ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1005820 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

大倉〜蛭ヶ岳ピストンに挑戦(ソロ)

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー nozawakira
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
いつもの民間の駐車場に駐めさせて頂きました。駐車場の管理人さんが、「星空がきれいだねえ」と話しかけてくれました。「夕方までには戻りますから」と言いましたが、内心、不安(笑)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間36分
休憩
56分
合計
9時間32分
Sスタート地点05:0905:24観音茶屋05:2505:39雑事場ノ平05:42見晴茶屋06:14駒止茶屋06:22堀山06:2306:28堀山の家06:3206:49天神尾根分岐07:10花立山荘07:19花立07:2007:23金冷シ07:37塔ノ岳07:4107:46尊仏山荘07:4807:49塔ノ岳07:5008:10日高08:27竜ヶ馬場08:42みやま山荘08:44丹沢山08:4808:49みやま山荘08:56丹沢山09:07早戸川乗越(鳥屋ブッコシ)09:0909:21箒杉沢ノ頭09:25不動ノ峰休憩所09:2809:34不動ノ峰09:43棚沢ノ頭09:53鬼ヶ岩ノ頭09:58鬼ヶ岩10:17蛭ヶ岳山荘10:1810:20蛭ヶ岳10:3510:36蛭ヶ岳山荘10:44中ノ沢乗越10:4610:51鬼ヶ岩10:5410:55鬼ヶ岩ノ頭11:05棚沢ノ頭11:15不動ノ峰11:19不動ノ峰休憩所11:27早戸川乗越(鳥屋ブッコシ)11:2911:49丹沢山11:5011:51みやま山荘11:5212:03竜ヶ馬場12:15日高12:38尊仏山荘12:40塔ノ岳12:50金冷シ12:5112:54花立12:59花立山荘13:10天神尾根分岐13:21堀山の家13:2513:33堀山13:40駒止茶屋13:4214:08見晴茶屋14:11雑事場ノ平14:25観音茶屋14:2614:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備された登山道でした。大倉尾根で一箇所、丹沢山から蛭ヶ岳の間で一箇所、木道を工事していました。危険な場所での工事に頭が下がります。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル カメラ
備考 口にしたもの:おにぎり2個、菓子パン2個、ポカリ1.5L

写真

大倉尾根を歩いて30分。出発時点では真っ暗でしたが、わずかに明るくなってきました。ここで、なんとストックを車に忘れてきたことに気づきます。しかし、丹沢山までは知っている道のりで、ストックがむしろ邪魔だったことを考え、ストック無しで行くことを決めます。(というより、取りに戻ったら今回の山行は達成できない)
2016年11月12日 05:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉尾根を歩いて30分。出発時点では真っ暗でしたが、わずかに明るくなってきました。ここで、なんとストックを車に忘れてきたことに気づきます。しかし、丹沢山までは知っている道のりで、ストックがむしろ邪魔だったことを考え、ストック無しで行くことを決めます。(というより、取りに戻ったら今回の山行は達成できない)
雑事場の平。ヘッデンが無いと、文字は読めません。
2016年11月12日 05:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雑事場の平。ヘッデンが無いと、文字は読めません。
5:42 見晴茶屋から眺め。幻想的です。
2016年11月12日 05:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:42 見晴茶屋から眺め。幻想的です。
3
見晴茶屋。
2016年11月12日 05:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴茶屋。
No16
2016年11月12日 05:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
No16
1
一本松。すでに汗だくですが、ジャケットを脱ぐかどうか迷う寒さ。
2016年11月12日 05:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一本松。すでに汗だくですが、ジャケットを脱ぐかどうか迷う寒さ。
先が長いので、とにかく休まず進みます。
2016年11月12日 06:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先が長いので、とにかく休まず進みます。
もみじと朝焼けを一緒に撮ったけど、イマイチ(笑)。
2016年11月12日 06:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじと朝焼けを一緒に撮ったけど、イマイチ(笑)。
6:13
約1時間歩いて、駒止茶屋です。
2016年11月12日 06:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:13
約1時間歩いて、駒止茶屋です。
朝日よりも先に富士山が赤く染まります。
2016年11月12日 06:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日よりも先に富士山が赤く染まります。
3
美しさにうっとりしてしまいますが、先を急ぎます。
2016年11月12日 06:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しさにうっとりしてしまいますが、先を急ぎます。
4
6:20
右手には朝日が!!待ってたよ!
2016年11月12日 06:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6:20
右手には朝日が!!待ってたよ!
7
朝日に染まる山々(鍋割山の方)。同じ時間帯に登っていた方が撮影していました。「きれいですねえ」「ほんとに」と一瞬、会話。
2016年11月12日 06:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に染まる山々(鍋割山の方)。同じ時間帯に登っていた方が撮影していました。「きれいですねえ」「ほんとに」と一瞬、会話。
3
No.28
富士山を見るとどうしても撮りたくなります。
2016年11月12日 06:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
No.28
富士山を見るとどうしても撮りたくなります。
1
No.28
2016年11月12日 06:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
No.28
3
本当にきれい。それにしても、望遠で富士山をキレイに捉えるiphoneってすごい。
2016年11月12日 06:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当にきれい。それにしても、望遠で富士山をキレイに捉えるiphoneってすごい。
6
ガサガサって音がしたので、びっくりしてみると、鹿が登山道に居ました。鹿でよかった。
2016年11月12日 06:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガサガサって音がしたので、びっくりしてみると、鹿が登山道に居ました。鹿でよかった。
3
全然逃げないんですね。
2016年11月12日 06:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全然逃げないんですね。
5
つぶらな瞳で見つめられます。もののけ姫のヤックルみたい。
2016年11月12日 06:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つぶらな瞳で見つめられます。もののけ姫のヤックルみたい。
2
No37
2016年11月12日 07:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
No37
1
7:10
約2時間で、花立山荘。
2016年11月12日 07:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:10
約2時間で、花立山荘。
ああ、また富士山に心癒され・・・。
2016年11月12日 07:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ、また富士山に心癒され・・・。
4
7:40、塔ノ岳に着きました!この秋3度目の塔ノ岳です。
ここまで2時間半。前々回の初アタックよりも遅いペースです。どうして遅くなったのか、いろいろ考えましたが、答えは「この先の道のりを考えた無意識な心と体の萎縮」ではないかと(笑)。
ベンチは濡れていたので、立ったまま、おにぎり一個と菓子パン一個を食べて、すぐに丹沢山に向かいます。
2016年11月12日 07:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:40、塔ノ岳に着きました!この秋3度目の塔ノ岳です。
ここまで2時間半。前々回の初アタックよりも遅いペースです。どうして遅くなったのか、いろいろ考えましたが、答えは「この先の道のりを考えた無意識な心と体の萎縮」ではないかと(笑)。
ベンチは濡れていたので、立ったまま、おにぎり一個と菓子パン一個を食べて、すぐに丹沢山に向かいます。
11
塔ノ岳から、海の方角の眺めです。
2016年11月12日 07:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳から、海の方角の眺めです。
2
丹沢山までは、歩きやすいぶん足を止めないので、写真が少ない。
2016年11月12日 08:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山までは、歩きやすいぶん足を止めないので、写真が少ない。
2
右手前が不動の峰、左奥が目指す蛭ヶ岳。
2016年11月12日 08:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手前が不動の峰、左奥が目指す蛭ヶ岳。
1
本日、富士山が見えたのはここまででした。
2016年11月12日 08:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日、富士山が見えたのはここまででした。
6
8:44
丹沢山です。塔ノ岳から丹沢山までは、前回と同じペースで来ることができました。ここで初めて腰掛けて(三角点に(笑))、菓子パン一つを胃に入れて、すぐに出発。
2016年11月12日 08:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:44
丹沢山です。塔ノ岳から丹沢山までは、前回と同じペースで来ることができました。ここで初めて腰掛けて(三角点に(笑))、菓子パン一つを胃に入れて、すぐに出発。
3
いよいよ、自身未踏の地、蛭ヶ岳に向かいます。8:55なので、13:00までには往復できるはず。もしも蛭ヶ岳に着けなくても、11:00で引き返すことを決めて、いよいよヒルアタックです。
道標を蹴っている訳ではなく、足を空中に蹴り上げて撮影しています。念のため。
2016年11月12日 08:55撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ、自身未踏の地、蛭ヶ岳に向かいます。8:55なので、13:00までには往復できるはず。もしも蛭ヶ岳に着けなくても、11:00で引き返すことを決めて、いよいよヒルアタックです。
道標を蹴っている訳ではなく、足を空中に蹴り上げて撮影しています。念のため。
2
尾根の途中。右手は、多分都内の方。
2016年11月12日 09:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の途中。右手は、多分都内の方。
1
左手の景色。丹沢山を出て最初、かなり標高を下げます。帰りを考えると、かなり不安になります。頑張れ、私の脚。
2016年11月12日 09:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手の景色。丹沢山を出て最初、かなり標高を下げます。帰りを考えると、かなり不安になります。頑張れ、私の脚。
2
かなり歩いたと思ったけど、まだ0.9km。いや、もう0.9kmだと言い聞かせる。
2016年11月12日 09:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり歩いたと思ったけど、まだ0.9km。いや、もう0.9kmだと言い聞かせる。
1
景色はとてもキレイなのです。しかし、不安で楽しめません。
2016年11月12日 09:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色はとてもキレイなのです。しかし、不安で楽しめません。
3
蛭ヶ岳が見えました!決して遠くは無い!ガンバロウ!
2016年11月12日 09:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳が見えました!決して遠くは無い!ガンバロウ!
1
9:35
不動の峰。
2016年11月12日 09:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:35
不動の峰。
3
蛭ヶ岳までの稜線が見えます。
2016年11月12日 09:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳までの稜線が見えます。
1
丹沢山から、半分まで来ました。
2016年11月12日 09:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山から、半分まで来ました。
2
鬼ヶ岩の頭です。この後鎖場があります。そんなに難易度は高くありませんが、得意では無いので、三点支持を心がけてゆっくりおります。
ここを降りたあとは、最後の急登が待っています。歩くことに集中したため、山頂までの25分、写真がありません^^;
2016年11月12日 09:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩の頭です。この後鎖場があります。そんなに難易度は高くありませんが、得意では無いので、三点支持を心がけてゆっくりおります。
ここを降りたあとは、最後の急登が待っています。歩くことに集中したため、山頂までの25分、写真がありません^^;
3
10:21蛭ヶ岳に登頂成功!目標の11時よりも早く着いて、ようやく、これまでの緊張から解放されました。
ご年配のご夫婦に写真を撮って頂きました。残念ながら、あれだけ見えていた富士山は見えず。次回までおあずけですね。
丹沢山からは、めっきりと人が減り、なかなか登山者は見なかったのですが、丹沢山からここまで、同じくらいのペースで歩くソロの方が居て、励まされました。西丹沢方面に下山するのだそうです。
2016年11月12日 10:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:21蛭ヶ岳に登頂成功!目標の11時よりも早く着いて、ようやく、これまでの緊張から解放されました。
ご年配のご夫婦に写真を撮って頂きました。残念ながら、あれだけ見えていた富士山は見えず。次回までおあずけですね。
丹沢山からは、めっきりと人が減り、なかなか登山者は見なかったのですが、丹沢山からここまで、同じくらいのペースで歩くソロの方が居て、励まされました。西丹沢方面に下山するのだそうです。
9
ここで最後のおにぎりを食べて、ベンチの上で、5分ほど大の字になって空を見上げます。気持ちいい!!
この時間の蛭ヶ岳山頂は、ほとんどソロの方ばかりでした(5-6人)。このあと、丹沢山に戻るときには、10組くらいのグループとすれ違いましたので、お昼前後は、もう少し賑やかになるのかもしれません。
2016年11月12日 10:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで最後のおにぎりを食べて、ベンチの上で、5分ほど大の字になって空を見上げます。気持ちいい!!
この時間の蛭ヶ岳山頂は、ほとんどソロの方ばかりでした(5-6人)。このあと、丹沢山に戻るときには、10組くらいのグループとすれ違いましたので、お昼前後は、もう少し賑やかになるのかもしれません。
3
右の奥に見える高い山が塔ノ岳です。あそこまで戻るのか・・・・。
2016年11月12日 10:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の奥に見える高い山が塔ノ岳です。あそこまで戻るのか・・・・。
2
スカイツリーが見えたので、写真を撮りましたが、さすがにわかりません。
2016年11月12日 10:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スカイツリーが見えたので、写真を撮りましたが、さすがにわかりません。
1
山頂には15分くらい居て、すぐに下山します。
脚が元気な内に、塔ノ岳まではなんとか辿り着きたい。
往路では気づかなかった宮ヶ瀬湖がキレイに見えました。
2016年11月12日 10:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には15分くらい居て、すぐに下山します。
脚が元気な内に、塔ノ岳まではなんとか辿り着きたい。
往路では気づかなかった宮ヶ瀬湖がキレイに見えました。
1
鬼ヶ岩の鎖場です。
2016年11月12日 10:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩の鎖場です。
2
復路では、少し心に余裕ができ、ヤマレコでよく登場する不思議な木を撮影。
2016年11月12日 10:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路では、少し心に余裕ができ、ヤマレコでよく登場する不思議な木を撮影。
1
丹沢山と同じくらいの高さにある雲。左側には、ランドマークタワーが見えました。
2016年11月12日 11:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山と同じくらいの高さにある雲。左側には、ランドマークタワーが見えました。
1
11:47
心配した丹沢山への急登も、復路の安心感で登りきり、なんとか山頂に辿り着きました。13:00をデッドラインと決めていたのですが、1時間早く着いて一安心。
2016年11月12日 11:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:47
心配した丹沢山への急登も、復路の安心感で登りきり、なんとか山頂に辿り着きました。13:00をデッドラインと決めていたのですが、1時間早く着いて一安心。
1
丹沢山頂の様子。かなり賑わってました。休まず塔ノ岳に向かいます。
2016年11月12日 11:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山頂の様子。かなり賑わってました。休まず塔ノ岳に向かいます。
1
12:39
一気に塔ノ岳です。丹沢山から塔ノ岳まで、11/3と同じペースで来れました。
それにしても塔ノ岳の人の数はすごい。ここでも休まず、そのまま下山です。
2016年11月12日 12:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:39
一気に塔ノ岳です。丹沢山から塔ノ岳まで、11/3と同じペースで来れました。
それにしても塔ノ岳の人の数はすごい。ここでも休まず、そのまま下山です。
1
1時間10分ほど下りたところ。
最初は、軽快に駆け下りることができて、これなら頑張れるか?と思ったのですが、それは大間違い。大倉尾根での下山は二度目ですが、やはり蛭ヶ岳まで行ったあとの大倉尾根は辛い・・・。
2016年11月12日 13:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間10分ほど下りたところ。
最初は、軽快に駆け下りることができて、これなら頑張れるか?と思ったのですが、それは大間違い。大倉尾根での下山は二度目ですが、やはり蛭ヶ岳まで行ったあとの大倉尾根は辛い・・・。
1
サポートタイツの上に起毛タイツ、左足はその上に膝サポーター。それでも、左膝が痛くなって、突然ペースダウン。
下山の初めに抜かさせていただいたほとんどの方々に、今度は抜かれていきます。ここで、ストックが無かったことを後悔・・・。
しかし、気合でマゾレナリンを分泌させ(笑)、頑張ります。
2016年11月12日 13:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サポートタイツの上に起毛タイツ、左足はその上に膝サポーター。それでも、左膝が痛くなって、突然ペースダウン。
下山の初めに抜かさせていただいたほとんどの方々に、今度は抜かれていきます。ここで、ストックが無かったことを後悔・・・。
しかし、気合でマゾレナリンを分泌させ(笑)、頑張ります。
2
14:40ゴール!
結局、下山に2時間かかりました。
2016年11月12日 14:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:40ゴール!
結局、下山に2時間かかりました。
最初から最後まで良い天気で良かった!
2016年11月12日 14:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初から最後まで良い天気で良かった!
2
撮影機材:

感想/記録

今年10/16に塔ノ岳、11/3には丹沢山に初登頂し、ホップ・ステップ・ジャンプってことで、神奈川県最高峰、蛭ヶ岳を攻略したいと考えていた毎日。大倉〜蛭ヶ岳のピストンは、他の方のヤマレコを読んでも、素人が簡単に挑戦してはいけない匂いがプンプン。しかし、丹沢山までは、すでに経験した道であること、朝早く出て、引き返すデッドラインをしっかり決めれば、日帰りでの登頂も可能と判断し、今回の挑戦に。
当日朝、起きた瞬間に、やっぱやめようかな・・と思ったのですが、すぐに気持ちを奮い立たせて、出発。5時に大倉から歩きはじめ、蛭ヶ岳に着かなくとも、11時に引き返す。ドコモが繋がる箇所(塔ノ岳、丹沢山は繋がることを確認済)では、全て家族に連絡するとルールを決めました。結果、計画の時間を少し前倒しでき大成功の山行になりました。

今回の山行、大きくまとめると、「身体的に無茶ではなかったが、精神的にきつかった」です。精神的にきつかったのは、未踏の丹沢山から蛭ヶ岳のルート。人が少ないし、最初に標高を大きく下げるし。ピストン山行の宿命でしょうが、行ったら帰らなければならない、というのは精神的に来ます。特に、今回は長い山行でしたので。総行程9時間半で26.2km。一日に歩いた距離としては、東日本大震災を超えて自分史上最長となりました。(ちなみに、今回、トイレを一度も使いませんでした。これも自分史上最長(笑)?)

蛭ヶ岳にはまた行きたいです。ただし、ピストンは今回が最初で最後でしょう(笑)。
訪問者数:243人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/7/2
投稿数: 5
2016/11/13 17:46
 お疲れ様でした
私も少し先を行く姿に励まされてました。
それにしても戻る方が距離は長いのですね。西丹沢までは22キロでした。
登録日: 2015/12/4
投稿数: 5
2016/11/14 8:18
 Re: お疲れ様でした
コメントありがとうございます。あっという間に蛭ヶ岳を後にされたので、私もつられてすぐに出発しました(笑)。
西丹沢へのルート、今度チャレンジしてみたいですね。大倉尾根でなく、宮ヶ瀬から行ってみたいです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ