ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1006437 全員に公開 ハイキング丹沢

東丹沢 マルガヤ尾根〜小丸北尾根〜塔ノ岳西尾根

日程 2016年11月13日(日) [日帰り]
メンバー umi-yama-zaru
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
表丹沢県民の森駐車場(二股)は早朝から満車状態でした
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間49分
休憩
12分
合計
6時間1分
Sスタート地点06:1206:34二俣06:3507:32マルガヤ尾根08:21小丸10:04不動の水10:0510:14塔ノ岳10:1910:27金冷シ10:31花立10:36花立山荘10:44天神尾根分岐10:52堀山の家10:5410:59堀山12:00黒竜の滝12:0312:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
マルガヤ尾根〜尊仏ノ土平と堀山〜黒竜の滝までは一般道ではありません。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

ゲート前の空きスペースに駐車しスタート
2016年11月13日 06:22撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲート前の空きスペースに駐車しスタート
二つ目のゲート
2016年11月13日 06:29撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つ目のゲート
尾関先生の胸像
2016年11月13日 06:32撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾関先生の胸像
朝日に山が赤く染まります
2016年11月13日 06:47撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に山が赤く染まります
1
勘七ノ沢(四十八瀬川)を渡ります
2016年11月13日 06:52撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勘七ノ沢(四十八瀬川)を渡ります
ここからマルガヤ尾根に取り付きます
2016年11月13日 06:53撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからマルガヤ尾根に取り付きます
朝日を浴びて美しい杉林
2016年11月13日 07:00撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を浴びて美しい杉林
天然林の美林が続きます
2016年11月13日 07:13撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天然林の美林が続きます
カエデの紅が美しい
2016年11月13日 07:19撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエデの紅が美しい
稜線近くで視界が開けます
2016年11月13日 07:48撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線近くで視界が開けます
鍋割尾根の紅が映えます
2016年11月13日 07:52撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割尾根の紅が映えます
3
鍋割山
2016年11月13日 07:57撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山
鍋割山の向こうに富士山
2016年11月13日 08:06撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山の向こうに富士山
3
鍋割稜線を乗越し蛭ヶ岳が見えます
2016年11月13日 08:40撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割稜線を乗越し蛭ヶ岳が見えます
箒杉沢の河原に下りてきました
2016年11月13日 08:56撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箒杉沢の河原に下りてきました
下り口を振り返って
2016年11月13日 08:58撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り口を振り返って
先に見える堰堤の右側から塔ノ岳西尾根コースに取り付きます。ここまで鍋割稜線から470m下りてきました。ここから630m登り返します
2016年11月13日 09:03撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に見える堰堤の右側から塔ノ岳西尾根コースに取り付きます。ここまで鍋割稜線から470m下りてきました。ここから630m登り返します
杉林を過ぎると明るい天然林が続きます
2016年11月13日 09:29撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林を過ぎると明るい天然林が続きます
蛭ヶ岳
2016年11月13日 09:41撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳
蛭ヶ岳、檜洞丸方面
2016年11月13日 10:15撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳、檜洞丸方面
快晴の塔ノ岳山頂。花立・大倉尾根は省略。登ってくる人でいっぱいでした
2016年11月13日 10:18撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴の塔ノ岳山頂。花立・大倉尾根は省略。登ってくる人でいっぱいでした
堀山を少し過ぎたあたりから西尾根に入ります
2016年11月13日 11:06撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堀山を少し過ぎたあたりから西尾根に入ります
1
西尾根を下りてくると林道へ下りてきました。カーブミラー裏から更に下ります。
2016年11月13日 11:46撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西尾根を下りてくると林道へ下りてきました。カーブミラー裏から更に下ります。
西山林道に下りてきました。県民の森コースで三廻部林道へさらに下ります。
2016年11月13日 11:59撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山林道に下りてきました。県民の森コースで三廻部林道へさらに下ります。
沢を渡りゲートのところへ戻ってきました
2016年11月13日 12:09撮影 by Canon PowerShot S200, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡りゲートのところへ戻ってきました
撮影機材:

感想/記録

大混雑の表尾根とは異なり、二股〜塔ノ岳山頂直下までは紅葉を愛でる静かな山歩きができました。
訪問者数:150人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

乗越 林道 紅葉 堰堤
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ