帰る時には10台ちょっとかな。
駐車場はまだまだ止められる感じ。
2
皇海橋って左が登山口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇海橋って左が登山口。
1
登山スタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山スタート。
1
最初は林道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は林道。
1
葉も散り、秋も終わり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葉も散り、秋も終わり。
1
渡渉。
数か所ある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉。
数か所ある。
1
ガレた急登。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレた急登。
1
少しずつ雪。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しずつ雪。
1
急登を越えると不動沢のコル。
こる直下は北斜面なので雪あり。
コルは日が当たってぽかぽか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を越えると不動沢のコル。
こる直下は北斜面なので雪あり。
コルは日が当たってぽかぽか。
1
鋸山も見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山も見える。
2
皇海山へ。
雪も多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇海山へ。
雪も多い。
1
山頂近くの碑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くの碑。
1
無事に山頂☆
木があるので眺望はほとんどなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に山頂☆
木があるので眺望はほとんどなし。
4
不動沢のコルまで戻って、鋸山へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動沢のコルまで戻って、鋸山へ。
1
途中からは眺めのいい箇所有。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中からは眺めのいい箇所有。
3
直下の岩場の始まり。
岩に雪が付いていて、凍っている個所もある。
下山時が危なそうなので、ここで撤収。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直下の岩場の始まり。
岩に雪が付いていて、凍っている個所もある。
下山時が危なそうなので、ここで撤収。
2
いい天気だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい天気だ。
2
登山道は枯れた葉っぱの絨毯。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は枯れた葉っぱの絨毯。
1
見上げれば皇海山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げれば皇海山。
1
登山口に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に戻ってきました。
1
帰りの林道は、眺めのいいところで写真を撮ったりしつつのんびり走る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの林道は、眺めのいいところで写真を撮ったりしつつのんびり走る。
2
標高を下げると紅葉の季節。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を下げると紅葉の季節。
2
お猿さんもいた☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お猿さんもいた☆
2

感想/記録
by chasou

念願の皇海山。
今年の春に山で出会ったtakano-ritさんの計画に乗せてもらってようやく行けました。

最大の難関は登山口までの林道。
公共交通機関はないので、車かタクシーで行くしかない。
その林道もダートが大半で、土砂崩れ等で閉鎖されることも多い。
今回は特に問題もなく、15劼曚匹領啼擦1時間ほど走り、登山口に到着。
駐車場にはきれいなトイレもある。
手洗い場の水は飲料不可との記載あり。

準備を整え、登山開始。
最初はなだらかな道。
渡渉は数か所あるが、岩伝いに渡れる。
ガレた岩場に入り、しばらくすると雪。
不動沢のコル直下の急登は雪が凍っているところもあり、ちょっと登りにくい。

不動沢のコルに出ると日が当たってぽかぽか。
ここでちょっと休憩し、皇海山へ。
途中、視界が開ける場所もあり、赤城山などが見える。
雪はそこそこあるけれど、凍結はしておらずサクサク歩ける感じ。
山頂は事前の情報通り眺望はなし。
木々の間から日光白根など少し見えるぐらい。

休憩をした後、不動沢のコルに戻り、鋸山へ。
途中の道からは男体山などがきれいに見える。
先に進み、鋸山の直下の急登近くへ。
岩場に雪が付き、足を乗せるところは凍っていたので、下山時のことを考えて撤収。

下山後はまたダートの林道。
帰りは紅葉を楽しむ余裕もでき、ところどころで写真を撮ったりしつつ沼田方面へ。
途中の道の駅白沢で温泉に入る。
登山の後の温泉は気持ちいい。

今回は念願の皇海山に行くことができ、上州の紅葉と初冬の山歩きを楽しむことができました。
takano-ritさん、ありがとうございましたm(_ _)m
訪問者数:265人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ