ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1006129 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

サンキュー、ポール! サンキュー、ジョ○!(伊吹山)

日程 2016年11月13日(日) [日帰り]
メンバー perspektiv
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
京都南から名神高速道路、北陸道(2,000円)。帰りは八幡のコストコに行ったので省略。
駐車場料金400円。
入山料300円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
最後の方はかなりばてましたが、なんとか3時間で登頂。帰りも2時間以上かかってしまいましたね。
コース状況/
危険箇所等
一本道なので、迷いそうなところはありません。超メジャースポットにつき、コンディションは先達の記述をご覧下さい。
その他周辺情報いぶき薬草湯(ジョイいぶき) 入浴料600円

写真

駐車場を出て、山を望む。
2016年11月13日 07:08撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場を出て、山を望む。
1
三ノ宮神社で無事を祈願。
2016年11月13日 07:10撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ宮神社で無事を祈願。
1
入山料300円が必要です。
2016年11月13日 07:12撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入山料300円が必要です。
2
一合目までで既に厳しいという噂でおののいていましたが、とりあえず無事通過。
2016年11月13日 07:35撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一合目までで既に厳しいという噂でおののいていましたが、とりあえず無事通過。
1
それらしい写真を撮ろうとしたのですが。
2016年11月13日 07:46撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それらしい写真を撮ろうとしたのですが。
2
ススキきれいでした。
2016年11月13日 08:07撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキきれいでした。
1
三合目までは昔ゲレンデがあった箇所を歩いているようです。ただ、道はかなりロッキーで、こんな上に雪が積もって滑っていたんですね(私は伊吹にきたことはないのですが)。
2016年11月13日 08:08撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三合目までは昔ゲレンデがあった箇所を歩いているようです。ただ、道はかなりロッキーで、こんな上に雪が積もって滑っていたんですね(私は伊吹にきたことはないのですが)。
3
三合目。お手洗いはここが最後と書いてあります。
2016年11月13日 08:17撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三合目。お手洗いはここが最後と書いてあります。
1
ここから上が伊吹山の真骨頂でしょうか。このあたりから既に靴擦れのために踵が痛んでいます。
2016年11月13日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから上が伊吹山の真骨頂でしょうか。このあたりから既に靴擦れのために踵が痛んでいます。
2
木が生えていないので、眺望は常に格別。琵琶湖が見えます。
2016年11月13日 08:46撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木が生えていないので、眺望は常に格別。琵琶湖が見えます。
2
八合目。ここから上は岩も大きくなって、登りにくいです(し、降りるのも一苦労でした)。
2016年11月13日 09:32撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目。ここから上は岩も大きくなって、登りにくいです(し、降りるのも一苦労でした)。
1
やっと頂上が近づいてきました。この辺、20-30mごとに一休みしながら登りました。
2016年11月13日 09:32撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと頂上が近づいてきました。この辺、20-30mごとに一休みしながら登りました。
2
日本武尊像。
2016年11月13日 09:55撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本武尊像。
5
むりやり頼んで写真を撮って頂きました。
2016年11月13日 09:57撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
むりやり頼んで写真を撮って頂きました。
3
ちょっとガスが被っているのが残念ですが、本当にいい天気でした。
2016年11月13日 09:57撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとガスが被っているのが残念ですが、本当にいい天気でした。
2
売店でお昼ご飯を食べました(今日で今シーズンの営業は終了だとのこと)。その後、反時計回りに遊歩道?を目指します。
2016年11月13日 10:15撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
売店でお昼ご飯を食べました(今日で今シーズンの営業は終了だとのこと)。その後、反時計回りに遊歩道?を目指します。
2
南東方向を望んでいるのだと思います。
2016年11月13日 10:16撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東方向を望んでいるのだと思います。
2
一等三角点。
2016年11月13日 10:21撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一等三角点。
1
さて、ここから北側の駐車場までをぐるりと一周するのですが、みなさんこっちに来られるのかと思ったら、誰もいらっしゃらない。
2016年11月13日 10:31撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、ここから北側の駐車場までをぐるりと一周するのですが、みなさんこっちに来られるのかと思ったら、誰もいらっしゃらない。
4
カルスト地形。
2016年11月13日 10:35撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カルスト地形。
1
30分くらいかかって駐車場にやってきました。
2016年11月13日 10:46撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分くらいかかって駐車場にやってきました。
2
東側の眺望。
2016年11月13日 10:48撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の眺望。
2
観音像。ここを左に進むと、西側の遊歩道に出ます。ここから山頂に行く道は、中央登山道と西側の道の2ルートがあります。中央の道は階段が多い道だというので、「楽な道」という西側ルートを選んだら、やっぱり砂利だらけの歩きにくい道じゃないですか・・・
2016年11月13日 11:01撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音像。ここを左に進むと、西側の遊歩道に出ます。ここから山頂に行く道は、中央登山道と西側の道の2ルートがあります。中央の道は階段が多い道だというので、「楽な道」という西側ルートを選んだら、やっぱり砂利だらけの歩きにくい道じゃないですか・・・
2
かなり霞がかかってきました。
2016年11月13日 11:15撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり霞がかかってきました。
3
一周して山頂の南側に戻ってきました。実は、途中に分岐があり、右側の分岐を辿ったら、山頂ではなくてさっき登ってきた登山道の途中に出ました。ここでもう一度上まで登る気が失せてしまったため、ここから下山することにしました。
2016年11月13日 11:17撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一周して山頂の南側に戻ってきました。実は、途中に分岐があり、右側の分岐を辿ったら、山頂ではなくてさっき登ってきた登山道の途中に出ました。ここでもう一度上まで登る気が失せてしまったため、ここから下山することにしました。
3
雲ひとつありません。
2016年11月13日 11:59撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ひとつありません。
1
斜面にたくさんの登山客が見えるのですが。さすがに有名な山だけあって、これだけたくさんの方を拝見したのは初めてでした。
2016年11月13日 12:14撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面にたくさんの登山客が見えるのですが。さすがに有名な山だけあって、これだけたくさんの方を拝見したのは初めてでした。
3
パラグライダーが飛んでいます。
2016年11月13日 12:50撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パラグライダーが飛んでいます。
1
この辺がパラグライダーを扱っているのでしょうか。ただ、この写真を撮影したのは、別に理由があるのですが、それは私の別の趣味と関係しているので・・・
2016年11月13日 12:54撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺がパラグライダーを扱っているのでしょうか。ただ、この写真を撮影したのは、別に理由があるのですが、それは私の別の趣味と関係しているので・・・
1
この写真を撮影した理由は、わかる人だけわかって下さい。
2016年11月13日 13:24撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真を撮影した理由は、わかる人だけわかって下さい。
1
プリーズプリーズミー。
2016年11月13日 14:11撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プリーズプリーズミー。
3
撮影機材:

感想/記録

このレポートはYAMAPにミラーしてあります。
https://yamap.co.jp/activity/576791

今回のレポートのタイトルはスベっているのではないかと不安で仕方がないですが、こうした理由は感想の最後にでも。

京都一周を果たし、次を考えていたところ、冬になったら行けないところに行っておこうと思ったため、伊吹山を思いつきました。雪山が嫌と言うより、寒いのが嫌なのと、雪道を運転したくないので。最近のレポートを拝見したところ、頂上は寒いという記述があったので、冬装備のテストにしようと思ったこともありました。

5時40分に家を出、名神を通って7時前に登山口付近に到着。駐車場呼び込みのおっちゃんに強引に導かれて車を停めました。400円。

細かいところは写真もご覧頂ければいいのですが、伊吹山の登山路はとにかくロッキーでした。歩きにくいですね。でも、ここをトレランしている人も数人おられました。前から靴ずれを繰り返しており、5合目付近から痛みが強く、何度かテープを直しても、なかなかうまく管理できませんでした。一方、冬装備が暑すぎることは2合目あたりで判明し、どんどん脱いで、ドライナミックとキャプリーンMWだけになりました。

途中まで登ったら楽になるのかと思ったら、8合目以降がきつく、岩のサイズが大きくなり、脚の疲れも相俟って脚が上がらなくなってきて、最後が辛かったです。この辺から風がやや強くなり、山シャツだけ戻しました。

頂上で写真を撮影、売店で昼食(今日でシーズン終了とのこと)した後、三角点を経て遊歩道を一周しました。でも、遊歩道に来る登山客はほとんどいないんですね・・・ 遊歩道から戻ってくると、途中の分岐選択のためか登山路の途中に出てしまい、ここで心が折れてしまったため、そのまま下山することにしました。しかし、下山もロッキーな道はきつかったです。正午を過ぎても登ってくる人はたくさんおられました。

登りもそうですが、下りについてもトレッキングポールがフル活躍で、今日についてはポールを持っていって本当に良かったです。そう思いながら歩いていて、「サンキュー・ポール」というフレーズを思いつきました。歩いている間、何を考えているのかというと、本当に他愛もないことばかり考えているもので、こういう時に学問のことやら仕事のことを考えれば、もっと業績が伸びそうなものなんですが、本当にどっちでもいいことしか考えませんね。それで、今日は「レポートのタイトルをどうしよう」と考えながら歩いていて、「サンキュー・ポール」なら寂しいからもう一個くっつけるのならなにがいいかをずっと悩んでいました。でも、ジョンもジョージも思いつかないし、持っていったゼリーはグレープフルーツ味で、アップル味じゃなかったんですよね。それで思いついたのがジョだけ一緒のジョイいぶき。どのみち帰りに銭湯に行こうと思っており、せめてジョだけ一緒ならごまかせるかと。というわけで、最後の写真はジョイいぶきです。その手前の自分撮りについては、どうしてこんなポーズにしたかは、わかる人だけわかって下さい。
訪問者数:240人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ