ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1006865 全員に公開 ハイキング近畿

【湖北の紅葉狩り】横山岳

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー tentyosamoazakki
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白谷登山口駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間46分
休憩
37分
合計
5時間23分
S白谷登山口07:1908:26五銚子の滝08:4109:42横山岳09:5410:19横山岳東峰11:03金居原コース/東尾根コース出合12:01東尾根コース登山口12:05夜這いの水12:0712:33白谷登山口12:4112:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

立派な駐車場
2016年11月12日 07:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な駐車場
2
登山口
2016年11月12日 07:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
2
紅葉が期待できそう
2016年11月12日 07:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が期待できそう
1
沢沿いに登る
2016年11月12日 07:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに登る
朝陽に照らされる紅葉
2016年11月12日 07:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽に照らされる紅葉
2
目指す方向も綺麗
2016年11月12日 07:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す方向も綺麗
経ヶ滝
2016年11月12日 08:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経ヶ滝
6
色付きが始まる
2016年11月12日 08:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色付きが始まる
1
ナメコ!
2016年11月12日 08:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメコ!
1
五銚子の滝
2016年11月12日 08:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五銚子の滝
3
このあたりから紅葉が一番きれい
2016年11月12日 08:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから紅葉が一番きれい
4
滝上からは沢筋を離れる
2016年11月12日 08:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝上からは沢筋を離れる
1
垂れる黄色
2016年11月12日 08:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
垂れる黄色
2
黄色から橙へ
2016年11月12日 08:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色から橙へ
1
色とりどりの紅葉に囲まれて
2016年11月12日 09:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色とりどりの紅葉に囲まれて
7
黄葉のトンネル
2016年11月12日 09:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄葉のトンネル
4
視界一杯
2016年11月12日 09:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界一杯
1
急登がなかなかしんどい
2016年11月12日 09:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登がなかなかしんどい
3
あと300m!
2016年11月12日 09:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと300m!
1
山頂付近はすでに落葉
2016年11月12日 09:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近はすでに落葉
1
東峰に向かう稜線は気持ちが良い
2016年11月12日 10:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰に向かう稜線は気持ちが良い
5
金糞方面、うっすら伊吹も見える
2016年11月12日 10:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金糞方面、うっすら伊吹も見える
2
癒しのブナ
2016年11月12日 10:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
癒しのブナ
三國岳などの奥美濃方面
山深く歩いてみたくなる
2016年11月12日 10:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三國岳などの奥美濃方面
山深く歩いてみたくなる
3
林立するブナ
2016年11月12日 10:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林立するブナ
2
再び色付きが始まる
2016年11月12日 10:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び色付きが始まる
1
黄色のブナ
2016年11月12日 11:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色のブナ
橙のブナ
2016年11月12日 11:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橙のブナ
燃えるよう
2016年11月12日 11:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燃えるよう
2
青空に紅葉は映える
2016年11月12日 11:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に紅葉は映える
青と朱
2016年11月12日 11:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青と朱
6
輝く黄色
2016年11月12日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
輝く黄色
2
聳える黄色
2016年11月12日 11:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聳える黄色
ため息しかでない
2016年11月12日 11:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ため息しかでない
広葉樹帯を抜ける
2016年11月12日 11:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広葉樹帯を抜ける
1
開けていて気持ちいい
2016年11月12日 11:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けていて気持ちいい
巨木に挑む
2016年11月12日 11:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨木に挑む
色付く尾根
2016年11月12日 11:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色付く尾根
1
夜這い水
由来は不明
2016年11月12日 12:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜這い水
由来は不明
1
ススキ
2016年11月12日 12:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキ
2
今西錦司の記録
2016年11月12日 12:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今西錦司の記録
2
新たに設置予定の看板
2016年11月12日 12:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新たに設置予定の看板
3

感想/記録
by samoa

今回は今季紅葉が見れていないというtentyo、沢筋の登山道でキノコ狩りを目論むsamoa、山も下界も楽しみたいzakkiさんの3人の思惑を全て叶えようと、湖北の横山岳を目指す。

沢沿いの登山道からブナ林が優先する稜線を歩いて、下山後に酒蔵を中心に木ノ本を散策するプラン。

朝一出発して市内でzakkiさんを回収、途中経由で湖西線に入って湖北に回り込む。市内からは休憩込みで2時間ちょいだ。

木ノ本の街中を抜けて、下山後のポイントに目当てをつけながら白谷登山口へ。
整備仕立というような駐車場、これから案内板を取り付けようという木の枠なんかがあったりする。

登山届ボックスも真新しく可愛らしいログハウス風。詳細な地図も入っている。
一昨年の岳人で紹介されたこともあり、登山者が増えているのだろうか。

朝御飯を頬張りながら適当に準備をして出発。
奥に見える尾根筋は橙色を中心に彩られ紅葉が期待できそう。

沢沿いの登山道を歩いていく、途中林道を横切りながら進んでいくと倒木にびっしりボリボリが生えている。しかし、ちょっと古め。次に期待。
少し進んで経ヶ滝。多段の見事な滝、直登できるかもって感じだ。
滝に気をとれられながら歩いていたらsamoaが滑った足が水にぼちゃん、不快なり。

ふと朝陽に照らされている横の尾根を見ると本当に見事な色合いで青空に映えている。

経ヶ滝を過ぎると登山道沿いの木々も少しずつ色づいてくる。
ふと倒木を見るヌルヌルテカテカしたキノコが!
まさしくナメコ!見事な形で量もそれなり、歓喜の声を上げながら必死に収穫する。目論見通りでうれしい。

ひとしきりナメコを収穫して進むと今度は五銚子の滝。多段に加え上部は二条になっていてなかなかおもしろい構成だ。
この滝を過ぎると沢筋を離れ急登となるが、ここからが紅葉の本番。

ブナの黄色や橙色を中心に、カエデ系の赤も混じり素晴らしい。四方を紅葉に囲まれてまるでトンネルのよう。
何度も何度も立ち止まり見とれてシャッターを切る。
何回か紅葉は見たが今季で一番かもしれない。

思い思いに歩き、ピークに近づくと葉が落ち始める。
ピークまであと300m、頑張ってという標識があるも明らかに100m以上進んだのに次の看板はピークまであと200m(以下略)
あと100mの看板は案外近く、緩い地形に鳶だし少し進んだら開けたピークへ辿り着いた。

後で知ったことだが、昔は測光所があったようだ。
おにぎりなんぞを頬張って、倉庫の名残らしきものの上に上がり三国山などであろう奥美濃の山々を望む。
やはり山深い。沢や雪の稜線をつないで歩いてみたいものだ。

さて、下山路は東峰を経由して東尾根で下ろすこととする。冬の風雪の影響は木々は細い。
少し進むと少し岩混じりの開けた尾根になり奥美濃の山々に加え金糞方面、その奥に伊吹まで見える。
琵琶湖方面を見下ろすと長浜の街や余呉湖なんかも見えていい感じだ。

東峰を経由して東尾根に入り、緩やかに標高を下ろしていく。
細かったブナの木が少しずつ太くなっていく。

ちなみに登山口で手に入る地図に急斜と書かれている箇所は白谷ルートの急登と比較するとどれも緩く、東尾根のルートの中では多少急という程度。

ほどなく色づいた端に彩られた区間へ再び入る。
陽当たりがいいことも相まってか、登り以上に美しい。
尾根が緩い分巨木も多く、橙色、黄色、朱色が青空に輝く。
この上ない紅葉を惜しむように標高を下ろしていく。
あっという間のような長いような時間だった。

さらに標高を下ろすと一瞬気持ち良く開けて、植林混じりとなる。植林の中にも巨木があった。
少し急な道を下ろして、林道に飛び出す。

ちょうど夜這い橋のところに出る。ついでなので夜這い水も見学。しかし、水はチョロチョロとしか出ていなかった。
なぜ夜這い水と言うのかはよく分からなかった。

さてあとは、林道を30分くらい歩いて駐車場まで。
登山口の小屋を見学すると花やいろんな季節の写真があった。今西錦二の記録なんかもあった。地元の山を愛し整備する杉野山の会には頭が上がらない。
案内図を設置するであろう木枠は塗りあげられ、こらから取り付けるであろう案内板もあった。

さて、下山したあとは、会のS見さんにお薦めポイントを聞きながらお待ちかね木ノ本の町を観光。

まずは日本三大地蔵らしい木ノ本地蔵尊へ。眼にご利益があるのか可愛らしい片眼のカエルがいた。善光寺のお堂巡りのような胎内巡りを体験。日常ではなかなか味わえない真っ暗闇を手探りで歩くのは不思議な感覚だ。

お寺を巡ったあとはツルヤでサラダパンを始めパンを購入。どれも素朴で美味しそう。丸い食パンは美味しかった。

続いてメインとも言える上田酒造。七本鑓の蔵本。zakkiさんは爆買いしていた。試飲できないのは残念。
さらに大幸で美味しいお醤油も買い足す。醤油ラスクやせんべいも美味なり。

コーヒーをいただきながら、モダンな滋賀銀行跡を活用した資料館により、地元のおじさんの面白い木ノ本解説を聞く。昔は真ん中に水路があり、それを埋め立てて道にしているため、旧道にも関わらず広いらしい。

最後は本当に角にある角屋でスイーツを購入。少し待って買った棒のシューは素朴で美味。

こうして木ノ本を満喫して京都へ帰り、アイゼントを終えたI村閣下たちと合流し、会のTさんの中華料理屋で大宴会!
素晴らしい締めくくりで完成された山行となった。

訪問者数:293人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ