ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1006158 全員に公開 ハイキング東海

安倍東稜 一本杉山・大光山・十枚山周回り

日程 2016年11月13日(日) [日帰り]
メンバー fujinohide
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道29号線六郎木バス停の所に駐車場、トイレがある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間53分
休憩
1時間2分
合計
8時間55分
Sスタート地点06:1308:39一本杉山08:4509:24東峰分岐09:2610:55大光山11:0011:23刈安峠11:4213:02十枚山13:2014:11直登分岐14:1314:25十枚山登山口14:2614:46十枚山駐車スペース14:5515:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
十枚山駐車スペース下から関ノ沢橋まで車に便乗
コース状況/
危険箇所等
関ノ沢〜一本杉山
・入口は関ノ沢橋を渡って少し県道29号線を行った所の(有)サンシラトリの対面から入る。金属パイプの柵状の部分から登ることになっているが藪がひどく踏み跡も無い。横の小さい沢の左岸奥に新しいピンクのマーキングテープが3ヶ所にあるのでそちらに入って行くと、すぐに堰堤で進めない。小さい沢を右岸に渡り、県道29号線の方に戻りながら斜めに登って行くと明確な道が見つかり、以後はその道に従う。
・829m付近の陣場と呼ばれる付近でT字路になるが、右方向を見るとピンクとブルーのマーキングテープがあり、その先にもテープがあるので右かなと迷わずに踏み込むが茶畑を突っ切って下り始めるので、これは違うとT字路部分に戻る。左側を見ると写真の小さな坂本さんが取り付けてくれた道標がある。左側に進むのが正解。坂本さんの道標はこれ以降も多く設置されている。
・日本一高所の茶畑を過ぎて一本杉山への尾根を進むが、新しいマーキングテープがいくつかある。そのうちに少し古いマーキングテープが尾根から外れるように左側の薄めの踏み跡についている。それに従っていくと数箇所にテープがあるが、尾根から10m近く離れて一本杉山方面に続いている。途中で、疑問を感じ、急ではあるが強引に尾根に上がるとしっかりした踏み跡の道があった。テープに従って行っても登れるか不明ではあるが尾根を忠実に歩けば坂本さんの道標もあるので尾根道が正解なようだ。
・一本杉山山頂からは僅かな踏み跡を辿って尾根に忠実に進めば、次第にしっかした道になり、2ヶ所の右側が大きくガレた箇所になる。左側の笹藪でガレ場を迂回するがそれらしき跡もあるので大丈夫。
・東峰分岐まで来ればあとは一般的な登山道で問題は無い。
・中の段から十枚山へのコースは直登分岐部で沢コースは通行止めで中に入れないようにしてある。登山カードポストは十枚山登山口にある。
(私は一本杉山ではマーキングテープに振り回されたがテープを信用しないで地図で確認しながら登ることを勧めます。)

写真

六郎木の駐車場
2016年11月13日 06:14撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六郎木の駐車場
1
陣場の坂本さん設置の道標。T字路左側に設置されている。
2016年11月13日 07:30撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陣場の坂本さん設置の道標。T字路左側に設置されている。
残っていたアザミ
2016年11月13日 07:34撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残っていたアザミ
1
古い道標
2016年11月13日 07:43撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い道標
東峰下の祠
2016年11月13日 07:47撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰下の祠
此処を上がります。
2016年11月13日 07:55撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此処を上がります。
日本一高い茶畑
2016年11月13日 07:58撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本一高い茶畑
2
同じ所に2ツ、設置されている
2016年11月13日 07:59撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ所に2ツ、設置されている
坂本さんの道標。多く設置されています。
2016年11月13日 08:31撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂本さんの道標。多く設置されています。
1
一本杉山頂直下のマーキング。これに従えば踏み跡もあります。
2016年11月13日 08:43撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一本杉山頂直下のマーキング。これに従えば踏み跡もあります。
一本杉山山頂
2016年11月13日 08:43撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一本杉山山頂
1
ガレ場。左側の笹薮を迂回。
2016年11月13日 09:00撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場。左側の笹薮を迂回。
草木からの登山道出合部。ここまで来れば一安心
2016年11月13日 09:24撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草木からの登山道出合部。ここまで来れば一安心
1
水場の小屋
2016年11月13日 09:37撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場の小屋
紅葉1
2016年11月13日 10:20撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉1
2
紅葉2
2016年11月13日 10:25撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉2
2
紅葉と十枚山
2016年11月13日 10:26撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と十枚山
2
十枚山
2016年11月13日 10:40撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十枚山
3
布引山・笊ヶ岳の横に悪沢岳
2016年11月13日 10:48撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布引山・笊ヶ岳の横に悪沢岳
2
赤石岳と悪沢岳
2016年11月13日 10:51撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳と悪沢岳
3
上河内岳と聖岳
2016年11月13日 10:51撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上河内岳と聖岳
3
大光山山頂
2016年11月13日 10:55撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大光山山頂
3
大光山からは木が邪魔して富士山は・・・
2016年11月13日 10:56撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大光山からは木が邪魔して富士山は・・・
3
大光山下の分岐から十枚山
2016年11月13日 10:57撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大光山下の分岐から十枚山
2
紅葉3
2016年11月13日 10:58撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉3
1
縦走路から富士山
2016年11月13日 11:04撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路から富士山
3
刈安峠の地蔵さん
2016年11月13日 11:24撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刈安峠の地蔵さん
1
刈安峠の道標
2016年11月13日 11:25撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刈安峠の道標
山梨との交通路でしたが草木方面は通行止め
2016年11月13日 11:39撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨との交通路でしたが草木方面は通行止め
縦走路からの富士山2
2016年11月13日 11:44撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路からの富士山2
2
縦走路からの大光山
2016年11月13日 11:55撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路からの大光山
2
紅葉4
2016年11月13日 12:19撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉4
1
縦走路からの富士山3
2016年11月13日 12:35撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路からの富士山3
2
落葉松の黄葉(十枚山の斜面)
2016年11月13日 12:44撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落葉松の黄葉(十枚山の斜面)
2
紅葉5
2016年11月13日 12:45撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉5
2
十枚山の山梨百名山標柱
2016年11月13日 13:02撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十枚山の山梨百名山標柱
1
篠井山と下十枚山
2016年11月13日 13:03撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
篠井山と下十枚山
2
十枚山からの富士
2016年11月13日 13:03撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十枚山からの富士
2
十枚山山頂
2016年11月13日 13:17撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十枚山山頂
2
直登分岐。沢コースは通行止め
2016年11月13日 14:12撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登分岐。沢コースは通行止め
紅葉6
2016年11月13日 14:46撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉6
2
撮影機材:

感想/記録

 当初、10月末に計画したが雨のため中止。その後は浅間大社のお祭りや用事で行けず、本日やっと時間が取れたので出かける。六郎木に向かって県道29号線を薄明りの中、走っていると、なんと野兎が県道をピョンピョンと横断していくではないか。久しぶりに野兎を見れて嬉しくなってしまった。
 紅葉には少し遅いとは思ったが、それでも中腹は紅葉しており、それなりに楽しむ。ただし、登山道脇には紅葉した木は少ないので遠目からでは物足りなさを感じてしまう。
 一本杉山では南アルプス南部調査人さん(昭文社の地図「塩見・赤石・聖岳の作者」ブログhttp://minamialps-south.cocolog-nifty.com/blog/62_1/
での案内で最近マーキングテープが増えたとの記事があり、テープを信用して頼りすぎてしまい時間的ロスをしてしまったが、特に陣場では先に地図で確認すべきだったと反省。
 大光山手前のピークは前回もそうであったが南ア方面が綺麗に見えて、ゆっくりとしたくなる。大光山から十枚山への縦走路も気持ちの良い尾根道で富士山を見ながら楽しく歩く。十枚山からは直登コースを下る。20分ほど下ると、少し間隔を開けた女性3人に出会い、それぞれに「頂上まで、あと何分くらいですか?」と聞かれる。このようなことを聞くのは山慣れていない人で、その人がどれだけの脚力かは判らないので返事に困ってしまう。いつも長めの時間で答えるようにしているが、14時近くのこの時間で大丈夫かなと心配してしまう。
 十枚山駐車スペースからの下で上がってくる二人連れの年配の女性の車に出会う。このまま進んで静岡市に行けるかと聞くので、この先は行き止まりだからUターンして戻るように注意する。どこで間違えたか教えてほしいと言うので、関ノ沢橋まで後部座席の載せて貰い、県道29号線を進むように教える。感謝されたが、私の方こそ歩かないで済みおお助かりであった。
 今回で一応、山伏或いは七面山から竜爪山までの安倍東稜が赤線でつながった。しかし本当は間ノ岳から竜爪山までの南嶺をつなげたかったが、転付峠から山伏の間は笊ヶ岳に登っただけで空白のままである。この山域は今の私には厳しく、私から逃げて行ってしまった山域である。
訪問者数:178人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/2/26
投稿数: 3804
2016/11/14 17:22
 良いコース取りですね〜
なるほど、こういうコースで歩けばぐるりと一回りして来れるんですねぇ。
それにしても20Km超とは恐れ入りました。
登録日: 2010/10/27
投稿数: 1027
2016/11/14 22:30
 お疲れ様です!
距離といいタイムといい、、最後の“今の私”が十分にすごくて困ってしまいます。
昨年、一本杉から大光を歩きましたが、東峰集落の秘境感が印象に残っています。
富士の展望にも恵まれ、素晴らしい1日でしたね!
登録日: 2009/4/25
投稿数: 826
2016/11/15 8:29
 Re: 良いコース取りですね〜
賢パパさん、ありがとう御座います。
21Kmと言っても3Kmほどは車に便乗ですから。
それでも、最近トレーニングをさぼっていますので、翌日は数年ぶりに
筋肉痛でした。トレーニングは嘘をつかないし、身体は正直ですわ。
登録日: 2009/4/25
投稿数: 826
2016/11/15 8:36
 Re: お疲れ様です!
もちろん、ittaさんの記録を参考にさせて貰いました。
転付峠から山伏の間はテン泊でないと無理ですし、昔の重いテントしかない私には厳しいです。軽いテントやコンロに、このためだけに買い替えるのは年金暮らしの私には無理。
「山は逃げない」は嘘で、歳をとると山はどんどん逃げて行ってしまいます。
登録日: 2015/5/27
投稿数: 176
2016/11/15 11:43
 健脚ですね〜〜!!(゜o゜)
fujinohideさん こんにちは(^^)/
私達も以前に、一本杉山経由での大光山を計画したことがあったのですが、いまだ実現しておらず。。今回のfujinohideさんのレコは大変参考になりました。さっそくお気に入り登録させて頂きます(^.^)
いやぁ〜それにしても十枚山と合わせて周回してしまうとは 本当に健脚でいらっしゃいますね〜!fujinohideさんなら、テン泊で十分行けちゃうんじゃないですか?!お恥ずかしながら私達の方がよっぽどヘタレです(;^_^A
この日は私達も青笹に行って終盤の紅葉狩りを楽しんできました fujinohideさんとはお隣同士の山で同じ景色を見ていたのですね!お会いしたかったなぁ〜(^.^)
赤線つなぎの山歩き、とっても素敵だと思います 私もいつの日か親不知から、竜爪山〜太平洋まで繋げたい夢があるのですが… 主人にこの夢を語ると、思いきり馬鹿にされます (怒)
登録日: 2009/4/25
投稿数: 826
2016/11/15 20:33
 Re: 健脚ですね〜〜!!(゜o゜)
haiziさんも安倍東稜でしたか。天気が良くて富士山、南アの展望、最高でしたよネ。
十枚山の方は紅葉はいまいちでしたが山梨県側の方は良かったようですネ。

私は体力の衰えを自覚しながら、年に1〜2回ほど、その歳なりの限界を見極めるために身体に負荷をかける山歩きをすることにしています。いつもは軟弱な山歩きばかりですヨ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ