ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1006916 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥秩父

鶏冠山〜甲武信岳 西沢渓谷周回

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー Yammut
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西沢渓谷無料p
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西沢渓谷から遊歩道を歩き、吊り橋を渡る。
西沢渓谷看板から沢へおりる。少し行くと鶏冠出合の沢を渡るポイント!
渡るとすぐに鶏冠山登山口!急登を登っていく。
ピンクテープ有り。鶏冠山山頂までは、迷うことないと思う。
この日第1岩峰手前、岩場から、陽の当たらない所は霜で滑りました。注意必要です。
第1岩峰、第2岩峰鎖があります。
第3岩峰は迂回路有り。
鶏冠山ピーク先、積雪有り、シャクナゲ回廊、倒木、藪こきします。ピンクテープ豊富に有りますが、
途中テープを見失いルートを外しました。
ルート確認しましょう。
木賊山、手前、藪こき激しいです。
そこからは、登山道で所々凍結していました。

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 着替え ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ ポール
備考 ヘルメット

写真

陽が昇り出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が昇り出発
吊り橋から鶏冠山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋から鶏冠山
ここから沢へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから沢へ
鶏冠出合い
沢はちょー冷たい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏冠出合い
沢はちょー冷たい
2
いきなり急登
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり急登
紅葉してるー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉してるー
3
だいぶ陽が昇った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ陽が昇った。
2
チンネノコルのポール
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チンネノコルのポール
1
西沢渓谷を振り返って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢渓谷を振り返って
2
ピークを確認
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークを確認
1
岩の上は霜でツルツル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上は霜でツルツル
2
第1岩峰越えて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1岩峰越えて
2
第2岩峰こんな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2岩峰こんな感じ
3
少し登って振り返る
怖い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登って振り返る
怖い
3
第3岩峰中間の支点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第3岩峰中間の支点
3
第3岩峰のピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第3岩峰のピーク
2
鶏冠山ピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏冠山ピーク
4
甲武信小屋は冬
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信小屋は冬
3
今度は石跳びです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は石跳びです。
1
トロッコの軌跡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トロッコの軌跡
1

感想/記録
by Yammut

紅葉が素晴らしい。もうすぐ、冬を迎えるだろう。
その前に、山梨百名山の中でも難しいルートの鶏冠山へ行ってみようと、久しぶりに西沢渓谷へ出かけた。
6:00前🅿に到着。周りが明るくなってきた。準備体操を済ませ出現する。
ねとり前の神社で、安全を祈願して、近丸新道、徳ちゃん新道を通過して二俣吊り橋に進む。橋を渡ってすぐに西沢渓谷の看板。
そこから鶏冠山へ向かう為、沢へ降りる。
すぐに、鶏冠谷出合に到着。水量が多い、迷わず靴を脱ぎ水の中へ。最初は冷たって感じだけど、すぐに脚が痛くなる程の水温。ヤバい。渡渉完了。
鶏冠山登山道の登りが始まる。
ピンクテープは豊富。これが山地図にルートが記載されていないルートなの⁇って感じ!
結構な急登で、汗が半端ない💦
腕を使って登る所が多々。
第1岩峰手前でいっきにひらける。岩場になり霜が付いていて滑り、思うように歩けない。意外と時間がかかってしまう。第1、第2岩峰は鎖がある為、難しくなく登れる。第3岩峰は、クライミングか迂回路の選択になる。
悩んだが、クライミングを選択。中間手前で高度感があり、少し恐怖💦
慎重に登りクライミングコースをクリアした。
すぐに山梨100名山の標柱が!
ここで休憩タイム!
意外とハードな登りだった。
本当のピークはまだ先なのだが!
鶏冠山ピークは狭く休憩スペースはなかった。
この先が意外と長いルートだった。シャクナゲ回廊から始まり次第に、積雪があらわれる。倒木も多く体力の消耗が多い。
だいぶ疲れが💦
ピンクテープが結構あるけれど、一度見失いルートを外す。行くはずの尾根が上に、降っていることに気づく。
ルートを戻り、修正した。
木賊山手前では、藪こきがハードになる。疲れているせいで嫌になる。
登山道方向から熊除けのベル🔔の音が聞こえてきた。もう少しだけど長く感じた。
木賊山到着。この時点でだいぶヘトヘトだった。
少し進み、昼食。
ここで引き返すことも考えたが、甲武信まで行くことにした。所々踏み固めらた所はガチガチに凍って滑りやすかった。山頂は風が吹いていた。
下りは安全に軽アイゼン装着した。
標高2000mくらいで積雪もなくなり、
前回は、徳ちゃん新道だったので、今回は近丸新道を降りることに。
登りが登りだけに歩きやすい!と感じた。またまた渡渉出現。ここは石跳びでいけた。
昔のレールが敷かれている。昔は発掘、採掘といったことがされていたんだと思いながら、下りてきた。
駐車場に着く頃あたりも暗くなりだしていた。いい一日だった。
訪問者数:151人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ