ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1006417 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中国山地西部

恐羅漢山(牛小屋高原〜聖山〜天杉山〜恐羅漢山周回)

日程 2016年11月13日(日) [日帰り]
メンバー yasiyasi
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
牛小屋高原駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 行動食 飲料 ライター ヘッドランプ GPS 携帯 時計 ツェルト カメラ 重し8mm30mほか

写真

冬の気配は全くない。
2016年11月13日 07:40撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬の気配は全くない。
中ノ甲林道の登山口へ下る。
2016年11月13日 08:27撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ甲林道の登山口へ下る。
中ノ甲登山口。
2016年11月13日 08:27撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ甲登山口。
赤川堰堤湖。
2016年11月13日 08:49撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤川堰堤湖。
1
新小屋峠。
踏み跡を辿ると、奥三段峡入口のイキイシ谷出合い付近に下りることができる。
2016年11月13日 09:27撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新小屋峠。
踏み跡を辿ると、奥三段峡入口のイキイシ谷出合い付近に下りることができる。
1
イキイシ谷を下る林道か?
2016年11月13日 09:33撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イキイシ谷を下る林道か?
十文字峠
2016年11月13日 09:46撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十文字峠
1
聖山山頂奥の展望地。
2016年11月13日 10:13撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖山山頂奥の展望地。
高岳山頂遠望。
2016年11月13日 10:31撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高岳山頂遠望。
1
高岳分岐。
2016年11月13日 11:00撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高岳分岐。
高岳天杉山奥匹見分岐。
2016年11月13日 11:47撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高岳天杉山奥匹見分岐。
1
天杉山山頂。
2016年11月13日 12:59撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天杉山山頂。
恐羅漢山
2016年11月13日 14:47撮影 by TG-830 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐羅漢山
2

感想/記録

先日、天杉山に登った際にふと浮かんだ(深く考えずに)周回ルートを辿りました。
道中、ハンドルを握りながら右回りに歩くか左回りするか検討した結果、恐羅漢山をゴールにするため左回りを選びました。

標高900m以上の稜線では木々は落葉していましたが、中ノ甲林道では思いがけず紅葉をたのしむことができました。
普段は退屈な林道歩きですが、この時期ならではです。

県境縦走路の高岳分岐まではのんびり歩きましたが、そこから小刻みなアップダウンで思ったより時間がかかり、黙々と歩くことに。
台所原から恐羅漢山への300mの登り返しはバテバテでした。

7時間程度のコースタイムを予想していましたが、結局、飛ばしぎみで8時間弱でした。


訪問者数:106人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 紅葉 高原 堰堤 出合
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ