ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1006232 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

藤原岳〜御池岳(ようやく鈴鹿山脈の主稜線歩きが全て繋がった)

日程 2016年11月13日(日) [日帰り]
メンバー ktn92
天候快晴☀微風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
藤原簡易パーキングに駐車
50台ぐらい駐車可能
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
真の谷は涸れ沢。
踏み跡不明瞭なため、沢沿いでバリルート。
途中で「なめこ」採取のため、ログはうろうろしてます。参考にしないでね。
木和田尾も若干不明瞭。注意が必要です。
その他周辺情報阿下喜温泉あじさいの里。
大人500円也。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

聖宝寺横の登山口からスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖宝寺横の登山口からスタート
1
登山ポスト有り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ポスト有り
この大きな砂防堰堤を巻きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この大きな砂防堰堤を巻きます
するとすぐに沢がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
するとすぐに沢がある
丸太橋を渡って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太橋を渡って
上部に白糸の滝(勝手に命名)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部に白糸の滝(勝手に命名)
3
大貝戸からの本筋と合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大貝戸からの本筋と合流
1
麓から中腹が見ごろ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓から中腹が見ごろ
1
藤原山荘到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤原山荘到着
1
山頂までわずか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までわずか
綺麗なトイレがあります
使わせていただきました
感謝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗なトイレがあります
使わせていただきました
感謝
1
頂上直下は若干竜ヶ岳の雰囲気にも似てる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直下は若干竜ヶ岳の雰囲気にも似てる
3
天狗岩を見上げる
藤原岳山頂より向こうの方が若干高い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩を見上げる
藤原岳山頂より向こうの方が若干高い
3
今日の最終目的地である御池岳を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の最終目的地である御池岳を望む
2
南側の展望
竜ヶ岳から御在所岳まで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側の展望
竜ヶ岳から御在所岳まで
3
御池岳のテーブルランド
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳のテーブルランド
2
谷合いは紅葉が見事
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷合いは紅葉が見事
御在所岳から雨乞岳稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳から雨乞岳稜線
1
山頂は学生たちのグループで賑わってました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は学生たちのグループで賑わってました
4
藤原岳の頂上台地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤原岳の頂上台地
1
ではあそこへ向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ではあそこへ向かいます
1
一旦山荘まで戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦山荘まで戻る
北には霊仙山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北には霊仙山
1
うっすらと伊吹山も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすらと伊吹山も
天狗岩に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩に到着
4
来た道を振り返る
一番高いピークが藤原岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る
一番高いピークが藤原岳
3
天狗岩の眼下も紅葉が綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩の眼下も紅葉が綺麗
1
下部が見ごろ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下部が見ごろ
2
頭蛇ヶ平まで来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭蛇ヶ平まで来ました
1
テントが3張り
今朝は冷え込みがなかったので、楽しい一晩になったでしょうね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントが3張り
今朝は冷え込みがなかったので、楽しい一晩になったでしょうね
鉄塔を見上げると何かロボットみたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔を見上げると何かロボットみたい
今日は空気が霞んでいたけど見晴らしはずっと良かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は空気が霞んでいたけど見晴らしはずっと良かった
今回は白瀬峠を真ノ谷へ下りて行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は白瀬峠を真ノ谷へ下りて行く
1
後でこちらから戻ってきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後でこちらから戻ってきます
いきなりなめこ発見
今晩のおかず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりなめこ発見
今晩のおかず
2
真ノ谷は涸れている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ノ谷は涸れている
2
地図上ではこの上が幕営適地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図上ではこの上が幕営適地
2
でも地図上の水場はない
時期的に涸れているものと思われる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも地図上の水場はない
時期的に涸れているものと思われる
1
この辺りもテントが張れそうだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りもテントが張れそうだ
1
ようやく水が出てきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく水が出てきた
1
焚火の跡があった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焚火の跡があった
1
少ない水だが点々とある小さな淵にはアマゴらしき魚影がたくさん見られた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少ない水だが点々とある小さな淵にはアマゴらしき魚影がたくさん見られた
2
こんな場所でのんびりと寛ぎたいものだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな場所でのんびりと寛ぎたいものだ
4
しばらくは涸れ沢登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは涸れ沢登り
1
白瀬峠からの尾根ルートと合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白瀬峠からの尾根ルートと合流
1
御池岳を目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳を目指します
マムシグサはカラフル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシグサはカラフル
御池岳山頂に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳山頂に到着
伊吹山が近づいた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹山が近づいた
1
真ん中の奥に白く見えるものは白山かな〜
今回も北アルプス方面は何も見えませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中の奥に白く見えるものは白山かな〜
今回も北アルプス方面は何も見えませんでした
1
ボタンブチに向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボタンブチに向かう
1
御在所岳から雨乞岳は常によく見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳から雨乞岳は常によく見える
2
広いテーブルランド
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広いテーブルランド
4
ボタンブチに到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボタンブチに到着
3
コンデジだと色合いがくっきりとしないが見事な紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンデジだと色合いがくっきりとしないが見事な紅葉
1
西隣にも同じような展望台がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西隣にも同じような展望台がある
5
登山者が一人
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者が一人
2
ボタンブチは賑わう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボタンブチは賑わう
1
遠くに藤原岳
あそこから来たのか〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに藤原岳
あそこから来たのか〜
2
東のボタンブチまで行こうか迷いましたが、帰りが遅くなるといけないので、ここで引き返す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東のボタンブチまで行こうか迷いましたが、帰りが遅くなるといけないので、ここで引き返す
2
あの稜線まで戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの稜線まで戻る
2
御池岳山頂はカレンフェルトのカルスト台地だが、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳山頂はカレンフェルトのカルスト台地だが、
1
谷に下ると八ヶ岳を思わせるような苔生した岩だらけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷に下ると八ヶ岳を思わせるような苔生した岩だらけ
4
真ノ谷分岐を稜線ルートへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ノ谷分岐を稜線ルートへ
1
コグルミ谷出合を通過して
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コグルミ谷出合を通過して
白瀬峠まで戻った
ここから木和田尾を下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白瀬峠まで戻った
ここから木和田尾を下る
地図上では迷マークがあるので慎重に進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図上では迷マークがあるので慎重に進む
送電線をくぐる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線をくぐる
1
尾根上の広い広場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上の広い広場
5
周りは紅葉で見ごろ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りは紅葉で見ごろ
2
ヌタ場
使用感あり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌタ場
使用感あり
1
白瀬峠の登山口まで下りてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白瀬峠の登山口まで下りてきた
この登山口は分かりにくい場所ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この登山口は分かりにくい場所ですね
林道を下って駐車場まで国道を歩く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を下って駐車場まで国道を歩く
鍋に投入しておいしく頂きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋に投入しておいしく頂きました
3

感想/記録
by ktn92

鈴鹿山脈主稜線の残されたルートを繋げる。
今回は、一度下りで歩いたことのある聖宝寺からの裏道を登って藤原岳を踏み、御池岳まで繋いで木和田尾を下るルートを取った。
藤原簡易パーキングは広くてトイレも綺麗で利用し易いといった印象。
まだ暗い時間から歩き始めたため、藤原山荘までは誰にも会わず。
山荘からはいきなり人がいっぱいでしたので、皆さん小屋泊かな。
山頂では学生たちの大人数グループで賑わっていました。
のんびりできないので、すぐに御池岳へと向かう。
藤原山荘には綺麗なトイレがあり、お世話になりました。管理されている方達に感謝。
送電線鉄塔のある頭蛇ヶ岳に着くと3張りのテントがあり、3名の方達が食事でもしているようで、こんなところもいいもんだなと頭の片隅に刻む。
白瀬峠から御池岳は一旦真ノ谷へ下り、テント適地があるようなので、そこを確認がてら進むことにした。
するとすぐになめこ発見。ありがたや〜今夜のおかず。
谷まで下るが、水はない。(時期的には一番少ない時期かな)
少し登るとようやく水が出てくる。この辺りならテント適地だ。ここも覚えておこうっと。
ここからは基本的に沢登りだが、バリルートに近い。
稜線ルートに交わると後は御池岳山頂を目指すだけ。
さくっと登頂。今度はボタンブチまで足を延ばし、ここで昼食。
お腹がいっぱいになったところで、天気も良かったのでうとうとと少しお昼寝。
気持ち良かった〜。
帰りは稜線ルートで戻るつもりであったが、たくさん取れるであろうと思っていたなめこが最初に取れたっきり全然ないので、荷ヶ岳手前で最初に取ったなめこの木に少し残してきたものを再び取りに真ノ谷方面へバリルートでトラバース。
その後再び白瀬峠を目指して登り返し、木和田尾を下って行く。
木和田尾は、地図上でも破線となっており、迷いやすいとしてあるので、慎重に下ってパーキングまで戻った。
これで鈴鹿山脈の御池岳から入道ヶ岳までが全て繋がった。
今度はテントを担いでのんびりと森林浴を浴びたい。
訪問者数:380人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ