ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1005892 全員に公開 ハイキング甲信越

夜烏山(平瀬〜阿智神社)

日程 2016年11月13日(日) [日帰り]
メンバー w-charider
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
清内路の一番清水のところに停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間19分
休憩
29分
合計
3時間48分
S平瀬集落入口09:4010:571259mピーク11:0011:19夜烏山11:2811:521151mピーク12:051150mピーク12:45山王(865m三角点)13:0213:28阿智神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はなく、全体的にルートも明瞭でしたが、登るためには少なくとも「自信を持って現在地が特定できる」くらいの読図力は必要だと思います。
その他周辺情報昼神温泉郷のすぐ近く。
いくつか日帰り温泉施設がありますが、「リフレッシュinひるがみの森」が比較的空いていておすすめです。大人600円。

装備

個人装備 登山靴 防寒着 行動食 非常食 飲料 タオル 帽子 地形図or登山地図 シルバコンパス ナイフ 山行記録メモ 時計 携帯電話 カメラ ヘッドランプ 救急医療セット ザックカバー

写真

阿智村清内路・平瀬集落の入口。
今日はここからスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿智村清内路・平瀬集落の入口。
今日はここからスタート。
1
登山口にある民家にこんなノートが。
中を見てみると、登っているのは林業関係者ばかりのようです。
民家の裏手から登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にある民家にこんなノートが。
中を見てみると、登っているのは林業関係者ばかりのようです。
民家の裏手から登ります。
2
「保安林」の看板。
ここの分岐を右へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「保安林」の看板。
ここの分岐を右へ。
1
ヤブもない、歩きやすい道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブもない、歩きやすい道です。
1
途中から踏み跡のない直登コースになります。
ヤブがないからいいけれど、地味にしんどい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から踏み跡のない直登コースになります。
ヤブがないからいいけれど、地味にしんどい。
1
直登10分。
はっきりした尾根道になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登10分。
はっきりした尾根道になりました。
1
本日最大のヤブ、がこの程度。
普通にわかりやすい道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日最大のヤブ、がこの程度。
普通にわかりやすい道です。
1
岩に腰掛けているかのような、面白い木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩に腰掛けているかのような、面白い木。
1
最後の急登。
傾斜は30~45度くらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の急登。
傾斜は30~45度くらい。
1
1259mピークに到着。
ここから南西に尾根は続きます。
北東方向にも踏み跡あり。「鳥城」の三角点に続いている?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1259mピークに到着。
ここから南西に尾根は続きます。
北東方向にも踏み跡あり。「鳥城」の三角点に続いている?
1
笹刈りがされていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹刈りがされていました。
1
ここを下りていけば1248mピーク方面に行かれそう。
またの機会に検討です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを下りていけば1248mピーク方面に行かれそう。
またの機会に検討です。
2
最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登り。
樹間から見えるは富士見台。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から見えるは富士見台。
1
ようやく山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく山頂です。
2
到着。
カラマツとササで展望ゼロ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着。
カラマツとササで展望ゼロ。
2
三角点。
それなりに歩く人が多いせいか、しっかりと残っていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点。
それなりに歩く人が多いせいか、しっかりと残っていました。
2
山頂から南へ数分。
この分岐を左(南東)へ折れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から南へ数分。
この分岐を左(南東)へ折れます。
1
尾根伝いに下りていき、1151mピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根伝いに下りていき、1151mピーク。
1
1151mピークを南東に下りたところのコル。
ここで踏み跡が途切れ、どのルートを下りようか考えましたが、とりあえず直登してもうひとつのピーク(やはり1150m前後)へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1151mピークを南東に下りたところのコル。
ここで踏み跡が途切れ、どのルートを下りようか考えましたが、とりあえず直登してもうひとつのピーク(やはり1150m前後)へ。
1
到着。
踏み跡はなかったものの、途中から赤テープがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着。
踏み跡はなかったものの、途中から赤テープがありました。
1
振り返って夜烏山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って夜烏山。
2
ここから帰り道がいくつか思いつきましたが、865mの三角点が気になったので、北の尾根にルートをとりました。
目印がたくさんあったものの、踏み跡のない平たい尾根を急降下。本日いちばん慎重になりました。
目印のある方角が正しいことを地図で確かめながら、少しずつ下へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから帰り道がいくつか思いつきましたが、865mの三角点が気になったので、北の尾根にルートをとりました。
目印がたくさんあったものの、踏み跡のない平たい尾根を急降下。本日いちばん慎重になりました。
目印のある方角が正しいことを地図で確かめながら、少しずつ下へ。
2
坂を下りきり、再び尾根もはっきり、踏み跡もしっかり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂を下りきり、再び尾根もはっきり、踏み跡もしっかり。
1
ほとんど踏み跡通りに歩き、865m地点。
付近を10分ほど捜し、落ち葉に埋もれていた三角点を発見。
梨子野山ほどヤブで荒れていなかったのが幸いしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんど踏み跡通りに歩き、865m地点。
付近を10分ほど捜し、落ち葉に埋もれていた三角点を発見。
梨子野山ほどヤブで荒れていなかったのが幸いしました。
2
そのまま尾根伝いに下りると、中部電力の作業道に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま尾根伝いに下りると、中部電力の作業道に出ます。
1
紅葉がちょうど見頃。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉がちょうど見頃。
1
阿智神社のところに出てきます。
左にあるのはモノレールの線路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿智神社のところに出てきます。
左にあるのはモノレールの線路。
1
無事下山。
ここから平瀬まで、1キロちょっとの車道歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山。
ここから平瀬まで、1キロちょっとの車道歩き。
1
帰り道のおまけ写真。
黒い点のようなものはすべてフタホシテントウ。
特別あったかいんでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道のおまけ写真。
黒い点のようなものはすべてフタホシテントウ。
特別あったかいんでしょうか?
帰り道から。
真ん中が1150mのピーク、その右奥が夜烏山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道から。
真ん中が1150mのピーク、その右奥が夜烏山。
3

感想/記録

宮坂七郎「信州の山 中信・南信221山」に載っていた阿智村のマイナー山、夜烏山に行ってみました。

登山口は少しわかりにくいものの、そこから先はびっくりするくらいルートが明瞭で、紅葉もいい感じで飽きずに登れました。

ただ1259mピークまではひたすら尾根を直登するだけなので、単調といえば単調かも。足首が地味〜に痛くなってきます。ときおり後ろ歩きをしたり、横歩きをしたり、負荷がかかりすぎないように適度に対応。途中から小枝を持って歩き、クモの巣対策も万全(笑)

1259mピークに着いたときは正直ほっとしましたね。あとは緩い尾根なので。

夜烏山の山頂には1時間40分で到着。やっぱり尾根がきつかったせいか、思っていたよりも時間がかかりました。

当初はここで同じ道を引き返すつもりでしたが、夜烏山から先のルートが見たところ明瞭だったこと、道中にヤブらしい場所がほとんどなく(笹が少なかったのがほんとに意外)、万が一踏み跡がなくなっても対応できそうだったこと、最悪ふたたび登り返すだけの体力と装備の余裕があったことから、そのまま南下して県道89号線に下りることに。県道89号線を車で走ったときに、夜烏山に続いていそうな場所(作業道?の入り口)もいくつか心当たりがあったので、比較的安心して未知のルートに踏み込めました。
結局、三角点に誘われて東寄りのコースをとったわけですが。

1151mと1150m(推定)のダブルピークのあたりは木に覆われていたものの、葉がほとんど落ちていたこと、笹ヤブがなかったことで、夜烏山頂よりも遠くの景色が見えていました。たぶん展望が開けていたら、梨子野山と網掛山の隙間から南アルプスも見えていたことでしょう。

そこから北に折れて、865mの三角点方面へ。ここの下りがもっとも慎重になりました。ですが下りきってしまえばあとは踏み跡をたどるだけ。
途中、地図で尾根が分かれている場所もあったものの、踏み跡は1本だけだったので迷うことなし。865mの三角点は埋もれていたものの、なんとか発見。ここで少し遅めのランチタイム。

中電の作業道は広く、紅葉もちょうど見頃で、いいハイキングコースだと思いました。のんびり歩きで足を休めながら紅葉を楽しめました。

平瀬から阿智神社まで、トータル4時間ほど。下山路は変化に富んでいたものの、下ってしまうとこんなものかという気分です。

どこか1ヶ所でも展望が開けていれば、文句なしの良い山なんですが・・・。惜しい!
訪問者数:114人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/5
投稿数: 658
2016/11/13 21:28
 三角点 でましたか!
ワタシは見つけられなかった
昨年5月夜烏山の山頂やや南でクマの背中を見ましたが、気配はどうでしたか? お会いしたい気持ちもありますが、ヤブなどで見通しが良くないようなトキは(今週のワタシがそれ)やっぱりスズを鳴らしています。

あっ  夜烏山は裏セブン(y-t選定)のひとつです。
登録日: 2011/10/5
投稿数: 658
2016/11/15 13:24
 阿智の裏セブン・・・・
登山道・登山標識が無いやま  となると・・・・
恩田大川入山、夜烏山、三階峰、松沢山、日の入山、城山、長根山 の7つ。あとの4つは山頂表示も無かったかな
登録日: 2012/3/7
投稿数: 19
2016/11/15 22:13
 Re: 三角点 でましたか!
「ある程度平坦」「すぐ近くに太い木がない」「登山道あるいは踏み跡の脇」などと条件を絞って捜してみたらわりとあっさり見つかりました。梨子野山でもまた捜してみたいと思います。
登録日: 2012/3/7
投稿数: 19
2016/11/15 22:15
 Re: 阿智の裏セブン・・・・
なるほどなるほど。ありがとうございます。
城山〜日の入山は近々行ってみたいと思っているエリアのひとつです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ