ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1007187 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

乾徳山 〜 乾徳山駐車場から反時計回りで周回 〜

日程 2016年11月12日(土) [日帰り]
メンバー usofuyukitainotori
天候晴れ一時曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◇乾徳山登山口の無料駐車場に自家用車を駐車。
・スタート時は、自分の車を除き、14台の車が駐車。下山時は満車。
・ほんの少し集落を登った所に、テニスコートの跡地を利用した臨時駐車場があります。スタート時は1台、下山時は十数台の車が駐車していました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間56分
休憩
17分
合計
6時間13分
S乾徳山登山口バス停06:3806:49乾徳山登山口(道満尾根ルート)07:33道満山08:47月見岩08:5809:00扇平09:27髭剃岩09:3109:47乾徳山09:4810:22水ノタル11:23高原ヒュッテ11:29国師ヶ原11:36錦晶水11:3712:02銀晶水12:22乾徳山登山口(オソバ沢ルート)12:50乾徳山登山口バス停12:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【駐車場→登山口】
◆舗装路を歩きます。
【登山口→林道出合】
※「山と高原地図」での道満山経由ルートのコースタイムは若干きつめの設定です。
◆そこそこの傾斜の樹林帯の登山道が続きます。
【林道出合→扇平】
◆概ねゆったりとした、歩きやすい道が続きます。
【扇平→山頂】
◆山頂に近づくにつれ、岩場が多くなります。トレッキングポールは収納して、手をフリーにしておいた方が良いでしょう。
◆雷岩と鳳岩は鎖を頼りにして登る岩場です。特に鳳岩は足掛かりとなるような岩の縁は踏み磨かれてツルツル滑るので、岩の縁には手や足をかけず、登山靴の靴底を岩面にあて、ソールのフリクションを利かせて登ると安全に登れます。鎖を頼る登り方をする場合は、前の人が鎖を使用していないこと、鎖に体重を預けても問題ないか確認しておく必要があります。
【山頂→下山道分岐点】
◆濡れていると滑りやすい岩質のため、濡れている場合は慎重に下る必要があります。
【下山道】
◆濡れていると滑りやすい岩質の石や岩の上を歩く登山道で、かつ木の根が張り出していたりして、スリップしやすいので注意が必要です。かなり歩きにくい道です。
【高原ヒュッテ→登山口】
◆一定の傾斜が続く概ね歩きやすい道です。粘土質の路面の区間もあるので、雨上がり等の下山にはスリップに少し注意が必要かもしれません。
【登山口→駐車場】
◆舗装路歩きです。
その他周辺情報☆川浦温泉山県館で入浴。
・大人1,500円。
・日帰り入浴利用可能時間: 11 : 00〜15 : 00(14時受付終了)
・無色透明な良質なお湯です。個人的には山梨県の温泉で最も好きなお湯です。

写真

すっかり明るくなってからのスタートです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり明るくなってからのスタートです。
2
道満山に向かうには、ここを右奥に登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道満山に向かうには、ここを右奥に登っていきます。
住宅地の中を抜けていきますが、分岐に案内板が設置されているので、迷いません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住宅地の中を抜けていきますが、分岐に案内板が設置されているので、迷いません。
ここは右手に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは右手に進みます。
この四辻には標識がありませんが、直進します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この四辻には標識がありませんが、直進します。
向かいの山が太陽の光に染まってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かいの山が太陽の光に染まってきました。
2
害獣防止用のゲートを通過します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
害獣防止用のゲートを通過します。
舗装路の右手にこの標識が現れたら、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路の右手にこの標識が現れたら、
舗装路左手から登山道を登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路左手から登山道を登っていきます。
そこそこ傾斜がきつい区間もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこそこ傾斜がきつい区間もあります。
3
黄葉に浸るusofuyuさん(K)
2016年11月12日 07:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄葉に浸るusofuyuさん(K)
5
道満山に到着。
四等三角点が設置されていました。ここで追いついた先行の登山者に教えていただきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道満山に到着。
四等三角点が設置されていました。ここで追いついた先行の登山者に教えていただきました。
道満山からは、傾斜がゆったりとした区間もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道満山からは、傾斜がゆったりとした区間もあります。
1
舗装された林道を横切ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装された林道を横切ります。
さらに登っていくと、未舗装の林道を横切ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに登っていくと、未舗装の林道を横切ります。
展望地から見えた南アルプス方面。
遠く(左端に)、上河内岳まで見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望地から見えた南アルプス方面。
遠く(左端に)、上河内岳まで見えています。
5
聖岳、赤石岳、悪沢岳を拡大。
聖岳と赤石岳は先週に登ったばかりなので、感慨深く眺められました。(u)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖岳、赤石岳、悪沢岳を拡大。
聖岳と赤石岳は先週に登ったばかりなので、感慨深く眺められました。(u)
21
白峰三山を拡大。
さらに左に塩見岳が頭だけ出しています。
白峰三山の手前には鳳凰山も見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白峰三山を拡大。
さらに左に塩見岳が頭だけ出しています。
白峰三山の手前には鳳凰山も見えています。
14
山梨に来たら富士山見ないと損した気分になります。(k)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨に来たら富士山見ないと損した気分になります。(k)
5
富士山を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山を拡大。
15
展望地からさらに登っていくと、ちょっとした岩場も現れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望地からさらに登っていくと、ちょっとした岩場も現れます。
木々の間から見た(恐らく)雁坂峠方面。
雪が残っている山もありますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から見た(恐らく)雁坂峠方面。
雪が残っている山もありますね。
3
再び展望の良い草地に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び展望の良い草地に出ました。
2
月見岩
大ボスの前に足馴らしで登ってみました。(K)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月見岩
大ボスの前に足馴らしで登ってみました。(K)
8
富士山も綺麗に見えます。
この草地で休憩しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も綺麗に見えます。
この草地で休憩しました。
5
富士山よりも、こちらに目が行ってしまう。(u)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山よりも、こちらに目が行ってしまう。(u)
6
それでは、山頂に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは、山頂に向かいます。
扇平の標識。
「山と高原地図」と位置がズレています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇平の標識。
「山と高原地図」と位置がズレています。
1
手洗い石。
手をちょこっと洗えるくらいの水が溜まっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手洗い石。
手をちょこっと洗えるくらいの水が溜まっていた。
2
草地から先は岩が多くなってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草地から先は岩が多くなってきます。
ちょっとした岩場を登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした岩場を登っていきます。
3
お助け鎖が設置されている岩場も通過します。
ここは岩が濡れていなければ、鎖を使用する必要はあまりありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助け鎖が設置されている岩場も通過します。
ここは岩が濡れていなければ、鎖を使用する必要はあまりありません。
1
この岩場の鎖も万が一に備えてのもの。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩場の鎖も万が一に備えてのもの。
3
髭剃岩に到着。
奥に行くほど狭くなりますが、何とか進めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
髭剃岩に到着。
奥に行くほど狭くなりますが、何とか進めます。
6
最後は崖地になっているので、要注意です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は崖地になっているので、要注意です。
6
雲さえなければ、南アルプスの展望が楽しめます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲さえなければ、南アルプスの展望が楽しめます。
4
この岩場を乗り越えた地点でトレッキングポールを収納しました。(u)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩場を乗り越えた地点でトレッキングポールを収納しました。(u)
5
雲がどんどん上がってきます。
この後すぐに富士山が隠れてしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がどんどん上がってきます。
この後すぐに富士山が隠れてしまいました。
3
鉄の梯子を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄の梯子を下ります。
2
カミナリ岩まで登ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カミナリ岩まで登ってきました。
この鎖の部分は手掛かり足掛かりがあるので、鎖を頼らなくても登れますが、踏み磨かれて滑りやすい足掛かりもあるので、鎖に手をかけていた方が安心です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この鎖の部分は手掛かり足掛かりがあるので、鎖を頼らなくても登れますが、踏み磨かれて滑りやすい足掛かりもあるので、鎖に手をかけていた方が安心です。
3
ここは普通の登山靴では鎖を頼らないと登れません。
右側の鎖を利用したほうが簡単に登り降りできそうでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは普通の登山靴では鎖を頼らないと登れません。
右側の鎖を利用したほうが簡単に登り降りできそうでした。
7
ここは濡れていて少し滑る感じだったので、慎重に登りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは濡れていて少し滑る感じだったので、慎重に登りました。
3
雲が次から次へと沸き上がってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が次から次へと沸き上がってきます。
2
山頂はすぐそこです。
先行者が鳳岩の鎖場に挑戦しようとしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はすぐそこです。
先行者が鳳岩の鎖場に挑戦しようとしています。
鳳岩の鎖場は迂回できるようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳岩の鎖場は迂回できるようです。
迂回路はこんな感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迂回路はこんな感じです。
鳳岩の鎖場。
乾徳山といえば、この岩場のイメージが強い。(u)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳岩の鎖場。
乾徳山といえば、この岩場のイメージが強い。(u)
8
靴のフリクションと力技が必要です。(k)
2016年11月12日 09:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
靴のフリクションと力技が必要です。(k)
12
山頂に到着!
雲に包まれがちで展望はイマイチ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着!
雲に包まれがちで展望はイマイチ。
13
山頂はこんな感じ。
狭くてゆっくり休憩できないので、少し先に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はこんな感じ。
狭くてゆっくり休憩できないので、少し先に進みます。
3
山頂から先も岩場続きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から先も岩場続きです。
濡れていて滑りやすく、かなり慎重に下る必要がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れていて滑りやすく、かなり慎重に下る必要がありました。
4
山頂から北に少し下った岩場で、山頂を見ながら、休憩しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から北に少し下った岩場で、山頂を見ながら、休憩しました。
3
展望は全くダメ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は全くダメ。
1
休憩場所から少し北に進むと、下山路との分岐点がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩場所から少し北に進むと、下山路との分岐点がありました。
2
ピンクテープが目印にはなります。
ただ、少し薄い踏み跡の所にもピンクテープがあったので、信用しすぎは禁物です。濃い踏み跡を辿るように
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクテープが目印にはなります。
ただ、少し薄い踏み跡の所にもピンクテープがあったので、信用しすぎは禁物です。濃い踏み跡を辿るように
岩や張り出した木の根の上を歩く下山道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩や張り出した木の根の上を歩く下山道です。
濡れていると滑りやすい岩質の岩ということもあって、非常に歩きにくい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れていると滑りやすい岩質の岩ということもあって、非常に歩きにくい!
2
新しい虎ロープが張られている所も何ヶ所かありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい虎ロープが張られている所も何ヶ所かありました。
標識も2or3カ所に設置されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識も2or3カ所に設置されていました。
高原ヒュッテ手前の苔むした森。
踏み跡が錯綜していて少し分かりにくい所でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高原ヒュッテ手前の苔むした森。
踏み跡が錯綜していて少し分かりにくい所でした。
山と高原地図の最新版とは違うルートで降りてきたようです。(K)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山と高原地図の最新版とは違うルートで降りてきたようです。(K)
1
高原ヒュッテに到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高原ヒュッテに到着。
綺麗な避難小屋でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な避難小屋でした。
2
高原ヒュッテからは歩きやすい道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高原ヒュッテからは歩きやすい道です。
山頂方面を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方面を振り返る。
錦晶水。
ドバドバ水が出ていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
錦晶水。
ドバドバ水が出ていました。
ゆったりとしていて歩きやすい道が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆったりとしていて歩きやすい道が続きます。
カラマツの林を見上げる。
葉はかなり落ちてしまっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツの林を見上げる。
葉はかなり落ちてしまっています。
1
銀晶水はこの標識から数メートル奥に登った所から湧いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀晶水はこの標識から数メートル奥に登った所から湧いています。
それなりに水が出ていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それなりに水が出ていました。
登山口まで下りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで下りてきました。
林道を歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩きます。
害獣防止のゲートを通過します。
※「山と高原地図」の赤線とは別の道を歩いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
害獣防止のゲートを通過します。
※「山と高原地図」の赤線とは別の道を歩いています。
1
農村地帯を下りていくと、駐車場に戻れます。
※「山と高原地図」の赤線とは別の道を歩いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農村地帯を下りていくと、駐車場に戻れます。
※「山と高原地図」の赤線とは別の道を歩いています。
1
撮影機材:

感想/記録

元々この週末は、池口岳から光岳に登る予定でいたのですが、土日ともに好天予報が出ていたため、より展望の楽しめる山に登ることにしました。
初日の土曜日は乾徳山に登ることにしました。
日曜日に谷川主脈を歩く予定で、高崎を宿泊地としたため、その途中で気楽に登れる山として乾徳山を選択しました。

乾徳山は、樹林帯の登り、草原地からの富士山と南アルプスの展望、山頂直下の岩登りと短いコースながらもいろいろな要素を楽しむことができる山でした。

感想/記録

乾徳山は草原・森林・岩場と三拍子そろった良い山です。
展望も良いので多くの登山者も居るのも納得ですね。
地元の浜松にも、これくらいの名峰があるといいのにと思いました。
訪問者数:200人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ